"更年期障害"の検索結果

82
更年期に変えるべき5つの生活習慣と健康意識

更年期に変えるべき5つの生活習慣と健康意識

・・・ 4健康診断 職場や自治体で健康診断を受けている方は多いと思いますが、毎年決まった検査項目でなんとなく受けているだけになっていませんか。 更年期で不調が見られるとき、その症状が更年期障害か他の病気かを見分けるためにも、健康診断は必要です。例えば更年期の女性に多い甲状腺疾患では、更年期障害と似たような症状が見られます。こうした病気を除外して初めて、更年期障害と診断されます。 そし・・・

2022/01/19  0
更年期・アフター更年期で体はどうなる?症状と病気

更年期・アフター更年期で体はどうなる?症状と病気

・・・、その種類は200以上ともいわれています。症状には個人差があるものの、多種多様な症状が閉経を境に一気に押し寄せてきます。人によっては、更年期症状が重く生活に支障をきたすほどの状態になることも。それを「更年期障害」と呼びます。 主な更年期症状は以下の通り。 ・運動系症状…肩こり、腰痛、ぎっくり腰、関節痛  ・精神神経系症状…頭痛、不眠、うつ状態、めまい、耳鳴・・・

2022/01/19  0
激しいめまいと難聴を起こすメニエール病に注意

激しいめまいと難聴を起こすメニエール病【医師監修】

・・・ メニエール病そのものは命に関わる病気ではありませんが、早期に治療したほうがよいので、できるだけ早く耳鼻科やめまい外来などの専門医、あるいはかかりつけの婦人科を受診してください。 メニエール病と更年期障害のめまいの違いは? 診断がつけば、薬での治療と日常生活の注意で症状は改善されます。医師の指示を守って、処方された薬をきちんと服用しましょう。 メニエール病は漏れ出たリンパ液で内耳がむくん・・・

2022/01/17  0
若返りホルモンを増やす食事で、心身を若々しく保つ

若返りホルモンを増やす食事で、心身を若々しく保つ

・・・うつ状態などの症状が現れるようになります。何となく元気が出ずやる気が起こらない人は、甲状腺ホルモンの分泌が減っているかもしれません。 注意したいのが甲状腺ホルモンの分泌異常によって起こる病気と、更年期障害の症状が非常によく似ているという点です。 甲状腺ホルモンの分泌が活発になりすぎる「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」では、のぼせやほてり、発汗、体温上昇などの症状が現れます。 一方、甲状腺ホ・・・

2022/01/13  3
更年期女性

医師が解説!ツラい更年期障害を上手に改善する基本

更年期障害とは、どのような症状がある? 更年期とは、個人差はありますが、閉経を迎える45歳くらいから55歳くらいまでの約10年間を指すことが一般的です。女性ホルモンの減少により、ホルモンバランスが・・・

2022/01/11  23
顔はほてるが手足が冷えてつらいなら、冷え取りを

更年期:顔がほてるが手足が冷える人は「冷え取り」を

・・・は男性よりも筋肉の量が少ないうえ、更年期になると女性ホルモンの減少と加齢によってさらに筋肉がやせて減ってしまいます。そのため、熱の産生量も減り、からだが冷えるのです。 ただし、更年期世代の冷え=更年期障害とは限りません。甲状腺ホルモンの分泌が低下する甲状腺機能低下症や橋本病、貧血、心臓病や腎臓病などが潜んでいる危険もあります。 まずはかかりつけの婦人科を受診して検査を受け、これらの病気を除外して・・・

2022/01/10  0
更年期障害の症状を緩和する、プラセンタ注射って何?

更年期障害の症状を緩和する、プラセンタ注射って何?

・・・ 美容成分として知られる、プラセンタ。プラセンタとは「胎盤」のことで、子宮内で胎児のへその緒とつながっていて、酸素や栄養を供給する役割がある組織です。 この胎盤から抽出されたプラセンタエキスに更年期障害の症状をやわらげる効果もあることから、一度使ってみたいと思っている人もいるでしょう。 プラセンタエキスには、各種のアミノ酸をはじめ、脂質、糖質、ムコ多糖類、ビタミン、ミネラル、核酸や酵素などの生・・・

2022/01/06  2
余った黒豆で作るアレンジ料理とは?

余った黒豆で作るアレンジ料理とは?

・・・nbsp; 黒豆の黒い色は、アントシアニンの色素によるもの。アントシアニンは、抗酸化作用があり、視力低下や疲れ目、眼病予防の効果が期待できます。   また、イソフラボンは、更年期障害や骨粗鬆症の予防、動脈硬化による心臓病や脳卒中などを予防する効果があるといわれています。   ビタミンEは、抗酸化作用があり、体内細胞を若々しく維持し、老化防止に役立ちつといわれ・・・

2022/01/05  7
更年期障害とは?症状別のおすすめ対処法を医師が解説

更年期障害とは?症状別のおすすめ対処法を医師が解説

更年期はいつからいつまで?更年期障害の原因は? 更年期とは、閉経の前後5年間を指し、一般的にはだいたい45歳から55歳までの約10年間を指します。女性ホルモンの減少により、ホルモンバランスが乱れ、体だけでなく自律神経や心の・・・

2022/01/04  1
更年期障害におすすめの漢方薬は?

更年期障害におすすめの漢方薬の種類をタイプ別に紹介

更年期障害の症状を改善するには、ホルモン補充療法(以下HRTとする)が即効性も高く有効ですが、持病などでHRTが受けられないときには漢方治療がよく行われています。また、HRTを行うと最初に軽い副作用があらわれる・・・

2022/01/03  2
更年期障害を市販薬で乗り切りたい。薬の選び方と注意

更年期障害を市販薬で乗り切りたい。薬の選び方と注意

「これって更年期障害かしら?」と感じるような症状があらわれたときや、病院に行くほどではない軽い症状のとき、まずは市販薬を試してみたい人もいるでしょう。 本来なら婦人科にかかって診てもらうのがベストですが、それができ・・・

2021/12/27  1
更年期の口の渇き・喉の異物感…ドライマウスの原因は

更年期の口の渇き・喉のつかえ…「ドライマウス」とは

・・・その他、しゃべりづらくなって仕事に支障をきたしたり、おしゃべりがしにくくなってストレスがたまったりと、人によって悩みもさまざまです。 自律神経が乱れる更年期はドライマウスになりやすい! ドライマウスは更年期障害だけでなく、別の病気が原因の場合もあります。例えば、「シェーグレン症候群」という自己免疫疾患の一種では唾液の分泌が減少するほか、目や鼻の粘膜も乾燥します。 更年期障害でも目や鼻の乾きは起こる・・・

2021/12/26  0
更年期の心身の不調や変化を相談する、病院の探し方

更年期障害について相談・受診できる病院の探し方は?

・・・のかかりつけ医がいないと、更年期にさまざまな不調が現れてから、慌てて病院を探すことになってしまいます。 かかりつけ医を探すときはまず、どんな病院が自宅の近くにあるのか、情報集めから始めましょう。更年期障害の場合、婦人科または産婦人科を訪れる人が多いと思います。 日本女性医学学会のホームページでは、全国の更年期治療の専門医がいる医療機関を検索できます。また、友人や知り合いの口コミも頼りになる情報源・・・

2021/12/23  1
更年期以降のQOLを上げるホルモン補充療法HRT

更年期以降のQOLを上げるホルモン補充療法HRT

更年期になって女性ホルモンの分泌が急激に減少すると、その変化に体がうまく反応できず、さまざまな不調が現れます。これが更年期障害です。 治療では一つ一つの症状に個別に対処することもできますが、根本的な原因にアプローチできる治療法があります。それが通称HRTと呼ばれる「ホルモン補充療法」です。その名の通り、減少した女性ホル・・・

2021/12/16  1
更年期で自律神経のバランス乱れると起きる、めまい

更年期で自律神経のバランス乱れると起きる、めまい

・・・起こすことがあります。 めまいが起こると、「何か悪い病気かもしれない」と不安に思う人も多いもの。実際に、めまいには何らかの病気が隠れている場合もあります。 そこで、めまいや耳鳴りに関しては更年期障害の症状と考える前に、まずは他の病気の可能性がないか、病院を受診して医師の診断を仰ぐことが大切です。 このような症状をきたす代表的な病気には、メニエール病、良性頭位回転性めまい、前庭神経炎などがあ・・・

2021/12/13  2

ページ先頭へ