ちぐはぐNG!コーデに使う色は何色までが正解?

使う色は「3色以内」が基本!冬おすすめコーデ術

公開日:2022/01/25

更新日:2022/01/26

2

冬は身に着けるアイテム数が増えるせいか、コーディネートがごちゃごちゃしているように感じることも。 それは「色の数が多すぎるせい」かもしれません。一度のコーデに使う色は3色以内がベスト。冬のコーデ例とともにご紹介。

全身は何色まででコーデすべき?

全身のコーディネートの中で使う色は、基本的には3色以内がバランスがよくてオススメですが、2色程度の同系色でまとめるトレンドのワントーンコーデもイチ押し。冬ならではの着痩せ配色や柄アイテムの取り入れ方まで、ぜひチェックしてみてくださいね。

【色コーデ1】一度に使う配色は3色以内がベスト

出典:WEAR

コーディネートで使うカラーは、基本的には3色以内にまとめるのがベスト。バランスがよく、統一感も出てすっきり見せることができます。

冬は特に重ね着をすることや、防寒グッズを取り入れることで、身に着けるアイテムの数が夏よりもぐっと増えますよね。そのため、色使いがバラバラになってしまうとまとまりがなく、ごちゃっとした印象に見えてしまうことも。

特に黒、紺、茶、グレーなどのダークカラーは、つい一つのコーディネートに何色も使ってしまいがち。いまいちおしゃれに見えないな……と感じる場合は、使っている色が合計3色以内かどうか、チェックしてみてもいいかもしれません。

【色コーデ2】3色以内で、インナーの上下を揃えるとほっそり見える

出典:WEAR

コーデに使う色は3色以内、という基本ルールを守りつつ、インナーのトップス、ボトムスの色を揃えると縦長さが強調されて、ほっそり見せてくれます。

特にダウンジャケットやオーバーサイズコートなど、面積が大きいアウターはボリュームが気になりますよね。そんなコーデに、冬の着痩せテクニックとしてぜひ試してみてくださいね。

【色コーデ3】あえて2色以内の同系色でまとめるワントーンコーデ

出典:WEAR

「ワントーンコーデ」と呼ばれる着こなしなど、今年は同系色でまとめたコーディネートも引き続きトレンド。

写真のように、アウターとボトムスの色を揃えてセットアップ風に着るコーディネートも人気がありますよね。あえて2色使い程度にとどめても、旬の着こなしが簡単に楽しめておすすめです。

【色コーデ4】柄アイテムは、同じ色を拾って組み合わせて

出典:WEAR

配色に関して、ちょっと迷ってしまうのが柄のアイテム。例えばニットなど、一つのアイテムに何色もの色が入っているものを着るときは、それ以外のボトムスや小物は、ニットの柄に使われている色からピックアップして合わせるのがおすすめ。

チグハグにならず、まとまりのいいコーディネートに仕上がります。派手に感じられる柄アイテムも、このルールさえ守っておけば自然に取り入れられるはず。

ぜひ試してみてくださいね!

■もっと知りたい■

50代から!大人の等身大おしゃれファッション>>

 【2022流行】きちんと系ワイドパンツ

大人のデニムコーデ!重要なのは「色」

黒パンツが便利!毎日使える万能コーデ4選

オトナ女性の新常識!?イマドキ情報一覧はコチラ>

machiko

ファッションライター/19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌やアパレルブランドの販売やPRとして勤務したのち、ファッションライターに。毎日がより楽しくなるようなファッション情報をお届けしたい、という想いのもと、WEBをはじめ、雑誌、TV、ラジオなど様々な媒体で活動しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ