更年期に着てはいけない!汗が目立つ服

更年期の汗ジミ問題!汗が目立たない服と汗取り下着

公開日:2021/07/10

6

更年期障害のホットフラッシュの影響で「汗が止まらない」などの症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、暑い季節。出先で汗ジミを気にしなくて済む洋服の選び方と、汗取りインナーをご紹介します。

汗ジミが目立たない服とは?
汗ジミが目立たない服とは?

更年期の滝汗問題…汗ジミが恐怖すぎる件

汗ジミ服

いわゆる「ホットフラッシュ」と呼ばれるのぼせやほてりは、更年期障害の代表的な症状の一つ。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなかったりなどの症状が現れるので、お悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

また、温暖化に伴って気温が上がる昨今。外出先で「汗ジミができてショック!」 とならないようにするには、洋服の選び方に注意したり、汗取りインナーを上手に活用するのがおすすめです。

今回は、汗が目立たないアイテムの選び方と、脇や背中・胸などの汗が目立たない便利なインナーをご紹介します。 

【汗ジミ対策1】黒やネイビー、白は汗ジミが目立たない

汗ジミが目立たない服
出典:WEAR

夏場は、更年期症状と暑さのせいで汗が出やすく、多くの方のお悩みの一つに「汗ジミができてしまう」というのがあります。中でも汗ジミが最も目立つ色はグレーで、汗によって洋服が濡れてしまうと、その部分が黒っぽく見えてしまうので注意が必要です。

これは光の屈折の影響を受けるため。洋服の繊維の表面には凹凸があるため光が反射していますが、水が染み込むと凹凸がなくなり光が反射する量が少なくなるので、色が濃く見えるのです。

基本、白は光を反射し、黒は吸収します。洋服が濡れると、白は透明になり、黒は変化しないため、白と黒の中間であるグレーが一番目立ってしまうのが理由です。

なので、汗っかきの人はグレーは避けた方がいい色といわれています。その他、ブルーも汗をかくと、その部分の色の明るさ暗さを示す明度が下がって、汗ジミが目立つようになるので注意しましょう。

反対に、黒やネイビーといったダークカラーや白は、汗ジミを気にしなくてよいので安心です。黒やネイビーは、元から色が濃いので、汗で洋服の色が濃くなっても、汗ジミが目立ちません。

白い服も光を反射するので汗ジミが目立たないのですが、脇汗が付いたまま放っておくと黄ばみになってしまうので、その点は留意してください。

【汗ジミ対策2】ポリエステルやメッシュ素材は、汗ジミになりにくい

汗ジミが目立たない服
出典:WEAR

夏になると、コットンなど着ていて快適な素材を選びがちですが、実は汗ジミが目立ちやすいので注意が必要です。コットン素材は、吸水性は高いですが、繊維の密度が高いので乾きにくく、汗っかきの人だとさらに乾きが遅くなるため、汗が目立ってしまいます。また洗濯をすると縮みやすいという性質もあります。

そこでおすすめなのが、通気性と速乾性が高いポリエステルとメッシュ素材のもの。ポリエステルは、汗をかいてもサラっとした着心地を保てます。またシワや型崩れが起きにくいので、扱いやすいのもうれしいポイントです。汗をかくシーンでは、吸汗速乾・通気性ともに◎のポリエステル素材のTシャツがおすすめ。

また、メッシュ素材は、生地が網目状になっているので、あいた隙間から体の熱が外に放出されます。それによって、蒸れにくいだけでなく、体温の上昇も防いでくれる役割があり、夏場にぴったりです。

【汗ジミ対策3】ボーダーやチェックなどの柄ものは、汗ジミが目立たず安心

汗ジミが目立たない服
出典:WEAR

汗ジミを気にしないでおしゃれを楽しみたい方におすすめなのが「コーデに柄ものを取り入れること」。色や素材に加えて、柄ものを取り入れるだけでも汗ジミを目立たなくできるんです。単色の洋服を着ているときより、柄ものの洋服を着ているときの方が、汗ジミが目立たないので、積極的に投入したいもの。

なぜ汗ジミが目立たないかというと、柄の中に汗ジミが目立ちやすい色と目立ちにくい色が混ざっているため。とくに、定番のボーダー、ストライプ、ギンガムチェック、小花柄といったものの細かい柄は、変色した部分以外にも目線がいくため、汗ジミが目立ちにくくおすすめです。

また、袖口がピッタリしているデザインの洋服は脇汗が付着しやすく、汗ジミが目立ってしまうので注意して。アームホール(袖ぐり)が広く風通しの良い、フレアスリーブ、バルーンスリーブ、ドルマンスリーブなどが正解。トレンドの肩のラインが落ちたデザインのドロップショルダーも、アームホールが広くなっているので、汗ジミが気になりません。

次に、大人女性におすすめの汗取りインナーを4点ご紹介します!

【汗取りインナー1】敏感肌もOKな綿100%タンクトップ

汗にお悩みを持つ方は、汗取りインナーを上手に活用するのがおすすめです。通販カタログでおなじみの「BELLE MAISON(ベルメゾン)」から登場している「サラリスト(R)」は、発売以来シリーズ累計632万枚を売り上げる人気の汗取りインナーブランド。脇汗・汗ジミ・汗のベタベタやニオイなど、汗のお悩みを解消し、消臭機能や防水布付き汗取りパッドなど、それぞれの汗のお悩みにお応えした機能を備えています。

汗取りインナー・綿100%タンクトップ(吸水速乾・消臭)
汗取りインナー・綿100%タンクトップ(吸水速乾・消臭) 990円(税込)~/BELLE MAISON(ベルメゾン/サラリスト)

こちらは、敏感肌さんに人気を博しているコットン100%のタンクトップ。脇に縫い目がない筒編み設計なので、肌あたりが優しいのがうれしいポイントです。コットンは乾きにくくて暑いというイメージがありますが、さっと乾く高品質なコットンなので、涼しくて夏にぴったりの一枚です。

【汗取りインナー2】鎖骨の汗もOK!襟狭めタンクトップ

汗取りインナー・極薄なめらか襟狭めタンクトップ
汗取りインナー・極薄なめらか襟狭めタンクトップ 751円(税込)/BELLE MAISON(ベルメゾン/サラリスト)

極薄かつなめらかな肌触りで、猛暑日でもまるで着ていないみたいに涼しい吸水速乾インナー。汗をかいてもサラサラと快適な、うれしい吸水速乾機能が付いています。襟が狭めのタイプなので、鎖骨まわりの気になる汗をカバーしてくれます。抗菌防臭加工が施されており、気になる汗のニオイ対策もバッチリです。

【汗取りインナー3】消臭機能も◎綿100%フレンチ袖

汗取りインナー・綿100%フレンチ袖(吸水速乾・消臭)
汗取りインナー・綿100%フレンチ袖(吸水速乾・消臭) 1225円(税込)~/BELLE MAISON(ベルメゾン/サラリスト)

長め袖のトップスの下に着用する際に便利な、フレンチ袖の汗取りインナー。チクチクしない表示タ グなど、余分なものは取りのぞき、汗をかいてもすぐ乾き、雨の日の洗濯時にも安心です。消臭機能のある綿素材なので、気になるニオイもしっかりとケアしてくれる頼もしいアイテムです。

【汗取りインナー4】3層生地が脇を広くカバー!シルク混インナー

「ハルメク シルク混インナー」は、独自のシルク混素材が汗をさっと吸収&乾燥。汗ジミはもちろん、不快な汗ムレも気になりません。肌が透けるほどの極薄生地ながら、3層生地が脇部分を広くカバー!接触冷感と抗菌防臭と夏に心強い機能も!

以上、汗が目立たないアイテムの選び方と、汗が目立たない便利なインナーをご紹介しました。ぜひこの夏、汗を気にすることなく、おしゃれを楽しんでくださいね!

 

■もっと知りたい■

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ