食べられる8時間で意識したいこと

16時間ファスティング 体が喜ぶ食事のルーティン

公開日:2022.05.26

16時間ファスティング(断食)をしている私にとって、食事はとても重要。だから、栄養やバランスをしっかり考え、もちろんおいしさも忘れず、きちんと食べるように心がけています。

冬はホット、夏は常温

休ませることを意識したらここに辿り着きました」で書いたように、16時間ファスティング(断食)を続けています。

寒い時期は、胃の負担を考えつつ体を芯まで温めたいので、色んな食材のごちゃまぜスープを取り入れますが、気温の上昇と共に食するものも温度を下げます。

下げると言っても、キンキンに冷えたものでは胃腸への優しさに欠けるため、私は夏でも常温を好みます。

1日の最初に摂るのは、常温保管の砂糖不使用オーツミルクをベースにした手作りのスムージーやジュース。空腹にも優しい食のリズムを作っています。

冬はホット、夏は常温
オーツミルク200mlに、いちご5粒、茹であずき大さじ1、素焼きクルミ2粒、オリゴ糖10gをスムージーに

茹であずきは必需品

常温オーツミルクと共に欠かせないのが、茹であずき。

食物繊維が豊富なうえ、大豆同様にたんぱく質も含まれています。女性にうれしいポリフェノールや鉄分も摂れるので、大さじ1杯のあずきは私の食事の必需品です。

茹であずきは、圧力鍋を使えば20分。通常あんこを作るときは渋取りをしますが、私の場合スムージー用は茹でこぼしせずにそのまま加圧しています。

冷めたら、大さじ1杯ずつをラップで小分けして、冷蔵庫と冷凍庫で保管します。冷凍保存のコツは、平らに包むこと。

茹であずきは必需品
茹であずきを入れたスムージー

やっぱり体にはたんぱく質

暑くなると、どうしても喉越しの良いさっぱり目な食事になりがちですよね。健康痩せの大敵はプロテイン不足にあると思っている私は、たんぱく質を目いっぱい意識しています。

16時間の空腹後に摂る最初の食事はお腹に優しく、その次に食べるものはたんぱく質たっぷりのメニューに、最後に摂る食事では、炭水化物を減らすことを心がけます。

やっぱり体にはたんぱく質
はくばくの十六穀米にクロマイを1さじ追加したごはんに、牛の赤身を添えて

たんぱく質は、本気で摂ろうと思わなければ、なかなか十分というまでにはなりません。

食べて良い8時間の中で、しっかりと体づくりを意識した食事を心がけて、体が満足するたんぱく質量を補うことが大切です。

やっぱり体にはたんぱく質
塩こうじ漬け鶏ムネ肉をメインに、厚焼き玉子は白出汁で味付け、ブロッコリーと茹でタコのサラダ

 

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加