コツさえ知れば一着のコートでも楽しめる!

脱マンネリ!コート姿を変化させる神アレンジ5選

公開日:2021/12/29

更新日:2022/02/07

4

コートを使用した冬コーデの脱マンネリに! どんな人でも簡単に、すぐ取り入れられるコートのアレンジ方法を5つご紹介します。いつものコートが見違えるかも?ぜひ試してみてくださいね。

脱マンネリ!コート姿を変化させる神アレンジ5選

コート姿が「いつも同じ」になってしまった時のアレンジ5つ

冬のマストアイテムであるコート。いろいろな服に合わせやすいようベーシックな色をお持ちの方が多いですよね。それと同様、ボトムスも何にでも合うようベーシックカラーを選ぶことが多いので、結果的に「全身がいつも同じ印象」になってしまい、マンネリ化してしまうのです。今回はそんなコートコーデに変化をつける簡単な5つのアレンジテクニックをご紹介します!

【コートアレンジ1】 差し色マフラーで防寒しながら印象チェンジ

コートコーデのアクセントになるような差し色をプラスして 出典:WEAR

まずどんな人でも簡単にトライできるおすすめアレンジは「マフラーで差し色を取り入れる」こと。明るいカラーのマフラーを巻くだけで、顔映りも明るくなり、首元も暖かいので一石二鳥。コートの面積の方がかなり大きいため、バランスが取れるので「多少派手かな?」と思うようなカラーでも意外とOKです。

【コートアレンジ2】白系ブーツに変えて抜け感もアップ

ホワイト系のブーツは合わせやすさも抜群です 出典:WEAR

ブーツは一般的にはブラックやブラウンなどの落ち着いたカラーを選ぶ方が多いアイテムですが、一足持っておくととっても便利なのが「ホワイト系のブーツ」。真っ白はコーディネートから浮きやすいため、白に近いベージュやライトグレーなどが使いやすくておすすめです。

全身が重たい印象になるのも、いつも似たコートコーデに見えてしまう原因なので、足元で明るい色を取り入れると抜け感がプラスされ、あか抜けた印象に仕上がります。

【コートアレンジ3】アクセサリー代わりにミニバッグで遊び心を

ミニバッグはコートスタイルと相性抜群 出典:WEAR

コートは面積が大きく、シルエットもしっかりしていて重量のあるものが多いので、コート自体をアレンジするのはなかなか難しいもの。そこで、アクセサリー感覚で使えるミニバッグを合わせて、小物でアクセントを付けてみては?

コート自体が落ち着いた印象なので、サイズだけバランスが取りやすいミニサイズを選べば、他は色やデザインにこだわらず自由に選んでOKです。華やかさや遊び心がプラスされて、その人らしさが引き立つおしゃれを楽しめますよ。

【コートアレンジ4】コートからのぞくカラーボトムスで雰囲気チェンジ

ボトムスの色を変えると違った印象に 出典:WEAR

コートを羽織ると、インナーになるトップスは見えなくなってしまうため、洋服でコーディネートを楽しめるのはボトムスがメインになりますね。ですが、このボトムスが例えばいつもブラックだったところをネイビーやグレーに変えてみても、どれも落ち着いた色合いなので、あまり印象は変わりません。

そこでコーディネートに変化をつけるためには、「明るい色合いのカラーボトムス」がおすすめ。コートの裾から明るい色がのぞいていると、コーデ全体を引き締めてくれて、おしゃれ度もぐっとアップします。特に今年はカラーパンツがトレンドで、グリーンやパープル、鮮やかなブルーなど、50代の女性がトライしやすい色もたくさん出ているので、ぜひトライしてみてくださいね。

【コートアレンジ5】黒を使わない「黒レスコーデ」で新鮮な配色に

黒を使わないコーデはどこか新鮮な印象に 出典:WEAR

冬はどうしても合わせやすい「黒」をどこかに取り入れていることが多いのですが、あえて「黒」を使わないコーデにまとめてみるのもおすすめです。黒以外の色合いでまとめると、どことなく印象が和らぎ、おしゃれ感のある雰囲気に。ベージュ系やグレー系、ブラウン系などを駆使しながら似た色合いでまとめると、統一感のあるコーデが楽しめます。

いかがでしたか? コートスタイルがマンネリしてきたな、と感じたら、ぜひ試してみてくださいね!

■もっと知りたい■

オトナ女性の着やせ&オシャレコート術>>

軽量あったか&おしゃれコート術

 太って見せない!ダウンコーデ術

防寒とオシャレ! ショート丈コート

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ