和風も洋風も楽しむ!信州おやつレシピ・1

横山タカ子さん&下平みさ子さんの手作りおやつレシピ

公開日:2021/02/16

4

連載「信州・四季の手遊(てすさび)」でおなじみの料理研究家・横山タカ子さん。実は、妹の下平みさ子さんも料理教室を開催しており、信州の食材を使ったお菓子作りが得意だそう。横山さんは和風、下平さんは洋風の信州のおやつレシピを紹介します。

横山タカ子さん&下平みさ子さんの手作りおやつレシピ
和風&洋風手作りおやつレシピ

料理上手な母の味が姉妹に受け継がれて

横山さんと下平さんがともに「食」をテーマに仕事をしているのは、料理上手の母親の存在が大きいそう。

「子どもの頃、長女の私、次女、三女のみさ子さんでご飯の用意を当番制でしていたんです。みさ子さんが一番丁寧で、評判がよかったんですよ。母は料理にうるさくて、そこから逃れたくて早く結婚したのかもしれません(笑)」と横山さん。

「親戚の中で誰か結婚すると“嫁呼び”といって、ごちそうする食事作りを手伝ったりもしていたね」と下平さん。

そんな二人は、それぞれ結婚後、どちらも転勤族で、社宅が隣同士になったことがあるそう。

「そのとき、私がみさ子さんにパンを教えたり、お茶の時間にみさ子さんの手作りのおやつを食べたり。母から教えられたことが、末の妹まで伝わっていることが、うれしいですね」(横山さん)

味の好みは違っても、素材へのこだわりは共通

素材へのこだわりは姉妹共通

二人の子どもの頃のおやつを尋ねると、「私が小さい頃は、郷土食の凍りもちとか、焼きイモとかね。今のようにおいしいおやつなんてあまりなかったなあ……」と横山さん。

下平さんは、「風邪をひいたとき、桃の缶詰をもらって、一缶全部食べてしまったことも。それと、引き出しに練乳があったの、覚えているでしょう? あれを盗み食いしていたの」と笑います。

それを聞いて横山さんも「今でも甘いもの好きだもんねえ」と笑顔に。

大人になっても仲睦まじい様子の姉妹ですが、同じ環境で育っても横山さんは甘いものが苦手で、下平さんは大好きと食の好みは違うそう。でも、身近な食材を生かし、調味料にも気を配る素材へのこだわりは共通です。

「りんごや寒天、くるみなど信州の素材を生かせば、それが一番おいしい。食事作りがあるので、おやつは簡単で、体にやさしいものをと心掛けています」(下平さん)

甘いものが苦手な姉、好きな妹、それぞれの甘糀

そんな二人は、栄養豊富で「飲む点滴」といわれる甘酒の素「甘糀」を、姉妹ともに手作りして常備しているそう。

甘いものが好きな下平さんは、母譲りのご飯が入った甘糀を作っているそう。一方、横山さんは「母の作った甘酒が甘くて苦手だったので、ご飯を抜いてさっぱりしたものを作って、今とても気に入っています」とのこと。

姉妹それぞれの甘糀の作り方を紹介しますので、お好みに合わせてお試しください。

横山タカ子さんの甘糀の作り方

横山タカ子さんの甘糀の作り方

  1. 糀300gに水500mLを注ぎ、炊飯器に入れる。
  2. そのまま2時間保温すれば、出来上がり。

下平みさ子さんの甘糀の作り方

下平みさ子さんの甘糀の作り方

  1. ご飯200g、糀200g、ぬるま湯(50℃)300mLを炊飯器に入れる。
  2. 3~5時間保温して完成。

これらの甘糀を使えば、ヘルシーで腹持ちもよいおやつがあっという間にできます。早速、横山さんの和風おやつレシピからチェックしていきましょう!

和風おやつレシピ:果物の甘糀がけ

和風おやつレシピ:果物の甘糀がけ

「ドライフルーツや果物に発酵の力をプラス。さっぱり食べられる一品です」(横山さん)

材料(1人分)

  • キウイ …… 1個(お好みで)
  • ドライフルーツ(プルーン、巨峰、干し柿) …… 適量
  • 甘糀(左ページ作り方参照) …… 大さじ3

作り方・レシピ

  1. ドライフルーツのプルーン、巨峰は5分ほど、ぬるま湯に浸す。
  2. キウイは、1cm角に切る。
  3. 器に、1と2、干し柿を入れ、甘糀をかける。

 

洋風おやつレシピ:甘糀ジュレのみかんソースがけ

洋風おやつ:甘糀ジュレのみかんソースがけ

「見た目も鮮やか! 甘酸っぱくて元気が出るおやつレシピです」(下平さん)

材料(作りやすい分量)

  • 甘糀(下の作り方参照) …… 100g
  • ぬるま湯 …… 100mL
  • ゼラチンパウダー …… 6g
  • みかん …… 2個(みかんの缶詰1/2缶でも可)
  • 水 …… 50mL
  • レモン汁 …… 小さじ1~2
  • コアントロー(リキュール)……小さじ1~2 

作り方・レシピ

  1. 甘糀にぬるま湯を加え、45℃くらいに温め、ゼラチンパウダーを入れて溶かす。
  2. 1を氷水にあてながらかき混ぜ、冷やし固める。
  3. みかんはへたを取って皮ごとよく洗い、8等分くらいに切って、ミキサーにかける。鍋に移し、少し煮詰め、冷めてからレモン汁、コアントローを入れる(すぐ食べ切る場合は、生のままでOK)。
  4. 好みのミニグラスなどに2を入れ、3をかける。

 

姉妹が常備するりんごペースト、アレンジが自在に楽しめます

続いては、りんごペーストの作り方をご紹介します。

横山さんは、りんごを蒸してブレンダーにかけたペーストを冷蔵庫に常備。下平さんは鍋で煮詰めて、レモン汁を加えた少し甘みの強いペーストをよく作るそう。

どちらもノンシュガーで、りんごの自然な甘さを味わえ、パンやクラッカーなどによく合います。

信州といえば、りんご。自然な甘さや酸味を生かした、姉妹それぞれのおやつを、作ってみませんか?

横山タカ子さんのりんごペーストの作り方

横山タカ子さんのりんごペーストの作り方

  1. りんごは皮ごと四つ割にして芯を取って蒸し、軟らかくなったら皮をとり、ブレンダーにかける。
  2. 一度、鍋で練り火を通し、保存瓶に入れる。

アレンジレシピ:りんごみそ
りんごペーストとみそを同量一緒にして練る。パンにつけてもおいしい!

下平みさ子さんのりんごペーストの作り方

下平みさ子さんのりんごペーストの作り方

材料(作りやすい分量)

  • りんご …… 2個
  • レモン汁 …… 小さじ2
  • 水 …… 約50mL

作り方

  1. 皮をむいて芯を取り、乱切りしたりんごを鍋に入れ、レモン汁、水を加えて、軟らかくなるまでふたをして煮る。
  2. マッシャーでつぶしながらジャム状になるまで煮る。
     

和風おやつレシピ:りんごそばがき

和風おやつレシピ:りんごそばがき

「りんごとそば粉がコラボした、優しい味わいを楽しんでください」( 横山さん )

材料(5人分)

  • りんご …… 1/2個
  • 水 …… 400mL
  • はちみつ …… 大さじ2
  • そば粉 …… 25g

作り方・レシピ

  1. りんごは皮ごと小さめのいちょう切りにし、水で煮る。
  2. 軟らかくなったら、はちみつを加え、そば粉を振り入れ、木べらで練りながら火を加える。

洋風おやつレシピ:ミニりんごタルト

洋風おやつレシピ:ミニりんごタルト

「ノンシュガーでりんごの甘酸っぱさが味わえるおやつです」( 下平さん )

材料(5個分)

  • 薄力粉 …… 100g
  • 全粒粉 …… 70g
  • 塩 …… ひとつまみ
  • 無塩バター …… 70g
  • 冷水 …… 約80mL
  • りんごペースト(左ページ作り方参照)…… 300g
  • 干し柿、いちじく、プルーンなどドライフルーツ …… 大1個

作り方・レシピ

  1. ふるいながら薄力粉と全粒粉をボウルに入れ、塩を加え、空気を入れるようによく混ぜる。
  2. 1に1cm角のバターを切り入れ、指先でつぶすように粉と混ぜ、そぼろ状にする。次に冷水を加え、全体を混ぜ、こねないように生地をまとめる。
  3. 2を5等分にしてそれぞれ厚さ1cmくらいに丸くして、約30分冷やす。
  4. 3を15cmくらいの円形に伸ばし、中央に薄くスライスした干し柿を置き、りんごペーストを60gをのせる。ギャザーを寄せて器状にして形を整える。
  5. 180℃に予熱したオーブンで25〜30分焼く。※途中で焦げ目がついたら、温度を下げる。
     

横山タカ子さん&下平みさ子さんの信州のおやつレシピでした。姉妹それぞれのこだわりが詰まった信州おやつレシピの数々。みなさんもぜひお試しくださいね!

★後編では、春におすすめのおやつレシピをご紹介します

■教えてくれた人

横山タカ子さん

よこやま・たかこ 1948(昭和23)年、長野県大町市生まれ。4人きょうだいの長女。長野市在住。身近な素材と郷土食を大切にする料理研究家。NHK「きょうの料理」などテレビ・ラジオで活躍。著書に『四季に寄り添い 暮らしかさねて』(信濃毎日新聞社刊)など。

下平みさ子さん
しもだいら・みさこ 1953(昭和28)年、長野県大町市生まれ。4人きょうだいの三女。上田市在住。料理好きな母のもとで信州に古くから伝わる郷土料理を学ぶ。現在、カルチャーセンターなどで料理教室も開いている。著書に『身体にやさしい信州のおやつ』(しなのき書房刊)。

取材・文=野田有香(ハルメク編集部) 撮影=小林キユウ

※この記事は雑誌「ハルメク」2020年4月号に掲載したものを再編集しています。

■もっと知りたい■


横山タカ子さんがおすすめするハルメクの鯖缶を販売中!

>>ハルメク 国産鯖の水煮缶(12缶)

ハルメク 国産鯖の水煮缶(12缶)

 

雑誌「ハルメク」で信州・四季の手遊び最新記事を確認!

横山タカ子の信州・四季の手遊び

横山タカ子さんの連載「信州・四季の手遊び」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ