SNSで怖いと話題!愛する人を追詰めるリカが映画化

女優・高岡早紀!魔性の女が28歳の純愛サイコパスに

公開日:2021/06/18

1

女優・高岡早紀さんが主演する映画「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」。愛する人を追いかけて決して離さないリカの愛し方について、そして自身の恋愛観について伺いました。

SNSでもゾワゾワ怖いと話題!純愛サイコパスを熱演

SNSでもゾワゾワ怖いと話題!恋愛サイコパスを熱演

高岡早紀さんが主演している最新作「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」(2021年6月18日公開)は、オトナの土ドラで放送された「リカ」、「リカ リバース」(東海テレビ)シリーズの劇場版。自称28歳のリカは、運命の男性に出会うと、ピュアな愛情が炸裂!どこまでも男性を追いかけていく純愛モンスターと化すのです。

特に「雨宮リカ、28歳です」のフレーズが強烈なインパクトで、SNSでも話題になりました。この映画の裏側、高岡さんの恋愛観、そしてライフスタイルなどさまざまなお話をインタビューしました。

高岡早紀

―映画「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」、のリカは、運命の人と出会うと、その人しか見えなくなり、少しでも間に割って入る者がいると「死ねばいい」とつぶやきますよね。すごく怖いけど、愛に正直な女性です。高岡さんはリカの魅力について、どう考えて演じられていましたか?

高岡早紀さん(以下、高岡早紀)
リカの魅力はピュア過ぎるくらいピュアなところですね。ピュアな人って、純粋でいい人という印象を持たれますが、実はサイコパスと紙一重で怖い一面もあるんです。この映画は、リカの「ピュアだけど怖い」という性質がよく描かれています。彼女の言動は、一般的には理解しがたい愛情表現なのですが、彼女なりの正義を貫いていますし、何事にも惑わされない、誰の影響も受けない強さがあります。そこがリカのすごさだと思います。

―ドラマ「リカ」のシリーズで主演をしてきて、今回、ついに劇場版が公開されますが、映画化のお話があったとき、どう思われましたか?

高岡早紀
前日譚のドラマ「リカ〜リバース〜」が制作されると聞いたとき、「凄くうれしい」と思ったんです。「リカ」が好評だったからこそ「リカ〜リバース〜」もできたわけですから。だから映画化のお話もうれしかったのですが、内容がかなり衝撃的で、脚本を読んだとき、正直かなり驚きました。

高岡早紀3


―どのような驚きだったのでしょう?

高岡早紀
私はドラマでリカを演じるとき、生身の人間として演じてきましたが、映画のリカは超人的な純愛モンスターになっていたんです。確かにリカはサイコパスであり、愛を貫くために恐ろしい行為にも手を染めてきましたが、それに加え、映画ではアクション要素が加わって、リカがよりパワーアップしているんです。

どうやって演じていこうかととても考えたのですが、結局、行動が激しくなっても、リカの本質は変わっていないんです。だから、軸をぶらさず、これまで築き上げてきたリカを大切に演じようと思いました。

好きな人には自分の気持ちをまっすぐに伝えたい

好きな人には自分の気持ちをまっすぐに伝えたい

―リカは、愛する人に一途ですが、相手の出方を見るということはせず、とにかくアグレッシブに攻めますよね。「好き」という気持ちを隠さないし、愛情が深い。でもそれだけに裏切られると恐ろしいのですが、高岡さんの恋愛におけるアプローチは、どうでしょう?

高岡早紀
私もリカのように、好きな人には自分の気持ちをまっすぐに伝えたい方だと思います。でも彼女ほど盲目的にはなりませんし、裏切られたら逆上して、相手を突き詰めたりもしません(笑)。普通に大人の対応をしていると思います。

初のワイヤーアクションが楽しくて仕方がなかった!

初のワイヤーアクションが楽しくて仕方がなかった!

―この映画では、ワイヤーアクションにも挑戦されていますね。

高岡早紀
はい。これまでワイヤーで吊るされるシーンを撮影した経験はあるのですが、アクションまでやるのは初めてでした。実は憂うつだったんです。あまりアクションは得意ではないので。

でも、最初に軽く飛んでみたとき、体に全く負荷がかからずフワっと飛べたのです。吊るされている痛みもなく、本当に自然に飛べたので、楽しくて楽しくて……。夢中で演じていたら、準備を整えていたスタントの方から「高岡さん、私の出番がなくなります」と言われてしまいました(笑)。ぜひそのシーンは見ていただきたいですね。

高岡早紀(たかおか・さき)
1972年、神奈川県生まれ。1988年にデビューし、1989年、映画「バタアシ金魚」のヒロインのソノコを好演して話題に。1994年、深作欣二監督作「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の演技が絶賛され、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、キネマ旬報賞主演女優賞など、日本の映画賞を数々受賞した。その他の出演作は「KYOKO」(1996年)「モンスター」(2013年)「雪の華」(2019)「ファーストラヴ』」(2021年)など。2021年5月20日にエッセイ集『魔性ですか?』(KADOKAWA刊)を上梓。

「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」

「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」
(2021年6月18日より公開)
オトナの土ドラで大評判の「リカ」「リカ~リバース~」(東海テレビ)がついに映画化。
山中でスーツケースに入った死体が発見されます。被害者は3年前に逃走犯、雨宮リカ(高岡早紀)に拉致され行方不明になっていた男性。警視庁捜査一課の奥山刑事(市原隼人)は、偽名を使ってマッチングアプリに登録し、リカと計画的に出会い、おびき寄せる作戦を立てます。しかし、おとり捜査を続ける中で、奥山はリカにのめり込んでいってしまうのです。

監督:松本創
原作:五十嵐貴久「リカ」「リターン」(幻冬舎文庫)
出演:高岡早紀、市原隼人、内田理央、水橋研二、岡田龍太郎、山本直寛、尾身としのり、マギー、佐々木希


取材・文=斎藤香 写真=泉三郎 ヘアメイク=白川いくみ スタイリスト=寳田マリ 編集=鳥居史(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

  1. 本音があふれる!女優インタビュー記事一覧
  2. 中山美穂のキレイの秘密は…ストレスフリー生活にあり
  3. 松嶋菜々子!忙しい女優業と母親業を両立する秘訣
  4. 安田成美!外見ではなく内面を育てるために
  5. 高畑淳子!大人こそ恋愛や人生を楽しんでほしい
  6. 大沢たかお!俳優人生を見直す2年の休業と復帰の裏側
  7. 板谷由夏!焦りを経て気づいた自分らしい生き方
  8. 熊谷真実!18歳年下夫との幸せライフの秘密
  9. 元・宝塚トップ真飛聖!遅咲きだから女性を楽しみたい
  10. 松雪泰子47歳!運動とグルテンフリー食を続ける理由
  11. 永作博美!全てを持つ女性が幸福とは限らない
  12. 永作博美50歳!ストレス解消術は家事効率化?
  13. 黒木瞳!老化は怖がってもいい…自然体の魅力
  14. 鈴木保奈美!女優史上一番のダメ女を演じた舞台裏は?
  15. 室井滋!大人になって知った故郷の魅力
  16. 夏木マリの暮らし!格好良いスタイルの源は利便性
  17. 富司純子75歳!女優業のこだわりと暮らし
  18. 国生さゆり!元アイドルが乃木坂46遠藤さくらの母に
  19. ミニスカ伝説のモデル!ツイッギーは今何してる?
  20. 松下由樹!葬儀社の役作りで気付いた終活の意義
  21. オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ