保護猫兄弟!日々ねこたま

猫だもの。やらかしちゃったけど…元気出せニャ兄猫

公開日:2021/03/24

7

生まれつき後ろ足が弱かった保護猫兄弟の兄しろたまは、2020年両足の手術を経て、すっかり元気になった。だが……時折失敗もあるのだ。

猫だもの。失敗だってあるんだニャ!

生まれつき後ろ足が弱かった保護猫兄弟の兄しろたま。2020年両足の手術を経て、すっかり元気になった。猫らしく俊敏に振る舞うべく、日夜さまざまな動作を練習しているが……時折失敗もあるのだ。

先日棚の上を歩行中、大事な骨董のお茶碗を引っかけて割ってしまい、それを目撃してしまった弟ちゃたまがオロオロ。

 「どうしよう……お父さんの大事な骨董のお茶碗、割っちゃった」

「兄ちゃん見てたよ」と、弟。
「ちゃたま、内緒だぞ」と、兄。
 

「どうしようドキドキ……」兄の代わりにうろたえる、弟ちゃたま。
 

 「でもやっぱり……見つかったら大変だニャ」と、弟。
 

「絶対ボクがやったんじゃニャイ……たぶん」と兄 。
 

秘密を抱えるのツラい!罪の意識に耐え切れなくなった

「 ねえねえ!ゆかりさん!あのお茶碗割ったのねえ……」

 

「犯人は、しろたま兄ちゃんなんだ」

 

観念した兄ちゃん「ごめんニャしゃい」と反省のポーズ 。

 

「ボクからもごめんなしゃい」と、兄以上に反省する弟猫。
いいのいいの。茶碗は金継ぎしてもらうから大丈夫。それよりキミたち、ケガ無くて良かった!

 

 

2020年春の新型コロナ禍真っ最中という、なんとも大変な時代に我が家にやって来た保護猫のしろたま・ちゃたま兄弟。そして春は巡り、しろたまの足はすっかりよくなり、猫らしい俊敏さを取り戻すべく練習の毎日。なのでいろいろやらかしてくれますニャ。

■しろたま&ちゃたま情報ニャ

  • 住まい:うじいえさん家
  • 召使いたち:人間の男1人と女2人
  •  男の本業はアートディレクターとかいうらしい。それと毎週日曜日には、子どもや大人たちが絵を描きに、集まって来る画塾を催している。

撮影&文章=氏家啓雄 撮影=遠藤真佑 イラスト=氏家ゆかり 

構成=鳥居史(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

氏家 啓雄

猫とジャズを愛するアートディレクター。週末には、アート好きな子どもや大人たちが絵を描きに集う画塾を主催中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ