夫に反対されつつも心理カウンセラーの資格に挑戦!

50代女性!自分の人生を考えてもう1度学び直したい

公開日:2021/01/02

2

ずっと自分のやりたいことを我慢してきたヨウコさん52歳。子ども独立と夫の定年退職が見えてきたことを機に、心理カウンセラーの資格を取得しようとしますが、夫からストップがかかってしまいます……。

50代で学び直し

夫が定年間近。これから何かを始めるのはもう無理?

夫が定年間近。これから何かを始めるのはもう無理?

いくつになっても「やりたいこと」や「夢」は忘れずにいたいもの。頭ではそう思っていても、実際に50代になると、何かを始める意欲や気力が衰えていると感じることもある。周りの目も気になる。それでもやはり新たな人生をもう一度、考えてみたい。そうやって葛藤を重ねている女性は多いのではないだろうか。

「簡単に言ってしまうと、私、新たな人生を送りたい。そう思うんです。別に離婚したいわけじゃありません。ただ、このまま老いていきたくない。孫ができて、ときどき孫に会ってよかったよかったと言っているだけの人生はイヤだなと思うんです。もちろんそれで幸せな人はいいけど、私は今だからこそ何かを始めたい」

穏やかな口調ながら、どこか思いつめたような目をして、ヨウコさん(52歳)はそう言った。6歳年上の会社員の夫とは、結婚して24年になる。長男は就職して地方に在住、同居している大学生の長女は学業とアルバイトに忙しい。

「うちは今どきの人たちと違って、夫婦が分業でした。夫は外で仕事をして、私は家庭をうまく運営していく。長女が小学生になってからは私もパートで働いて家計を補填していました。そんな人生を後悔したことはありません。でもやっぱり子どもたちはどんどん巣立っていくんですよね。長女も再来年は大学卒業ですから、きっとどこかに羽ばたいていく。うれしいけどさびしいんです」

夫はあと2年で定年となる。その後も仕事はすると言っているが、そのころには夫婦二人きりの生活も見えている。そのままあと30年、二人きりで生きていくのだろうかと思うと、なんだか背筋が寒くなるとヨウコさんは言う。

「平均寿命はあと30年としても、そのうちどのくらいの期間、健康でいられるかはわかりませんよね。だからこそ健康なうちに何かをしたい。そう思うんです」

ただ、ヨウコさん自身、単なる趣味を求めているわけではない。何か仕事につながること、あるいは人の役に立つこと。それが目的だという。

「でも一方で、私自身、今から何かを始めても遅すぎる、ムダな努力やお金を使うくらいなら老後に備えて静かに暮らしたほうがいい。そうも思うんです」

内に秘めた何かがある。だがそれを口に出すのもためらわれる。ヨウコさんからはそんな気配が感じられる。やりたいことはやったほうがいい、やってから考えても遅くはない。

「今さら何がしたいんだ?」と言う夫との間に溝が……

「今さら何がしたいんだ?」と言う夫との間に溝が……

しばらくして、またヨウコさんから連絡があった。

「いろいろ考えて、心理カウンセラーを目指そうと思ったんです。直接、仕事につながらなくても、業界資格をとって誰かの相談相手になれればいいな、と。通信制でもとれるから始めようと思ったんですが、一応、夫に相談したんですよ。そうしたら夫が『今さらそんなことして何になるわけ?』と。そんなお金があるなら老後のために貯めておけとも言われました。やっぱりね、とちょっと思いました。私、ずっとそうやって夫からやりたいことを阻害されてきたから……」

結婚当初、運転免許をもっていなかったヨウコさんが免許をとろうとしたら、夫は「危険だから」と止めた。パートから正社員になる道もあったのだが、「家事はどうするつもりなの?」と夫に阻止された。40代後半で、社会人入試を受けて大学院に行きたいと思ったときも、夫は「大学院なんかいって何になる?」と邪魔をした。

「その時期には、やはり子どもが成人していなかったので私もどこかで自分を納得させてすべて辞めましたけど、もういいでしょ、今ならいいでしょという気持ちだったんです。だけど今度は『もう年なんだからやめておけ』と言う。今までにないくらい反発心がわきました。私がパートで貯めたお金をはたいて受講することにしたんです。夫に内緒で何かを始めるのも、自分のためだけにお金を使うのも私には初めてのできごとかもしれません」

娘の後押しも勇気に!何歳になっても学ぶのは楽しい

娘の後押しも勇気に!何歳になっても学ぶのは楽しい

娘は大賛成してくれた。それも彼女の大きな後押しになった。
「いくつになってもやりたいことはやってみるべき、失敗したっていいじゃない」
娘のその言葉はヨウコさんの支えになっている。

「今は夫が帰ってくる前、あるいは朝早く起きて、自分の時間を作って勉強しています。頭が固くてなかなかすんなり前に進めないんですが、それでも勉強するって楽しい。資格がとれたらなんとか人の役に立てたいし、余裕があれば別の勉強もしてみたいですね」
以前と比べてヨウコさんの目が輝いている。

50代になったら、新たに何かを始めることに躊躇している時間はない。やりたいと思ったらすぐにでも始めてみればいいのだ。

「外見の老化しかたないですが、気力や意欲が老いていくのが怖いんです。夫はずっと仕事をしてきたから、『早くゆっくり休みたい』と思うのかもしれないけど、私はなるべく自分を同じ場所にとどめたくない。少しでも前に進みたい。私が勉強しているのがバレたら、夫はまたそれが何になるんだと言うでしょうけど、もうそういう言葉に惑わされるのはやめようと思っています」

脳はいくつになっても進化すると言われている。新しい刺激に身をさらして勉強しようと思う人は魅力的だ。

 

■もっと知りたい■
【特集】50代女性の夫婦関係&セックス事情

  1. 50代女性のセックス事情!半数以上はセックスレス?
  2. 気付けばセックスレス…更年期で性欲再燃
  3. 50代女性が10年のセックスレスを解消した方法は?
  4. 医師に聞く!更年期の女性ホルモン&セックスの関係性
  5. 医師に聞く!更年期セックスレスの解決策&対処法
  6. 50代女性セックスレスを打破して男女に戻るには?
  7. 更年期の性交痛!男女のセックス観を見直すきっかけに
  8. コロナ禍で離婚の意思が高まった50代夫婦の関係性
  9. コロナ禍の50代夫婦!以前の関係性にはもう戻れない
  10. 卒婚とは?50代で見直した新しい夫婦の形
  11. 介護別居からの卒婚!距離感が心地いい夫婦の形とは?
  12. 【体験談】離婚ではなく家庭内別居を選んだ夫婦
  13. 熟年離婚体験談!50代でモラハラ夫から解放されて
  14. 熟年結婚体験談!私が50代でオトナ婚した理由
  15. 【夫と死別】初めての一人暮らし体験談
  16. 【嫁姑バトル体験談】意地悪な姑に今は後悔の日々
  17. 【嫁姑バトル体験談2】強烈な姑に今も太刀打ちできず
  18. 【体験談】50代女性は結婚相談所で出会えるか?
  19. 【体験談】50代女性は婚活パーティーで出会えるか?
  20. 【体験談】50代女性がやっと婚活を始めてみた結果
  21. 50代女性!マッチングアプリで出会った年下男性
  22. 家族に振り回される人生から脱却したい50代女性
  23. 実母との同居体験談!遠慮がないからこそモメる
  24. 家族の確執!50歳を過ぎて妹に過去を暴露されて…

亀山早苗

東京生まれ。明治大学卒業後、フリーランスのライターとして雑誌記事、書籍の執筆を手がける。おもな著書に『不倫の恋で苦しむ男たち』『復活不倫』『人はなぜ不倫をするのか』など。最新刊は小説『人生の秋に恋に落ちたら』。歌舞伎や落語が大好き、くまモンの熱烈ファンでもある。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ