映画「はい、泳げません」で新チャレンジを応援したい

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

公開日:2022/06/05

更新日:2022/06/11

13

映画「はい、泳げません」で主演をつとめた長谷川博己さんにインタビュー。綾瀬はるかさんとの共演について、またキャリアを重ねたからこそできる芝居について、お話を伺いました。

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

綾瀬はるかさんとは、NHK大河ドラマ以来の再共演

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

――映画「はい、泳げません」は、長谷川さんが演じるカナヅチの主人公が水恐怖症を克服しようと奮闘する物語なので、スイミングのシーンが多いのですが、長谷川さんは、実際は泳げるんですよね?

長谷川博己さん(以下、長谷川博己)
はい、特に水が怖いわけでもないし、普通に泳げます。子どもの頃は、近所の大学が夏にプールを解放していたので、そこでよく泳いでいました。

――下手に泳ぐ演技は苦労されましたか?

長谷川博己
いえ、泳げる人間が、演技で下手な泳ぎを見せるのはそれほど難しいことでないんです。それよりも、小鳥遊(たかなし)の水に対する向き合い方が、泳ぎを通して変化していく様子が描けているかに、より気を遣いました。

最後はどこまで泳げるようになるのかを考えて、そこに向かってワンシーンごとに少しずつ成長していくという感じで進めました。水泳のシーンは撮影が、ほぼ脚本の順番通りだったので、それはやり易かったですね。

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

――水泳コーチの薄原静香を演じた綾瀬はるかさんとはNHK大河ドラマ「八重の桜」以来の共演ですが、いかがでしたか?

長谷川博己
やっぱりさすがの一言でしたね!主演としての在り方が以前にも増していました。存在感だけでなく、華もありますし、以前共演したときよりも、すべてにおいて洗練されたその雰囲気が、静香コーチの役に合っていたと思います。

今の年齢だからこそ演じられる役に巡り合いたい

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

――長谷川さんは、キャリアを重ねていくにつれて、演じたい役に変化があったり、芝居に対する向き合い方が変わったりということはありましたか?

長谷川博己
それはいろいろありました(笑)。若い頃は歳を重ねた大人の役を演じたいと思っていましたね。でも実際に年齢やキャリアを重ねていくうちに、今しかできない役や芝居をやりたいという気持ちに変わっていきました。

その年齢ごとに、自分と向き合って大事にやっていきたいと思っています。実年齢より若い役を演じるなど、チャレンジすることもいいとは思いますが、今の年齢の考え方や生き方を芝居で表現することの方が自分にとっては貴重なので、そういう役と巡り合いたいです。ある意味、今回の小鳥遊の役は、今の自分だからこそ演じられた役だと考えています。

人生の終わりは予測できないからこそ深く考える

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

――年齢を重ねることについて、人生の青写真というか、こうありたいという考えはありますか?

長谷川博己
年を取ることは全然怖いと思わないのですが、死ぬのは怖いですね。いつ自分の人生が終わりになるかなんて誰にもわからないじゃないですか。そういう意味では、死とは何だろう、どうなってしまうのだろうと怖くなります。よく考えてみると、年を取るということは死に近づくことなので、予測がつかないからこそ、怖いと思ったり、逆に興味を持ったりするのかもしれません。

――確かに死は怖いですし、長生きするためには健康でありたいと思いますが、長谷川さんは健康について気を付けていることはありますか?

長谷川博己
幸いあまり気にしなくても過ごせているのですが、昔と比べると、できていたことができなかったりというのはあるかもしれませんね(笑)。やはり年を重ねるほど、もっと気合を入れてがんばらないといけませんね!

水恐怖症克服に向けて奮闘する姿が、何か新しいことを始めるきっかけになれば!

長谷川博己!水の世界が心を浄化してくれる

――ハルメク読者世代は、子育てを終えて人生がひと段落して新たな楽しみを探している人も多いですが、何かメッセージをいただきたいです。

長谷川博己
それはまさに「はい、泳げません」を見ていただくのがいいと思います(笑)。小鳥遊が水恐怖症を克服するために奮闘する姿、前向きな姿勢を見ていただければ、元気になれます。水の世界が心を浄化してくれますし、何か新しいことを始めるきっかけになるのではないでしょうか。

――ありがとうございます。ちなみに長谷川さんが好きなシーンはありますか?

長谷川博己
ナイトプールのシーンです。脚本を読んだとき、とても幻想的でどう映像化されるのだろうと思っていたのですが、完成した映画を見たら、とても綺麗ないいシーンになっていました。小鳥遊が過去のさまざまな出来事を思い出す様子が、印象的な水中での画となって表現されていて、この作品ならではの特別なものだと思います。

長谷川博己(はせがわ・ひろき)

1977年、東京都出身。2002年舞台「BENT」でデビュー。その後「ヘンリー六世」(10年)など数々の舞台で活躍。08年から映画やテレビドラマなどに活動の場を広げていく。「セカンドバージン」(10年/NHK)で話題を集め、「鈴木先生」(11年/テレビ東京)でドラマ初主演。そのほか「家政婦のミタ」(11年/日本テレビ)、朝の連続テレビ小説「まんぷく」(18年/NHK)、大河ドラマ「麒麟がくる」(20年/NHK)など。スクリーンデビューは「セカンドバージン」(11年)。ほか「シン・ゴジラ」(16年/日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞)など。

「はい、泳げません」

(2022年6月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国ロードショー)
監督・脚本:渡辺謙作
出演:長谷川博己/綾瀬はるか 
伊佐山ひろ子 広岡由里子 占部房子 上原奈美/小林薫
阿部純子/麻生久美子

配給:東京テアトル、リトルモア
コピーライト:C2022「はい、泳げません」製作委員会

取材・文=斎藤香 写真=泉三郎 編集=鳥居史(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

長谷川博己!演じることで役に血が通う

中井貴一!大人世代が目指すべき生き様

松山ケンイチ!東京と田舎の二拠点生活

市原隼人!反発の10代と愛することへの情熱

氷川きよし!自分に正直に生きる理由

  1. YOUに聞く!人生後半を楽しむには?
  2. 黒木瞳!老化は怖がってもいい!
  3. 中山美穂のキレイの秘密は
  4. 松嶋菜々子!女優業と母親業を両立する秘訣
  5. 安田成美!外見ではなく内面を育てた
  6. 高畑淳子!大人こそ恋愛や人生を楽しんで
  7. 戸田恵子!アンパンマンから吹替まで声の誇り
  8. 大沢たかお!俳優人生を見直す2年の休業
  9. 板谷由夏!焦りを経て気づいた自分らしさ
  10. 熊谷真実!18歳年下夫との幸せライフの秘密
  11. 元・宝塚トップ真飛聖!遅咲きの女性を楽しむ
  12. 松雪泰子!運動とグルテンフリーを続ける
  13. 永作博美!ストレス解消術は〇〇?
  14. 室井滋!大人になって知った故郷の魅力
  15. 夏木マリの暮らし!格好良いスタイルの源
  16. 富司純子!女優業のこだわりと暮らし
  17. 国生さゆり!乃木坂46遠藤さくらの母に
  18. ミニスカ伝説!ツイッギーは今何してる?
  19. 松下由樹!葬儀社の役作りで気付いた終活
  20. 寺島しのぶ!息子の歌舞伎界デビュー
  21. 風吹ジュン!人生は飽きてもいい
  22. 鈴木保奈美!女優史上一番のダメ女を演じ
  23. 高岡早紀!魔性の女の素顔は……かなり
  24. 高島礼子!看護師&娼婦のクリスチャンを演じ
  25. 沢口靖子!実は体育会系でおっちょこちょい
  26. 坂井真紀!50代からポジティブな諦めのススメ
  27. 岩田剛典!ソロ活動を望んだ一線を越えたい想い
  28. 永瀬正敏!後悔と愛すべき存在
  29. 平野レミ、最愛の夫との死別…
  30. 篠原涼子!年下男性の魅力と「禁断の愛」

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ