最後までおいしく味わいます

映画とエビフライはしっぽまで

公開日:2021/11/11

4

映画が終わると流れてくる、出演者などが書かれたエンドクレジット。そこで席を立つ人もいますが、私はもったいなくて立てません。なぜなら……

映画とエビフライはしっぽまで

好きなものは最後までいただきます

好きなものは最後までいただきます

エビのしっぽが好きです。カリカリしておいしいですよね? 天ぷらやフライなど、下ごしらえをしてしっぽまで食べます。

映画も終了後のエンドクレジット(エンドロールは同じ意味ですが、和製英語)までしっかり見ます。作品の余韻に浸り、映画館の良い音響を楽しみます。中には話が終わるとすぐ帰る人もいますね。人それぞれの事情がありますし、つまらなかったのかもしれないから、そこは個人の自由です。

でも、いつもそうだとしたら、残念なこともあるのです。

作品によっては、エンドクレジットの後に、おまけの映像や次回につながる映像が出てきます。「残っていてよかった」と、まばらになった客席でニンマリする私です。

席を立つのはちょっと待って!

席を立つのはちょっと待って!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』

ジョニー・デップ演じる海賊ジャック・スパロウが、七つの海で活躍する『パイレーツ・オブ・カリビアン』。

現在5作公開されています。このシリーズはいつも最後におまけがつきます。作中のエピソードを発展させたひねりの効いたものです。

しかし5作目だけは違って、続編を期待させるような映像でした。あれから4年……続きはまだですか!

席を立つのはちょっと待って!
『ボス・ベイビー』

『ボス・ベイビー』にも、おまけ映像がありました。

子どもと一緒だと、飽きたりトイレに行きたかったりで、ゆっくり座っているのは難しいかな。大人がかわいがる対象を、子犬から奪い返すために派遣されたベイビーは、秘密のミルクの力で、中身がオジサンのビジネスマンみたいです。

彼と仲間たちがくりひろげるコメディは、2作目が公開されます。今回もおまけがあるのか楽しみです。

最近の映画はエンドクレジットが長い

最近の映画はエンドクレジットが長い
『DUNE  砂の惑星』 この手の映画はエンドクレジットが長い

長いこと映画を見てきましたが、エンドクレジットは長くなっているようです。

昔の西部劇などは、オープニングに出演者や監督などの情報が流れるパターンが多かったような気がします。そしてラストで、主人公が一人でまたは女性を連れて荒野の彼方に去り、「シェーン、カムバック!」とかなんとか声がして、ばーんとENDの文字が出る。

そこでフィルムも終わり観客もほっと一息。まさに一巻の終わり! これはこれでいい気分です。

長くなった理由の一つは、映画製作にCGを使うようになって、関わる人が増えたことだと思います。

俳優以外のスタッフが多いですが、それだけ映像処理に手間がかかるということですね。おかげさまで、私たちはすばらしい映像を楽しめるので、感謝の気持ちを込めて見ています。

テレビ放映される映画で「本篇ノーカット」とあるのは、エンドクレジットが切られている場合がほとんどです。元の長さを考えると仕方がないですが、しっぽのついていないエビフライのような物足りなさを感じます。
 

本日の作品

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ全5作 2003年~2017年公開
呪われた海賊たち     2003年
デッドマンズ・チェスト 2006年
ワールド・エンド    2007年
生命の泉        2011年 
最後の海賊       2017年

『ボス・ベイビー』2018年公開

『DUNE 砂の惑星』2021年公開

 

■もっと知りたい■

K・やすな

漫画、アニメ、映画鑑賞、読書が趣味の自称「オタクな主婦」。子どものころは考古学者か漫画家志望。美術館めぐりや街歩きも好きだが、基本的に単独行動。なぜか、どこへ行っても道を尋ねられる。好きな花はカワラナデシコ。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ