サイズ・泡立ち・耐久性は?

【比較】100均3社の食器洗いスポンジ

公開日:2022.03.14

更新日:2022.05.20

キッチンで洗い物をするのに欠かせないスポンジ。100均のダイソー、セリア、キャンドゥにもスポンジがあり、使っている人も少なくないでしょう。この100均3社の食器洗いスポンジ、どんな違いがあるのか徹底比較をしていきます。

100均3社の食器洗いスポンジを徹底比較!

今回比較するのは以下の3つの商品です。

  • ダイソー:泡立ちバツグン!丈夫で長持ちネットスポンジ(以下、ダイソーのスポンジと表記)
  • セリア:カラフルネットクリーナー(以下、セリアのスポンジと表記)
  • キャンドゥ:ネットクリーナー(以下、キャンドゥのスポンジと表記)

【比較1】1個あたりの値段

ダイソーとセリアのスポンジは1袋に6個入り、キャンドゥのスポンジは5個入りです。いずれも110円(税込)なので、1個当たりダイソーとセリアのスポンジは約18円、キャンドゥは22円です。

【比較2】大きさの違い

左からダイソー、セリア、キャンドゥのスポンジ

それぞれを並べてみました。左からダイソー、セリア、キャンドゥのスポンジになっています。劇的な違いはありませんが、一番大きいのはダイソーのスポンジです。

いずれも引っ掛け用のループ付き

また、引っ掛けるためのループがついている点は、3社とも同じです。

【比較3】硬さ・柔らかさ

一番柔らかいのはセリアのスポンジ

実際に触ってみたとこと、一番硬さがあるのはダイソーのスポンジでした。握ると厚みを感じるので、スポンジの密度が高いのでしょう。

一方で、一番柔らかいのはセリアのスポンジ。写真のように握ってみると、指で押されることもありスポンジが薄く感じられました。

【比較4】持ちやすさ・泡立ち

どのスポンジも泡立ちは良い

実際にスポンジを使ってみると、大きな違いはありません。形が同じなので、持ちやすさでの違いはないと言っていいでしょう。

泡立ちも良いです。ただ泡立ちが最も持続するのはダイソーのスポンジです。スポンジの目が詰まっているからだと思います(写真はダイソーのスポンジ)。一方で、セリアのスポンジは泡がなくなるのが少し早いと感じました。

【比較5】水切れのよさ

水切れが良いのはセリアのスポンジ

水切れに関しては、セリアのスポンジが一番良いと感じます。先程の泡立ちの持続性の逆の感覚でしょう。

スポンジの目が詰まっているダイソーやキャンドゥのスポンジは、1回握っただけでは少し水分が残ってしまいます。

【比較6】耐久性・傷み具合

左からダイソー、セリア、キャンドゥのスポンジ

写真は左からダイソー、セリア、キャンドゥののスポンジです。1週間ほど使ってみたのですが、どのスポンジもすごくボロボロになるということはなく、表面のネットが切れることもありませんでした。

でもセリアのスポンジは、少し形がいびつになっているような気がします。まだまだ使えますが、柔らかい分傷みも早いかもしれません。

100均のスポンジの利点は、気軽に交換できること

ダイソー、セリア、キャンドゥのスポンジには、そこまで大きな違いがないことがわかりました。どのスポンジを使っても食器をきれいに洗うことができます。コストを考えると、ダイソーやセリアが良いのですが、家の近くに店舗があるなど最も買いやすいお店を利用するのが良さそうです。

100均のスポンジの大きなメリットは、価格が安い分、躊躇なく取り換えられることだと筆者は考えています。汚れてもすぐに交換ができるのです。いつでも清潔なスポンジが使えることを考えると、100均を利用するのも賢い方法ではないでしょうか。
 

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加