落語自由自在(49)

年に一度のお楽しみ「立川志の輔 独演会」

公開日:2021/09/22

6

東京會舘 丸の内本館 ローズルームにて、毎年行われる「立川志の輔 独演会」に行ってきました。今回は緊急事態宣言中。本当に開催されるのかしら? と前日まで不安でした。それだけに、出かけられると分かったときは、うれしかったです。

年に一度のお楽しみ「立川志の輔 独演会」
立川志の輔 独演会のチケットです

9か月ぶりの生落語会

昨年(2020年)11月の「柳家あお馬独演会」以来、9か月ぶりの生の落語会に心が躍ります。

東京會舘 ローズルームは、真打披露パーティーなどでもおなじみの場所。大空間にローズの花を描いた螺旋状のシャンデリアが映える、とても素敵な空間です。

9か月ぶりの生落語会

この会はいつもお食事をいただいてから、落語になります。並んだお料理は上品で、家では絶対に出せないプロのお味です。ただ例年と違うのは、向き合って食べるのではなく、全員が一方向をむいて黙食すること。コーヒーまでおよそ40分間、最高においしいランチでした。

いよいよ落語会の会場へ

いよいよ落語会の会場へ

お席は「と-14番」ですから、いろは順で7列目かと思いましたが、6列目でした。落語の演目「強情灸」では「へ-36」というシーンが出てきますが、ここでは「へ-○番」は、ありませんでした(笑)。

立川志の麿「狸賽(たぬさい)」

開口一番は、師匠の7番弟子志の麿さんです。

「落語には狸や狐がよく出てきます」といきなり話し始めましたが、そんなには出てきません。これは狸の恩返しの噺です。狸とばくち打ちとの会話にハラハラしたり、ほのぼのしたりでした。

三遊亭全楽「お菊の皿」

「お菊の皿」は「四谷怪談」や「牡丹灯籠」と並んで、100年以上も語り継がれてきた日本三大怪談話の一つです。怪談話にしては、笑いの多い噺です。全楽師匠は、若い衆を実にいきいきと描いていました。お菊さんも、かわいらしかったです。

ポカスカジャンの賑やかなステージの後は、いよいよ志の輔師匠の登場です。

立川志の輔「ねずみ」

昔の旅はほとんど歩きで、馬や駕籠(かご)はめったに使わなかったそうです。と語り出したので、演目は「ねずみ」だと分かりました。この噺、実は13年前に「志の輔らくごIN PARCO」で聞いています。あのときは、母も一緒でした。不意に、亡き母のことが頭をよぎります。

ねずみ屋の子どもと旅人との会話に、場内から笑いが起こります。ねずみ屋の主人の身の上話が始まると、場内は水を打ったように、静まり返りました。旅人が左甚五郎だという事は、簡単には明かさないはずが、今回は早めにその名がでてきました。

そして「ここで問題です」とクイズが始まります。ねずみ屋が繁盛して困るのは誰でしょう? 「そう、向かいの虎屋です」と言ったので、「ガッテンしていただけましたでしょうか?」 を期待したのですが……。そこは素通り、虎屋旅館の夫婦げんかに移り、サゲまで一気にたたみ込みました。

13年前より、ずっとパワフルな「ねずみ」に変貌していました。

いよいよ落語会の会場へ

ゴージャスな場所でのおいしいお食事と、志の輔師匠の落語。年に一度のぜいたくを存分に堪能しました。

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ