落語自由自在(60)

午後のこみち~大ネタ強化デー~

公開日:2022.08.05

柳亭こみち師匠の独演会が観たくて、スタジオフォーに行きました。会場は、都電荒川線の庚申塚駅から、程近い所にあります。ここを訪れるのは3回目、こじんまりした良い会場です。

7月下席は鈴本です

こみち師匠は、配信で何度も観ておりますが、特に心を動かされたのは国立演芸場での独演会【こみち堂】で「七段目」を観た時でした。絶対行きたい、生の高座を聞きたいという思いがつのり、今日を迎えました。

場内は、平日の午後にも関わらず、常連の男性客ばかりでした。

7月下席は鈴本です

いよいよこみち師匠の登場です。画面で観ていた以上にかわいい方で、全身からオーラが溢れ出ています。

7月下席は上野の鈴本演芸場で、私が主任です。ギター漫談のペペ桜井先生から、一緒にやりませんかと誘われました。私の師匠に話すと何でも反対されますが、ペペさんは86歳ですから、お元気なうちに一緒にやりたいのですと伝えたら、お許しが出ました。

ここで盛大な拍手が湧きます。

皆さん楽しみにしていてねと言って、一席目の「徳ちゃん」に入ります。

「徳ちゃん」

徳ちゃんとは、売れない噺家の名前ですが、徳ちゃんよりも、焼き芋を両手に持って、かじりながら出て来る女性が印象な噺です。実際にそのシーンを目の前で観ると、そのド迫力に圧倒されました。笑わないお客がいる時の、これは武器ですね。

「小間物屋政談」

品物を背負って売り歩く小間物屋の小四郎が、盗賊に襲われた問屋の主人と、箱根山中で出会ったことから噺は始まります。

関西に商売に行く途中でしたので、着替え用に持っていた着物を着てもらい、西と東に別れて間もなく、小間物問屋の主人は亡くなってしまいます。たまたま二人は背格好も同じで、似ていたため、着ていた着物から小四郎が亡くなったものと間違えられて、運命が変わってしまうというお噺です。

こみちさんは、小四郎の女房の気持ちを、全面に出して丁寧に描きます。そして「もう背負うには及ばん」のおなじみのサゲまで、テンポ良く一気に畳み込みました。

お仲入り前、中島みゆきの「悪女」を熱唱。サービス精神旺盛です。

「品川心中・序」

お染めと私を重ねないでくださいと断ってから、噺を始めます。

かつては店のナンバーワンだったお染でしたが、お金の工面が出来ないため、心中をしようと決めます。相手を物色。貸本屋の金蔵に、白羽の矢をたてたことから始まる騒動です。

熱演する師匠のお染は、あまりにもハマリ役で、序だけでなく全編聞きたかったです。

大ネタ強化デーと銘打っただけに、笑わせながらも、じっくりと聞かせる上質の高座でした。

終演後、笑顔で見送ってくださったこみち師匠は、最後の最後までパワフルでした。

「品川心中・序」

 

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加