健康づくりは何歳からでも遅くない

運動嫌いの私、60歳すぎて筋トレにはまる

公開日:2022/02/20

6

体を動かすことより、家で読書やものづくりをしているほうが好きな私。ふとしたきっかけで筋トレを始めてからは、良いことがたくさんありました。コロナ太りとも無縁です。

運動嫌いの私、60歳すぎて筋トレにはまる

きっかけは飼い犬の死

きっかけは飼い犬の死

4年前に、18年近く飼っていた犬が死にました。3か月ほど経って、太ったことに気づきました。

子どもが飼い始めた動物の世話が親に回ってくるのは、多くのご家庭であることと思います。我が家も、子どもたちが独立してから、私が世話をしてきました。

毎日の散歩や体のケアなどが、知らず知らずのうちにいい運動になっていたのですね。家の中でひとりで運動しても長続きしません。

そこで、前を通り過ぎるだけだった近所の女性専用ジムに、思い切って入会することにしました。

継続は力なりを実感

2か月のお試し期間を経て、正式に入会。

一定料金で月に何回行ってもいいのです。そうなると「お得」に敏感な主婦根性が刺激され、ほぼ毎日通うようになりました。

夕食後に1時間から1時間半ほど、筋肉のトレーニング・機械を使った有酸素運動・ストレッチ体操などをします。

トレーナーさんのアドバイスに従ってマイペースで運動していますが、3年以上経って確実に体が変わりました。

5分で音を上げていた有酸素運動も20分以上こなせるようになり、若い人たちと一緒のサーキットトレーニングにもついていけるようになりました。

継続は力なりを実感

数字をあげると、ウエストサイズ-15cm、ヒップは-10cm、太もも-5cm、身体年齢-7歳です。

体重は4kgしか減っていませんが、週末に好きなお酒とそれに合わせた料理を楽しみ、体重が増えると平日にジムで運動して減らす生活なので、よしとします。ダイエットのストレスもたまりませんから。

筋トレの効用

筋トレのためにジム通いを始めて、楽しいことが増えました。

まず、ジムが自分に合っていて、知り合いが増えたことです。ジムによっては、メンバーの人間関係などでもめ事もあるようですが、私たちは楽しくやっています。職業も年齢も違うので毎日の会話が新鮮です。

意外なようですが、家が片付きました。

私はいろいろな資料をため込みがちなのですが、健康に関しても「○○に効く」とか「〇〇がやせる」体操などといった記事の切り抜きや本がかなりありました。

でも、ほとんど処分しました。

そこに載っている体操の多くをジムでしていることに気づいたからです。

ため込んでも実践しなかったら意味がないですよね。

スポーツやダンス、演劇などを鑑賞する際に、ひとの体の動きに以前より目が行くようになりました。

鍛え抜かれたアスリートや役者への感動が深くなったのです。

自分が動いてみて難しさを実感したからこそです。みなさん、体幹の鍛え方すごい!!

筋トレの効用

ジム通いが生活の一部となった現在ですが、ふと「なぜもっと若い頃に始めなかったのだろう」と思うときがあります。若いときに鍛えてナイスバディになっていたら、人生変わっていたかも……。

なんて、ちょっぴり苦い妄想を振り払って「人生、これからだ!」と今夜も私はベンチプレス。

 

■もっと知りたい■

K・やすな

漫画、アニメ、映画鑑賞、読書が趣味の自称「オタクな主婦」。子どものころは考古学者か漫画家志望。美術館めぐりや街歩きも好きだが、基本的に単独行動。なぜか、どこへ行っても道を尋ねられる。好きな花はカワラナデシコ。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ