流行のボリュームニットも太って見せない

50代の冬ニット! 着痩せを叶える選び方

公開日:2021/12/27

更新日:2021/12/28

22

着用した途端、冬らしいコーデが完成する「ニット」。その反面、着太りして見えてしまうこともしばしば。そこで今回は、おしゃれ見えと着痩せの両方が叶うニットの選び方のコツをご紹介します!

着痩せして見えるニット選びのコツ

ニットは着痩せと暖かさを両立させたい!

冬らしいコーデが完成する「ニット」は、寒さが厳しくなってきた今の時期に手放せないアイテム。ですが、着込みすぎて着膨れしてしまっては、おしゃれ感はもちろん、スタイルアップも狙えないという残念な結果になってしまいます。

今回は、防寒対策を万全にしつつ、おしゃれ見えと着痩せの両方が叶うニットの選び方のコツを3つご紹介! また、おすすめニットもあわせてピックアップします。

【着痩せニット1】ボリュームニットはVネックが正解

二ットで着膨れして見えないためには、華奢見えするタイプを選ぶことが大切です。今季も引き続き、丈も身幅もボリューム感のあるニットがトレンドに君臨しています。ですが、ニット選びを間違えると、太って見えてしまうので注意が必要です。

おすすめは、ボリュームニットでも、「首まわりがすっきりしたVネックのニット」。首まわりやデコルテが美しく見える上、今っぽい抜け感も手に入り、手軽に着痩せコーデが叶うお役立ちアイテム。すっきりとシャープな印象を与えてくれますよ。

WEAR
出典:WEAR

画像は、柔らかく上質な肌触りのラクーン素材のボリュームニット。Vネックが開き過ぎない上品な一枚を選べば、鎖骨をきれいに見せてくれる上、ボリュームニットでも華奢見えを叶えてくれます。防寒対策を万全したい場合は、ロングTシャツをレイヤードしても◎。

上半身にボリュームが出るので、ボトムスは腰まわりはゆったりとしていて、足首に向かって次第に細くなるテーパードパンツを投入すると、脚が細く見えてバランス良く決まります。全体的にブラウンカラーでまとめた落ち着いたスタイリングに、くすみイエローのパンツが程よいアクセントになっています。

おすすめニット1

フェリシモ
コットンシルクのケーブルニット 5,940円(税込)/IEDIT(フェリシモ)

冬気分を盛り上げてくれるケーブルニット。柔らかいコットンシルク糸で軽やかに編み立てられた一枚で、肌触りが抜群です。マスタードイエローが、ダークカラーでまとめがちな冬コーデに、華やかさを運んできてくれます。開きすぎないVネックデザインなので、セクシーになり過ぎずに着用できるアイテムです。ゆったりストンとしたシルエットは、スカートにもパンツにも合う汎用性の高さがポイント。手洗い可能なので、活用頻度が上がりますよ。

【着痩せニット2】体が適度に泳ぐ、ややゆったりしたニット

1で、ボリューム感のあるニットは選び方を誤ると太って見えがちという話をしましたが、その反対で体にフィットしすぎるタイトなニットも、残念ながら着太りして見えるので気を付けたいところ。タイトなニットは、目立たせたくない部分を拾いやすく、結果として太って見えてしまうんです。

オススメは、ニットの中で体が適度に泳ぐような、ややゆったりとしたニット。気になるボディラインをさりげなくカバーしてくれます。

WEAR
出典:WEAR

適度に体が泳ぐデザインで、体型カバーが叶うタートルネックのリブニット。切り替えデザインになっているタイプなら、シンプルすぎない着こなしが完成します。前後差のあるヘムと、サイドスリットがポイントになっており、ニットの裾をスカートに前だけINすると、今っぽいこなれ感のあるスタイリングに。

そこに、マスタードイエローのこっくりカラーで、季節感たっぷりのスカートを投入。どうしてもダークカラーでまとめがちな冬コーデに、華やかな空気感を運んできてくれます。フロントのパッチポケットがアクセントに。レーヨン混のなめらかな肌触り、かつ後ろウエスト部分はギャザー使いになっており、快適なはき心地です.

おすすめニット2

フェリシモ
ホールガーメント(R)のやわらかニットセーター 5280円(税込)/THREE FIFTY STANDARD(フェリシモ)

体が適度に泳ぐ、ややゆったりしたニットのおすすめは、無縫製の編み機で編まれたこちらのセーター。縫い目もごわつきもないのが魅力的で、ストレスフリーで着用可能です。カシミヤ混のソフトな一枚は、上品なコーデに導いてくれます。袖と裾にあしらわれた長めのリブデザインが、着こなしのアクセントに。程よいシルエット具合なので、一枚で着るのはもちろん、INにシャツやタートルネックを合わせるなど、着こなしの幅が広がります。

【着痩せニット3】縦ラインを強調するリブニットで着痩せ効果を

リブニットとは服地に畝(うね)が連なった伸縮性のあるニットのこと。凸凹のある表情が生まれるので、通常のニットに比べて立体感を演出してくれます。縦畝のリブが縦ラインを強調してくれるので、着痩せ効果が狙えるんです。おすすめは、首まわりがなるべくすっきりしたデザインで、体にフィットしすぎないサイズ感のもの。

WEAR
出典:WEAR

画像は、タートルネックとレイヤードするだけで、おしゃれ感がアップする変形ニット。全面リブ編みのストライプの編地にすることで、着膨れとは無縁のすっきりとした印象になっています。ワンショルダーデザインで、袖は程よいボリュームスリーブなので、中に着るアイテムがもたつかず、ストレスフリーで着用できます。また、今季トレンドのグリーンカラーを選べば、即今っぽい着こなしに。

そこに、ダブルタックで腰まわりにゆとりを持たせ、センターライン入りのテーパードパンツを投入。脚が長く見える上、気になる脚の太さを上手にカバ―してくれます。

おすすめニット3

フェリシモ
マイベーシックニットプルオーバー 6490円(税込)/MEDE19F(フェリシモ)

リブニットのおすすめは、全体がリブ編みになっているこちらの伸びやかなニット。コーデを印象的に導いてくれるレッドカラーは、顔映りを明るくしてくれます。プルオーバーは付かず離れずのシルエットで体にぴったりしないので、着やせ効果が狙えますよ。袖口に入っているスリットが抜け感を演出。デニムといったカジュアルアイテムにはもちろん、ロングスカートといったフェミニンアイテムとも合わせやすいのが嬉しいポイントです。

以上、おしゃれ見えと着痩せの両方が叶うニットの選び方のコツと、おすすめニットをご紹介しました。この冬、ニットを主役にしたコーデを楽しんでくださいね!

※商品情報は2021年12月27日時点のものです

 

■もっと知りたい■

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

 太って見せない!ダウンコーデ術

防寒とオシャレ! ショート丈コート

近所のお出掛けに! ワンマイル

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ