大人の素敵なTシャツコーデとは?

50代女性!無地Tシャツをおしゃれに着る5つのコツ

公開日:2021/08/13

12

必須アイテム、無地Tシャツ。着まわせてコスパも抜群のアイテムですよね。でも「いつも同じような着こなしになってしまう」という声が聞かれることも。今回はそんな無地Tシャツを、大人の女性がいつもより少しおしゃれに着るコツをご紹介していきます。

50代女性が無地Tシャツをおしゃれに着る5つのコツ

大人女性におすすめしたい!無地Tシャツを着るときのコツは?

ベーシックな無地のTシャツを、より新鮮に着こなしてみませんか?

必須アイテムである、無地Tシャツは、ベーシックで着まわせて、コスパも抜群のアイテムですが、Tシャツ自体がカジュアルなアイテムで、デザインがごくシンプルなため、時には「いつも同じような着こなしになってしまう」「日常着になってしまって、おしゃれ感が出ない」という声が聞かれることもあります。

今回はそんな無地Tシャツを、大人の女性がいつもより少しおしゃれに着るコーデのコツについて、ご紹介していきます。

【Tシャツコーデ1】 オーバーサイズのTシャツに柄パンツの色を合わせて

Tシャツと同系色の柄パンツでエッジを効かせて 出典:WEAR

ダークカラーのオーバーサイズTシャツは、Tシャツの持つカジュアル感を和らげてシックに見せつつ、高見え効果や引き締め効果もあるので、50代の大人の女性にぜひおすすめしたいアイテムです。

コーディネートの中で色使いが多くカラフルな印象だと、子どもっぽいイメージになるため、カジュアルなアイテムをメインで着るときは色使いを絞るのがおすすめ。今回のコーディネートのように、Tシャツと同系色の柄パンツを合わせると、エッジの効いたおしゃれな雰囲気に仕上がります。

そして、足元にはホワイト系のシューズをプラスすると、夏のダークカラーコーデとしても重すぎず、抜け感が出てコーディネートをまとめてくれるので、ぜひマネしたいポイントです。

 

【Tシャツコーデ2】 白Tシャツはゆったり&短め袖でこなれた雰囲気に

カジュアルになりやすい白Tシャツはシルエットに気を配って 出典:WEAR

白の半袖Tシャツは、定番中の定番ですよね。何にでも合う万能アイテムではありますが、カジュアル感もかなり強いアイテム。また老若男女問わず愛用されているので、50代の女性はコーディネートで大人っぽくバランスを調整するのがポイントです。

例えばノースリーブなど、定番の白の半袖Tシャツとは少し違ったシルエットのものを選ぶのがおすすめ。今なら少しオーバーサイズやロング丈のものなどもトレンド感があって一押しです。

そしてコーディネートもデニムやカラフルなボトムスを合わせるのではなく、夏でもあえてブラウンやブラックなど、モノトーンやシックな配色で仕上げて。そこにジュエリーなどをアクセントとしてプラスすると、上品で大人っぽく、今年らしくあか抜けたコーデの出来上がりです。

 

【Tシャツコーデ3】Tシャツもフリルつきなら華やかで女性らしい印象に

華やかなデザイン入りTシャツは見栄えも着心地も満点 出典:WEAR

「Tシャツコーデがいつもシンプルになってしまう」「おしゃれにならない」と感じている方は、華やかなデザインを選んでみるのもおすすめです。

今はTシャツのようなコットンが多く配合されているカットソー生地を、フリルやギャザーなど華やかなデザインで仕上げたトップスも多く出ています。肌触りはTシャツと同じで快適、お手入れも簡単で、それでいて華やかさもあるので、一枚でもコーデの主役になってくれるのが魅力です。

特に今季は「袖コンシャス」とも呼ばれる、袖にデザインが入ったものもトレンドとして人気。その際、甘めのデザインになっていることが多いので、カラーは少し辛口で、引き締め効果もあるようなダークカラーのものが使いやすいです。甘くなり過ぎず、スカートからパンツ合わせまで、いろんなコーディネートに応用できるのでコスパの面でもオトクです。

 

【Tシャツコーデ4】ロング丈のベージュTシャツは上品で女性らしく着られる  

ベージュなどニュアンスカラーのTシャツは「買い!」 出典:WEAR

Tシャツ、と聞くと白や黒、グレーなどのベーシックな色味のイメージが強いですが、大人の女性にはベージュをはじめとする、どこかニュアンスのあるカラーのTシャツが一押し。

ベージュは今年のトレンドカラーなので、それだけであか抜けた印象に。また、あいまいなカラーなのでコントラストがきつくなり過ぎず、優しくフェミニンなイメージに見えるため、Tシャツコーデがカジュアルになり過ぎるのも防いでくれます。

シンプルな半袖Tシャツでもいいですし、写真のように少し体が泳ぐようなゆとりのあるオーバーサイズのTシャツを選んでおくと、チュニック風に着られたりと、よりコーディネートの幅も広がります。

【Tシャツコーデ5】サイドスリット入りTシャツはボトムスとなじませやすくて◎

サイドスリット入りTシャツは裾を出して着るときにぴったり 出典:WEAR

50代の女性には、気になるお腹やヒップまわりもさりげなくカバーできるし、着心地も楽チン、ということでTシャツの裾をインするのではなく、アウトして出したまま着るのが人気です。

そんなとき、サイドにスリットが入っているTシャツは優秀なので、ぜひチェックしてみてほしいアイテム。サイドにスリットが入っていることで、ボトムスとの境界線が目立ちすぎず、なじませやすいので、すっきり見えてこなれた印象に。

小花柄などのプリント入りスカートや、プリーツやシフォンスカートなど、少しボリュームがあるボトムスと合わせたときも、腰まわりがもたつくことなく、スマートに着られます。

大人の女性におすすめの無地Tシャツコーデのコツ、ぜひトライしてみてくださいね!

■もっと知りたい■

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

二の腕が痩せ見え! オススメ半袖の選び方

 

汗ジミ問題!汗が目立たない服とインナー

 

50代夏のストール活用術!冷房対策やオシャレに

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ