もう一品に便利!常備したい冷凍野菜

【業務スーパー】買って得!常備したい冷凍野菜3つ

公開日:2022.01.26

更新日:2022.03.12

業務スーパーは大容量でコスパがいい食品をたくさん扱っていますが、冷凍食品も充実しています。そこで今回は栄養価が高かったり食物繊維が豊富に含まれていたりなど、50代女性にとってうれしい、常備したい業スーの冷凍野菜を3つピックアップします。

【業スー冷凍野菜1】カット状態で冷凍されている「小松菜」

小松菜の多くは水分ですが、たんぱく質や食物繊維、ビタミンA、葉酸、ビタミンCなどが含まれています。ミネラルではカリウム、カルシウム、鉄が含まれ、栄養価に富んだ食品といわれています。さらに小松菜に含まれるポリフェノールには抗酸化作用もあり、ラットを用いた試験で小松菜抽出物に血栓溶解作用があることがわかり、動脈硬化などの心疾患予防効果が認められています(※)。このように小松菜は健康面でも積極的に食べたい野菜ですね!

※参考:新潟市「小松菜(女池菜)

 

そんな栄養素が豊富な小松菜は、業務スーパーでは「こまつ菜カット」として冷凍野菜でも販売されています。

内容量は500gで価格は138円(税込)です。すでにカットされた状態で冷凍されているので、使いたい分だけ取り分けられるので、調理をする際にとても便利!

ハムと一緒に炒めました。

こちらは、さっと茹でておひたしです。あと一品欲しいときにとても便利!
 

【業スー冷凍野菜2】薄くスライスした「さつまいも」

さつまいもには食物繊維やビタミンCなどの栄養素が含まれていますが、腹持ちのわりに低カロリーなのがうれしい点。焼き芋にしたり、蒸し芋にしてもおいしいですよね。

参考:静岡県公式ホームページ ふじのくに「ふじのくに農芸品 野菜 サツマイモ

業務スーパーでは販売されている冷凍野菜のさつまいもは、「天ぷら用さつまいも」です。

スライスされた状態で冷凍してあります。火が通りやすい薄さなので、調理時間の短縮にもなります。ただ厚みがあまりないだけに、形が崩れやすいのは難点。内容量は500gの大容量で価格は268円(税込)。

さつまいもはお味噌汁に入れてもおいしいですね!

こちらはさつまいものサラダ。電子レンジで温めてつぶし、スライスした玉ネギを入れています。

 

【業スー冷凍野菜3】皮なしで豆だけ冷凍の「むき枝豆」

ビールのおつまみとしてもよく利用される「枝豆」。枝豆には脂肪の代謝を高める働きや脂肪肝の予防効果がある「コリン」が含まれています。また脂肪燃焼を促す「オルニチン」も含まれているので、運動をする前に枝豆を食べるのもおすすめ。脂肪燃焼の効果がアップしますよ。さらに「オルニチン」には美肌効果やアンチエイジング効果も期待できるなど、枝豆はダイエットに向いている食材なのです(※)。

※参考:高原町「たくさん食べても大丈夫!?気になる枝豆のカロリー

 

その枝豆が皮がむいてある状態で業務スーパーの冷凍野菜では販売されています。「むき枝豆」です。

内容量は500gですが、やはり豆の部分だけで500gあるので、正直かなりの量です。これで価格が213円(税込)なのでコスパもかなり良いのではないでしょうか。

筆者は冷凍状態のむき枝豆100gに対して、みりん大さじ3、めんつゆ大さじ3、生姜を加えて混ぜてるだけの「浸し豆」をよく作ります。水分は冷凍されたむき枝豆から出てきます。

ツナと合わせてもおいしいですよ。ご飯にトッピングにもGOOD!


業務スーパーには冷凍野菜がたくさんあり手軽に活用することができます。ただし国産の野菜ではないことも多いので、もし原産国が気になるようであれば購入前にしっかりとパッケージを確認しておくと良さそうです。
 

■もっと知りたい■

【コンビニ】2022トレンドは…高級&おうち時間>>

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>>

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加