春の養生も大切に

何か始めてみませんか?

公開日:2024.05.13

こんにちは。女性のみなさまの美と健康のお手伝いをしております鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の岸村有子です。ゴールデンウィークも終わり、梅雨入り前の気候も良い今の時期は少しずつ自分のペースを取り戻していくチャンスです!

何か始めてみませんか?

今年は何をしましょうか?

今年は何をしましょうか?
ハルメク365 楽しく踊って痩せる!ZUMBAレッスン1 より
初心者にはなかなかハードです(笑)

以前から毎年ひとつは新しいことにチャレンジするようにしています。とは言っても、「意を決して今年はこれ!」というのは私の性分に合いません。

40歳を迎えた時、振り返ってみたら毎年新たな経験をしていたことが分かり、それであれば気楽に今後も続けていこうと思ったことがきっかけでした。

年を重ねるにつれて経験豊富になりますし、『新しいこと』を見つけることも、重い腰をあげることもなかなか難しくなりますよね。

幸いなことにハルメク365の動画を見る機会を得たので、『今年の何か』を探してみようと思います。まずは若葉マークの付いたZUMBAを始めてみようと思います。

春の手仕事 

春の手仕事
春のエネルギーたっぷりの春野菜たち

春の訪れとともに新鮮な野菜が届きました。

新鮮なうちに軽く下茹でをしたり、あく抜きをしたりひと仕事です。その後にそれぞれの野菜に合った料理に仕上げていきます。

我が家では、この時期一年で一番天ぷらが多くなるのもこの春野菜のおかげです。しかし……毎日天ぷらというわけにもいかないのでレパートリーを増やしました。

その中でも好評だったのが『白木の芽の胡麻和え』です。東北出身の友人から「タラの芽を胡麻和えにする」と聞き、きっとうまくできるはずと作ったら想像以上のおいしさでした。

春の手仕事
春野菜と海老のオイルパスタ
春の手仕事
白木の芽の胡麻和え
春の手仕事
アスパラの硬い部分をポタージュに

養生のはなし 

膝下の冷えやだるさ、むくみにマッサージを

冷房をつけることも増えてきました。また、ハルメク世代の私たちは上半身は汗をかいているのに、足元が冷えているなんてこともありますよね。

夕方になると膝下に重み、だるさ、むくみ、冷たさを感じたらぜひセルフマッサージをしてみましょう。

ポイントは足首から膝に向かって、全体を心地よい強さで擦り上げるように行うこと。足首と膝周りも念入りに。梅雨が近づくと症状が強くなりますので、今のうちから始めることが大切です。

マッサージオイル以外にも、お手元にあるお気に入りのボディークリームやボディーミルクでもOKです。

《おすすめのアロマ》
グレープフルーツなどの柑橘系:自律神経を整える、むくみや冷えに
ゼラニウム:イライラ解消、むくみの軽減に
ジンジャー:血流改善で冷え性に

春野菜の苦みを取り入れて

デトックスをすることで体の中も新しいことを取り込めます。旬のものは気持ちよい体作りの基本です。

■もっと知りたい■

岸村有子

「痛くて熱い」「古臭い」というイメージを持たれがちな鍼やお灸ですが、実はとても体に優しいものであることをお伝えしていきたいと思います。また食養生やライフスタイルをトータルで発信していきます。鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、漢方養生指導士、登録販売者。プライベートサロンLyS代表。インスタグラム

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事