立川志の輔の落語を中井貴一が制作指揮で映画化

中井貴一!惚れたらトコトン追及「大河への道」とは?

公開日:2022/05/21

4

中井貴一さんが出演する映画「大河への道」は、日本地図を作り上げた伊能忠敬の生涯を大河ドラマにしようと奔走する千葉県市役所の職員たちの姿と日本地図完成の裏側を描いた作品。撮影裏側と役作り、そして俳優としての生き方について聞きました。

中井貴一!惚れたらトコトン追及「大河への道」とは?

日本地図を作った伊能忠敬の大河ドラマを実現させる物語

中井貴一さん主演の最新映画「大河への道」(2022年5月20日公開)は、立川志の輔さんの新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」が原作。この落語に感銘をうけた中井貴一さんが、直接、立川志の輔さんに映画化を打診し、制作にも関わった力作です。

江戸時代に日本地図を作った人物として知られる伊能忠敬の地元・千葉県・香取市の市役所の職員・池本(中井貴一)が、伊能忠敬の大河ドラマを実現させるべく奔走するものの、実は「日本地図を完成させたのは伊能忠敬ではなかった!」という真実が判明。では「日本地図は完成させたのは誰なのか?」という謎を、江戸時代まで遡り、紐解いていく物語です。

伊能忠敬をめぐり、二つの時代が描かれるという実に凝った構成の本作で、現代劇では市役所の池本、時代劇では伊能隊をサポートした天文学者の高橋景保を演じている中井貴一さん。この作品の魅力と撮影の裏側、そしてライフスタイルまで、様々なお話しを伺いました。
 

二つの時代。現代劇が喜劇なら時代劇も面白くなる!

中井貴一!惚れたらトコトン追及「大河への道」とは?

――映画「大河への道」は、現代と江戸時代、二つの時代を行き来する、実に贅沢な作品ですね。中井さんは制作にも関わっていますが、立川志の輔さんの落語を映画化しようと思ったきっかけは?

中井貴一さん(以下、中井貴一)
志の輔さんとは、僕が出演した舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(2016)で知り合いまして、そのとき、志の輔さんの落語「大河への道」のことを知りました。タイトルから、きっと歴史上の人物が主人公の壮大なお話なのだろうと想像していたのです。ところが実際に落語を聞かせていただいたら、大河というのは、大河ドラマのことで「そっちだったか!」と(笑)。でも逆にとても楽しく拝聴できました。

――落語「大河への道」に感銘を受けて映画化へと話を進めていったのですね?

中井貴一
僕はここ数年、時代劇という素晴らしい日本の文化をどのようにして後世に残してい行ったらいいのかとずっと考えていたんです。おそらく、いろいろなパターンに挑戦していかないといけないのではないかと思っていたところ、志の輔さんの「大河への道」に出会いました。

この物語だったら、現代劇と時代劇をミックスできる!現代劇を喜劇にすれば、時代劇もお客さんは楽しんで見てくれるのではないかと思ったのです。現代劇と時代劇をミックスさせた映画はこれまでもありましたが、タイムスリップする作品が多いのです。でもこの物語ならば、タイムスリップせずに、現代と江戸時代をつなぐことができると考えて、志の輔さんに映画化の話を持っていきました。

松山ケンイチさんには自ら出演交渉、脚本完成には5年

――でも制作と主演を兼任するのは大変ではないかと思いますが、実際に取り組んでみていかがでしたか?

中井貴一
最初は出演するつもりはなく、企画だけで裏方に徹するつもりだったんですが、プロデューサーから「この作品は貴一さんが出演しないとダメですよ」と言われまして。僕は「企画と主演だなんて、やりたがりみたいで嫌だ」と言ったのです。でも、現代劇と時代劇は同じキャスティングでやった方がいいという話になり、やはり志の輔さんの「大河への道」の魅力をよく知っていて、企画も立ち上げた僕がやるべきという話になったんです。

――そうなのですね。キャスティングや脚本にも関わっているのですか?

中井貴一
はい。まず池本の部下の木下役は「松山ケンイチくんがいい」と僕が松山君に直接連絡をして出演依頼をしました。脚本はドラマ「JIN-仁」や大河ドラマ「おんな城主 直虎」などの森下佳子さんにお願いをしました。

でも「伊能忠敬は、日本地図完成まで携わっていないから大河ドラマにならない」という設定のはずが、森下さんに「伊能忠敬を調べれば調べるほど、大河ドラマの主役になれるほど魅力的な人物なのですが」と言われ、これはどうしたものかと悩みました。原案の落語をひっくり返すわけにはいかないので、スタッフみんなで思考錯誤を繰り返しながら、森下さんに書き上げていただきました。落語の内容にリアリティを加えていくなど、作業は細かく、脚本作りには5年くらい要しましたね。

現代劇と時代劇は、同じ俳優でチャレンジ

中井貴一!惚れたらトコトン追及「大河への道」とは?

――まさに力作ですね!主要キャストのみなさんは、一つの作品で現代劇と時代劇で違う役を演じていますが、大変ではなかったですか?

中井貴一
それは大丈夫です。俳優のみなさんは芝居がうまい人ばかりだったので、楽しんで演じてくれたと思います。また同じ俳優が二つの時代を演じることで、観客の皆さんも混乱することなく、スっと物語に入っていけるし、登場人物に感情移入しやすく楽しんでいただけますよ!

中井貴一(なかい・きいち)プロフィール

1961年東京生まれ。81年に映画「連合艦隊」で俳優デビューし、山田太一脚本のドラマ「ふぞろいの林檎たち」(83~97年)が大ヒット。ほか大河ドラマ「武田信玄」(88年)など多数のドラマに出演。映画出演も多く、中国映画「ヘブン・アンド・アース 天地英雄」など国際的にも活躍している。「四十七人の刺客」(94年)で日本アカデミー賞助演男優賞、「壬生義士伝」(2003年)では日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。「記憶にございません!」(2019年)では、ブルーリボン主演男優賞、報知映画賞主演男優賞を受賞した。

「大河への道」

 

(2022年5月20日公開)
原作:立川志の輔「大河への道-伊能忠敬物語−大河への道−」
監督:中西健二
脚本:森下佳子
出演:出演:中井貴一 松山ケンイチ 北川景子


取材・文=斎藤香 写真=中村好伸 編集=鳥居史(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

中井貴一!大人世代が目指すべき生き様

松山ケンイチ!今しかできないことは?

松山ケンイチ!東京と田舎の二拠点生活

市原隼人!反発の10代と愛することへの情熱

氷川きよし!自分に正直に生きる理由

  1. YOUに聞く!人生後半を楽しむには?
  2. 黒木瞳!老化は怖がってもいい!
  3. 中山美穂のキレイの秘密は
  4. 松嶋菜々子!女優業と母親業を両立する秘訣
  5. 安田成美!外見ではなく内面を育てた
  6. 高畑淳子!大人こそ恋愛や人生を楽しんで
  7. 戸田恵子!アンパンマンから吹替まで声の誇り
  8. 大沢たかお!俳優人生を見直す2年の休業
  9. 板谷由夏!焦りを経て気づいた自分らしさ
  10. 熊谷真実!18歳年下夫との幸せライフの秘密
  11. 元・宝塚トップ真飛聖!遅咲きの女性を楽しむ
  12. 松雪泰子!運動とグルテンフリーを続ける
  13. 永作博美!ストレス解消術は〇〇?
  14. 室井滋!大人になって知った故郷の魅力
  15. 夏木マリの暮らし!格好良いスタイルの源
  16. 富司純子!女優業のこだわりと暮らし
  17. 国生さゆり!乃木坂46遠藤さくらの母に
  18. ミニスカ伝説!ツイッギーは今何してる?
  19. 松下由樹!葬儀社の役作りで気付いた終活
  20. 寺島しのぶ!息子の歌舞伎界デビュー
  21. 風吹ジュン!人生は飽きてもいい
  22. 鈴木保奈美!女優史上一番のダメ女を演じ
  23. 高岡早紀!魔性の女の素顔は……かなり
  24. 高島礼子!看護師&娼婦のクリスチャンを演じ
  25. 沢口靖子!実は体育会系でおっちょこちょい
  26. 坂井真紀!50代からポジティブな諦めのススメ
  27. 岩田剛典!ソロ活動を望んだ一線を越えたい想い
  28. 永瀬正敏!後悔と愛すべき存在
  29. 平野レミ、最愛の夫との死別…
  30. 篠原涼子!年下男性の魅力と「禁断の愛」

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ