ボーダーの太さ、間隔、色でスリムに見せる

定番ボーダー服!スリム&おしゃれ見せのコツ

公開日:2021/08/16

更新日:2022/06/23

4

誰もが一枚は持っている「ボーダー」アイテム。 大人女性がボーダーを着用する際、やっぱりオシャレ見えが叶ったり、痩せ見えさせたいもの。そこで今回は、ボーダーの太さや間隔、色、シルエットで痩せ見えできる選び方のコツを3つご紹介!

大人女性におすすめのボーダーの選び方
大人女性におすすめのボーダーの選び方

ボーダー服!太って見せないためにはコツがいる

カジュアルコーデの定番アイテムである「ボーダー」。おうち時間が増えた今、肩肘の張らないリラックス感のあるカジュアルなボーダーアイテムは、大活躍してくれること間違いなし! 大人女性がボーダーを着用する際、やっぱりオシャレ見えが叶ったり、痩せ見えさせたいものですよね。

そこで今回は、ボーダーの太さや間隔、色、シルエットで痩せ見えを実現できる、選び方のコツを3つ伝授します!

【細ボーダー】大人っぽく決まりカジュアルになり過ぎない

ひと口にボーダーといっても、太さ、ピッチ幅で、かなり印象が異なってきます。例えば、カジュアルなイメージが強いボーダーの中でも、ピッチの細いボーダーは、大人っぽくエレガントな印象に。主張が控えめなので、全体的に優しくまろやかな印象を醸し出してくれます。反対に、幅が広い太ボーダーは見た目のインパクトが強いので、モード感が生まれたり、アクティブな雰囲気に。

また、細いタイプのものは、太いボーダーものより細見え効果も期待できるので、体型が気になる大人女性におすすめ。気を付けたいのはボーダーの間隔です。間隔が広いものは間延びして、着膨れして見えがちなので、間隔が狭いものを選ぶのが正解です。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

こちらは、肌触りが良く、着心地が抜群なワッフル素材のボーダーTシャツ。一見グレーのTシャツに見えるほどピッチ幅の細いボーダーは、カジュアルすぎず、大人っぽいきれいめコーデに一役買ってくれます。夏場は一枚で着用し、涼しくなってきたらシャツを羽織ったINに着用しても使えるので、一枚ワードローブに持っていると便利なアイテムです。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

大人女性におすすめなのが、画像のような細ボーダーのワンピース。サラッと着るだけでコーデが決まるので時短が叶い、忙しい朝に最適です。裾に向かってふんわり広がるAラインのワンピースを選べば、女性らしいコーデが完成します。大人っぽく軽やかなマキシ丈なら一枚でもサマになりますが、デニムパンツやリブパンツなどのボトムスとのレイヤードもおすすめ。肌触りの良いコットン素材のものなら、リラックスした着心地で、おうち時間やワンマイルウエアとしても◎。

【収縮色ボーダー】色で着痩せ効果を発揮して

ボーダーアイテムを選ぶ際、着痩せ効果を狙いたいなら、ブラックやネイビー、ブラウン、カーキなどの寒色系の収縮色を選ぶのが正解。それを意識してボーダーを取り入れると、スタイルアップにつながります。

反対に、レッド、オレンジ、イエローといった暖色系は膨張色なので、太って見えてしまうのでご注意を。また、淡い色よりは濃い色の方が、細見え効果が期待できます。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

こちらは、落ち着いた印象を醸し出してくれるブラウンカラーのボーダーTシャツを投入したコーデ。ブラウンは収縮色なので、上半身の痩せ見え効果が発揮されています。襟部分が共地使いになっているため、よれにくく、洗濯にも強いので、夏のマストアイテム間違いなし。ボトムスにも同じくブラウンカラーのリブパンツを持ってくることで、ボーダー特有のカジュアル感が弱まり、大人っぽい着こなしが叶っています。バッグとサンダルはブラックを選ぶことで、ぼやけた印象がなくなり、引き締まって見えています。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

規則的なピッチのモノトーンボーダートップスを主役にしたコーデ。ネック部分が詰まったデザインなので、フレンチシックな印象を醸し出しています。しっかりとハリのあるコットン素材のものを選べば、カジュアル過ぎず、幅広い方にマッチします。

そこに、ワイドシルエットのチノパンを投入すれば、気になるお尻や脚を上手にカバ―してくれて、大人女性にぴったり。レトロな雰囲気漂うカンカン帽をかぶることで、視線が上がり、スタイルアップ効果が発揮されています。カゴバッグを持つことで、夏らしいアクセントに。

【ゆったりボーダー】体のラインを拾わないサイズ感が正解

毎年同じように見えるボーダートップスですが、ピッチ幅や首元の開き具合、シルエットなどは、その年のトレンドに合わせてアップデートされています。

体型が気になる大人女性におすすめなのが、少しゆったりとしたものや、厚手のものといった、体のラインを拾い過ぎないタイプ。また、首元が少し開いたものですと、程よく大人女性の色香を演出することができますよ。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

こちらは、鎖骨のラインに沿って横長に緩くカーブのかかったネックラインを持つボートネックデザインのボーダーTシャツ。ボートネックは、デコルテラインを美しく見せてくれるので、大人女性におすすめ。ゆとりのあるシルエットで、体のラインを拾わないので、体型が気になる方にぴったり。

コットン素材で通気性が高く、サラッとした着心地で、暑い夏に最適な一枚です。また、UVカット加工が施されたタイプを選べば、日差しの強い日にも◎。

ボーダーアイテム
出典:WEAR

袖付け部分を肩より落としてあるデザインのドロップショルダーで、こなれ感を演出してくれる、リラクシーなワイドシルエットのボーダートップス。身頃が裾に向かい細くなるテーパードになっているため、スッキリとした着こなしが叶います。ややワイドシルエットなので今っぽく、また体のラインを拾わない点も、体型が気になる大人世代にうれしいポイントです。鮮やかなボトムスを合わせれば、オシャレ度が加速しますよ。

以上、定番アイテム「ボーダー」の太さや間隔、色、シルエットで痩せ見えを実現できる、選び方のコツを3つご紹介しました。ぜひ、今夏のコーデの参考にしていただけますと幸いです。

■もっと知りたい■

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

無地Tシャツをおしゃれに着る5つのコツ

二の腕が痩せ見え! オススメ半袖の選び方

 

汗ジミ問題!汗が目立たない服とインナー

 

50代夏のストール活用術!冷房対策やオシャレに

遠藤友香

ファッションディレクター。大学卒業後、アシスタントを経てスタイリストとし独立。ブランドショー(CHANEL、GUCCI、PRADA等)等で活動後、「ISTITUTO MARANGONI ミラノ校」FASHION STYLING修士課程修了。現在、新聞、TV、雑誌、WEB等、幅広い場で活躍。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ