"更年期障害"の検索結果

30
「夫源病」セルフチェックリストと対策

その不調、夫源病かも?セルフチェックリストと対策

・・・ellip;、その症状はさまざま。夫へのストレスが原因で、女性の心身にトラブルが現れる病を『夫源病』と言います」と、石蔵さんは話します。 その症状から、病院でも単なる不定愁訴(ふていしゅうそ)を更年期障害として、片付けられる場合も少なくないそう。けれどいくら薬で抑えようとしても、夫に対するストレスを取り除かない限り、改善は難しいといいます。 「特に女性は、閉経前後の約10年間の更年期に、卵巣の機・・・

2020/09/19  2
1日に摂取すべきタンパク質の量は?

体を衰えさせないために必要な肉・魚の1日の量とは?

・・・それから、お薬で何かいい方法はないかということですが、実はフレイル・サルコペニアを予防あるいは治療するためのいい薬はあまりないというのが現状です。 中にはビタミンD、あるいは高齢の男性でいわゆる更年期障害(男性更年期)の治療に使われる男性ホルモンの補充療法といった薬物療法が挙げられたりもします。ただし、ビタミンDの場合は血液の中のカルシウムが増えて、かえって障害を起こすことがあります。また、男性ホルモ・・・

2020/09/14  1
更年期障害をホルモン補充療法で克服して

【更年期】HRTの効果が!やる気と自信を取り戻した

・・・うになり、どんよりとした灰色の曇り空だった自分の心の中が、晴れ上がって気持ちいい青空になっていることがうれしく感じています。   更年期のピンチはチャンスと前向きに! 更年期障害を体験して、私は今までの自分とは全く違う「弱くなった自分」「老化した自分」と出会った気分でした。仕事のストレスでめまいや吐き気が止まらなくなるなどという弱い自分ではなかったはずなのに、実は少しずつ体力・・・

2020/08/26  0
抑うつ感や落ち込みのケア

抑うつ感や落ち込みのケアに必要なのは「栄養」

・・・に大きな変化が起こります。そこから心理的トラブルにつながることも。では、どのような変化が待ち受けているのでしょうか。 「この世代の女性に起こりがちな変化は、大きく3つあります。 1つ目は、更年期障害。女性ホルモンの減少に伴い、セロトニンやドーパミンなどの脳内ホルモンの低下を招き、イライラ感、焦燥感、憂うつ、無気力などの精神症状が現れやすくなります。 2つ目は、子どもの親離れ、両親や近親者の・・・

2020/08/25  6
更年期障害によるうつ症状の体験談

【更年期】自分が更年期障害でうつ状態になるなんて

・・・吐が2週続く 現代の日本人女性の平均的な閉経年齢は50~52歳。私はちょうど55歳になったときに閉経を迎えました。それまで「寝汗をかく」「汗が出て化粧ノリが悪い」「月経痛がひどい」程度の更年期障害と思われる不調がありましたが、乳がん、子宮がん検診でも特に問題がなかったため、異常な発汗や月経痛も、だんだん月経が飛び飛びになっていく状況と合わせて考えて、「誰にでも来る閉経が近づいているサイン」だと・・・

2020/08/25  1

【更年期】女性専用の健康診断を体験!その結果は?

・・・期発見のための検査) インスリン(糖尿病の検査) 腹囲(メタボリックシンドロームの基本検査) メンタル ストレスチェック(うつ傾向やストレスの度合いを調べます) 更年期指数(更年期障害の度合いを調べます) その他 血圧測定(生活習慣病の基本検査) 内臓脂肪測定(CTスキャンを使わずに短時間で内臓脂肪を測定します) 身長、体重、体脂肪測定(肥満の度合いを調べま・・・

2020/08/23  0
【更年期】ホルモン補充療法のための検査や費用は?

【更年期】ホルモン補充療法のための検査や費用は?

・・・の減少によって起こる心と体の不調を改善して、エストロゲンの長期的な不足で起こる可能性が高い骨粗しょう症、認知症、皮膚や粘膜の乾燥などを防いで、健康な状態を維持するために行う治療法でもあります。 更年期障害がなくても、上記の病気を予防する目的でホルモン補充療法を受ける人もいます。ホルモン補充療法をやめるときは、医師に相談しましょう。   HRTを継続するための検査内容は? ・・・

2020/08/22  0
ホルモン補充療法で更年期を治療する

更年期障害対策の切り札、ホルモン補充療法とは?

・・・使い続ける方法があります。また、子宮内に留置して黄体ホルモンを放出するバー(愛称:ミレーナ、1回入れたら5年間持続的に放出されるもの)を併用する方法もあります。 ホルモン補充療法で改善する、更年期障害の症状とは?  ではホルモン補充療法で、実際にどんな更年期障害の症状が改善するのでしょうか。 株式会社QLife(キューライフ)が、HRTを受けた500人を対象に2015・・・

2020/08/21  5
更年期障害のイメージ

更年期障害かも?と思ったときの診断チェックリスト

・・・体のさまざまな臓器に働きかけて、健康を維持するために役立っています。閉経前の5年間と閉経後の5年間を合わせた、約10年の期間を「更年期」といいます。更年期にはエストロゲンの分泌量が減り、心と体の不調が更年期障害として現れます。 特に閉経前には、脳からの「エストロゲンを分泌せよ」という指令のホルモンFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されても、卵巣が十分なエストロゲンを分泌できないことで、自律神経のバランス・・・

2020/08/19  4
大人のためのシミケア

美白肌を守る!医師が教える鉄板ケアと美白コスメ

・・・ンタ 胎盤から抽出した成分で、シミ、くすみ、肌荒れなどを緩和するとされています。メラニンの生成を抑えるだけでなく、代謝や血行を促す働きやホルモン分泌調整機能もあり、美肌作用はもちろん、疲労回復や更年期障害の症状軽減などにも効果を発揮するといわれています。 【美白成分6】コウジ酸 日本酒や醤油の製造過程で発生するコウジ菌。そのコウジ菌が作り出す発酵物質がコウジ酸です。コウジ酸には、メラニンの・・・

2020/08/17  2
膣の更年期「GSM」!陰部のかゆみ、においの原因に

膣の更年期「GSM」!陰部のかゆみ、においの原因に

・・・ 頻尿 尿漏れ 「上のような症状がある場合は、GSMの可能性があります」と話すのは、女性医療クリニックLUNAグループ 理事長で、泌尿器科医の関口由紀(せきぐち・ゆき)さんです。 更年期障害の典型的な症状として、ホットフラッシュや抑うつ、不眠などが知られていますが、それは一時的なもの。これに対して、GSMは長期にわたって悪化し、生活の質に悪影響をじわじわ与えてしまうのだそう。 「中・・・

2020/03/05  23
更年期の女性ホルモン&セックスの関係性

医師に聞く!更年期の女性ホルモン&セックスの関係性

・・・であるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロゲン(黄体ホルモン)の影響を一生通じて受けている。特に、女性の体を守る役目を果たしているエストロゲンは、年齢によって分泌量が大きく変化するのだ。 更年期障害というのは、エストロゲンの急激な減少によって起こるといわれている。それを乗り越えて老年期といわれる年齢に入っても、高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病、骨密度低下による骨粗しょう症、骨盤底筋のゆるみによ・・・

2020/03/04  64

【更年期】何歳から?いつからいつまで不調は続く?

・・・まで急激に落ち込み、そのせいで体内に混乱が生じ、心身にさまざまな不調と症状が現れるようになります。55歳ごろになると、女性ホルモンの分泌はほぼなくなります。 最近では、更年期よりもやや早い年齢で更年期障害のような症状に悩まされる人も増えています。「プレ更年期」といい、30代後半から40代前半を指します。この年齢は女性ホルモンの分泌が減少しはじめる時期とはいえ、更年期ほど急激に減少するわけではありません・・・

2019/12/16  50
更年期後に気を付けたい病気

【更年期】閉経後の女性が注意すべき病気と体調不良

・・・密接に連携しています。 つまり、女性ホルモンの分泌を促す過剰な刺激が、同じく視床下部が司る自律神経にまで及び、影響してしまうのです。その結果、全身にさまざまな不調が現れることになります。 更年期障害ではホットフラッシュ(のぼせや大量の発汗)をはじめ、動悸、息切れ、めまい、頭痛、冷えといった症状が現れますが、これらは「自律神経失調症状」です。 また女性ホルモン、特にエストロゲンは、脳、血管、・・・

2019/12/07  228
更年期障害でも慌てない!女性ホルモンをしれば女性はもっと幸せになれる

【更年期】女性ホルモン量が心身の健康を左右する

・・・性ホルモンについてもっと理解し、使いこなすことが大切です。 女性ホルモンが女性の心と体にどう影響し、どれほどすぐれた力をもっているのか、よくわかっていない人がとても多いのです。わからないままでは更年期障害のさまざまな不調に悩まされ、苦しむ一方です。また、更年期障害の症状が特にない人でも、「自分は大丈夫」とタカをくくってはいけません。 閉経の前後5年を指す更年期は、女性の体が大きく変わる転換期です・・・

2019/11/28  49

ページ先頭へ