"更年期障害"の検索結果

59
トメサイズ12:自律神経の整え方!

トメサイズ12:自律神経の整え方!季節の変わり目に

・・・サイズ 老いるとは?50歳はココロとカラダの曲がり角! 50歳からの人生が楽しくなる生き方とは? 「上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ」の記事一覧 50代女性が気を付けたい自律神経失調症と更年期障害

2021/10/23  2
更年期の疲れ、だるさ、倦怠感をどうにかしたい!

更年期の疲れ、だるさ、倦怠感をどうにかしたい!

・・・査や治療をしてください。産婦人科を受診することをおすすめします。 体の疲れやだるさ・倦怠感は、とてもありふれた症状ではありますが、あまりに強いときや何日も長引く場合は、放っておいてはいけません。更年期障害が原因と考えられる場合であっても、自己判断は禁物です。 バセドウ病や橋本病といった甲状腺の病気や貧血・膠原病なども更年期の時期の女性によくみられる異常です。一度は採血してこれらの項目をチェックし・・・

2021/10/21  2
気になる耳鳴り、実は更年期の症状かもしれません

気になる耳鳴り、実は更年期の症状かもしれません

更年期はちょうど年齢的に耳の機能が衰えはじめる年齢であること、そして更年期障害による自律神経の乱れが加わることもあり、耳鳴りは比較的よく見られる症状の一つです。 そもそも音を聞く耳の働きは、加齢によって衰えていきます。「加齢性難聴」といって、いわゆる耳が少し遠くなった状態・・・

2021/10/21  0

更年期はいつから?不調や症状は何歳まで続く?

・・・まで急激に落ち込み、そのせいで体内に混乱が生じ、心身にさまざまな不調と症状が現れるようになります。55歳ごろになると、女性ホルモンの分泌はほぼなくなります。 最近では、更年期よりもやや早い年齢で更年期障害のような症状に悩まされる人も増えています。「プレ更年期」といい、30代後半から40代前半を指します。この年齢は女性ホルモンの分泌が減少しはじめる時期とはいえ、更年期ほど急激に減少するわけではありません・・・

2021/10/14  72
更年期後に気を付けたい病気

【更年期】閉経後の女性が注意すべき病気と体調不良

・・・密接に連携しています。 つまり、女性ホルモンの分泌を促す過剰な刺激が、同じく視床下部が司る自律神経にまで及び、影響してしまうのです。その結果、全身にさまざまな不調が現れることになります。 更年期障害ではホットフラッシュ(のぼせや大量の発汗)をはじめ、動悸、息切れ、めまい、頭痛、冷えといった症状が現れますが、これらは「自律神経失調症状」です。 また女性ホルモン、特にエストロゲンは、脳、血管、・・・

2021/10/06  256
セックスレス

50代夫婦の7割超がセックスレス…何歳までする?

・・・素肌をなで合う、肌と肌をくっつけて眠る、さらには髪をなでる、手をつなぐなどの行為でも十分で、お互いに心地よいと感じる夫婦間の触れ合いが大切だと言います。 「50歳前後は、多くの女性が閉経を迎え、更年期障害が出てくる時期。汗が止まらないホットフラッシュや、だるさや眠さといった特有の症状に加え、濡れにくくなることで性交痛が生じやすくなるという問題も……。性交を停止した年齢に50・・・

2021/09/29  25
夫源病の原因になるモラハラ夫の例「わしも族」

夫源病の原因になるモラハラ夫の例「わしも族」

・・・」の原因は夫のモラハラにある 夫源病連載2 夫源病の改善方法は我慢し過ぎないこと 夫源病連載3 妻側が配慮したい、男性の更年期とは?その原因は 夫源病連載4 男性の更年期障害の治療方法は?どう対処すべき? もしかして夫源病?夫にストレスを抱える女性たちの声 コロナ禍で離婚の意思が高まった50代夫婦の関係性 コロナ禍の50代夫婦!以前の関係性にはもう戻れない 卒婚と・・・

2021/09/26  5
更年期の月経異常はなぜ起こる?

更年期と生理の関係性。 月経異常の対処法とは?

・・・せず、卵胞の消失や排卵の停止など卵巣機能が低下するため、分泌量が減少するのです。 女性ホルモンが上手く出せなくなった結果、当然ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れます。それによって起こるのが「更年期障害の症状」です。更年期障害の症状の主なものには、のぼせやほてりなどの「ホットフラッシュ」や、頭痛、イライラ、うつ状態、不眠、など多岐にわたります。 また、更年期に入ったサインの一つとして、月経周期・・・

2021/09/20  33
更年期の女性ホルモン&セックスの関係性

医師に聞く!更年期の女性ホルモン&セックスの関係性

・・・であるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロゲン(黄体ホルモン)の影響を一生通じて受けている。特に、女性の体を守る役目を果たしているエストロゲンは、年齢によって分泌量が大きく変化するのだ。 更年期障害というのは、エストロゲンの急激な減少によって起こるといわれている。それを乗り越えて老年期といわれる年齢に入っても、高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病、骨密度低下による骨粗しょう症、骨盤底筋のゆるみによ・・・

2021/09/19  120
更年期のおすすめサプリ

医師監修!更年期おすすめサプリメントの種類と効用

・・・泌が急激に減少します。それによりホルモンバランスが乱れ、体や心に不調が現れることも多いでしょう。更年期に現れる不調を「更年期症状」といい、日常の生活に支障を与えてしまうほど強い症状が出てしまうものを「更年期障害」といいます。 更年期にはどんな症状がある? 更年期に見られる症状には、どんなものがあるのでしょうか。代表的な更年期の症状をご紹介します。 【更年期の症状1】ホットフラッシュ・・・

2021/09/13  12
味噌の栄養素って? 簡単な味噌レシピは?

味噌の栄養素って? 簡単な味噌レシピは?

・・・味料で、日本では1300年以上前から作られている古い歴史があります。主原料である大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど良質な植物性タンパク質。コレステロール値を下げるリノール酸や、女性ホルモンと似た働きをして更年期障害の改善や美肌効果が期待されているイソフラボンなどが豊富に含まれています。   栄養たっぷりな大豆が発酵や酵素作用によって味噌になるとパワーアップ! アミノ酸やビタミンなどが大量に・・・

2021/09/12  9
膣の更年期「GSM」!陰部のかゆみ、においの原因に

陰部のかゆみ、尿やおりものの臭いの原因は膣の更年期

・・・ 頻尿 尿漏れ 「上のような症状がある場合は、GSMの可能性があります」と話すのは、女性医療クリニックLUNAグループ 理事長で、泌尿器科医の関口由紀(せきぐち・ゆき)さんです。 更年期障害の典型的な症状として、ホットフラッシュや抑うつ、不眠などが知られていますが、それは一時的なもの。これに対して、GSMは長期にわたって悪化し、生活の質に悪影響をじわじわ与えてしまうのだそう。 「中・・・

2021/09/09  54
更年期障害によるうつ症状の体験談

【体験談】更年期うつからホルモン補充療法の開始まで

・・・吐が2週続く 現代の日本人女性の平均的な閉経年齢は50~52歳。私はちょうど55歳になったときに閉経を迎えました。それまで「寝汗をかく」「汗が出て化粧ノリが悪い」「月経痛がひどい」程度の更年期障害と思われる不調がありましたが、乳がん、子宮がん検診でも特に問題がなかったため、異常な発汗や月経痛も、だんだん月経が飛び飛びになっていく状況と合わせて考えて、「誰にでも来る閉経が近づいているサイン」だと・・・

2021/09/07  14
「夫源病」セルフチェックリストと対策

その体調不良は夫源病?原因チェックリストと対策方法

・・・ellip;、その症状はさまざま。夫へのストレスが原因で、女性の心身にトラブルが現れる病を『夫源病』と言います」と、石蔵さんは話します。 その症状から、病院でも単なる不定愁訴(ふていしゅうそ)を更年期障害として、片付けられる場合も少なくないそう。けれどいくら薬で抑えようとしても、夫に対するストレスを取り除かない限り、改善は難しいといいます。 「特に女性は、閉経前後の約10年間の更年期に、卵巣の機・・・

2021/09/03  63
自律神経失調症と更年期障害

自律神経失調症のセルフチェック&今すぐできる対策

・・・ソワソワしたり、急に不安になったりするってことなんですね? でも、先生?これらは最近の症状ですが、実はここ何年も、頭痛やほてり、手足の冷えで、なんか不調だなって日々が続いています。 これは更年期障害だろうと自己診断していたのですが、正直、自律神経失調症との違いがわかりません。 【鹿目医師】うんうん、これは複雑なので、わからなくても当然ですよ。まず自律神経失調症について説明すると、これは一般・・・

2021/09/02  27

ページ先頭へ