水を使えばタオルに早変わり!

【100均】圧縮タオル!旅行・アウトドア・防災に

公開日:2022/05/04

0

外出やアウトドア、旅行などにタオルを持っていくこともあると思います。でも意外とかさばりませんか?100均ダイソーの「コンパクトタオル」なら、圧縮され小さくなっているので持ち運びも楽。水をかけるだけで、あっという間にタオルに早変わり!

【100均】圧縮タオル!旅行・アウトドア・防災に

100均ダイソー「圧縮タオル」とは?

「コンパクトタオル レギュラーサイズ」

100均ダイソーで売っている「コンパクトタオル」は、ぎゅっと圧縮された形になっています。そのため「圧縮タオル」と呼ばれていて、持ち運びがとても楽と評判も上々。種類は3種類あり、それぞれ110円(税込)。

  • コンパクトタオル レギュラーサイズ 21×26cmが8枚入り(以下、レギュラーサイズ)
  • コンパクトタオル ラージサイズ 23×35cmが6枚入り(以下、ラージサイズ)
  • コンパクトタオル スモールサイズ 16×26cmが20枚入り

今回使うのはレギュラーサイズとラージサイズです。個包装になっていて、1個ずつの持ち歩きも便利。

【100均・圧縮タオル1】タオルにしたときのサイズ感は?

左からボックスティッシュ、圧縮タオルのレギュラーサイズ、ラージサイズ

まずはレギュラーサイズとラージサイズを広げたときの大きさを比較してみました。わかりやすいように、一般的なボックスティッシュ1枚と比べています。

写真は左からボックスティッシュ、圧縮タオルのレギュラーサイズ、ラージサイズです。ラージサイズになるとかなり大きくティッシュの2倍ほど!

【100均・圧縮タオル2】実験!タオルに戻すのに必要な水分量

コンパクトタオルは水を吸収すると膨らみ、柔らかくなってタオルとして使えるようになります。その際に水がたっぷりあれば全く問題ないのですが、外出時やアウトドアでは限られた水で戻すことになりそう。実際にどのくらいの水があれば元に戻るのか、まずはレギュラーサイズで試してみました。

小さじ1杯5mLの水をかけてみる

小さじ1杯分5mLの水をかけてみます。

水をかけた部分は膨らむが、下の方は乾燥したまま

上の部分は水を吸収して膨らむのですが、下の部分はまだ乾燥しています。無理に開くと破れてしまいそうになります。

レギュラーサイズは10mLの水で膨らむ

コンパクトタオルをひっくり返して、さらにもう1杯分5mLの水をかけてみました。そうすると全体的に膨らみ、タオルも開きやすくなりました。

レギュラーサイズを開いた状態

これが開いた状態。タオル全体が濡れている状態です。水をたくさん使って戻してしまうと、戻した後でその水を絞る必要があります。でも10mL程度の少ない水で戻せば、タオルを絞る必要がなくなります。そのため、少ない水で戻した方がよいのではないかと思います。

触った印象では、厚手のウェットティッシュほどの水分量ではないかと感じました。

【100均・圧縮タオル3】実験!ラージサイズはどのくらいの水で戻る?

「コンパクトタオル ラージサイズ」

次はラージサイズで試してみましょう。レギュラーサイズと同じように小さじ1杯5mLから試してみます。

小さじ1杯5mLの水をかけてみる

小さじ1杯目では、ほぼ膨らみません。

硬さがあり、開くことはできない

まだ硬さがあって、開くこともできませんでした。

小さじ2杯目10mLの水でも硬さが残る

小さじ2杯目。合計10mLの水をかけましたが、下まで水が到達していないので、膨らみも足りないです。

小さじ3杯目、合計15mLの水でかなり膨らんだ

そして小さじ3杯目。合計15mLの水をかけるとかなり膨らみました。

15mLの水でタオルになる

この状態で開くことができました。湿り気があり、汚れなどを拭き取ることもできます。

【100均・圧縮タオル4】生地の肌触りは少しカサカサだが、厚手で丈夫

少しカサカサした肌触り

コンパクトタオルといっても、一般的に使うタオルの素材とは違い、パルプ100%でできています。自宅で使っているような綿100%のタオルとは肌触りも違ってきます。カサカサとした感触です。

厚手のウエットティッシュもしくはやわらかいキッチンペーパーを水で濡らしたような感覚です。

とはいえ、コンパクトタオルは比較的丈夫で、少し引っ張ったくらいでは破れません。基本的には使い捨てになるのでしょうけれど、乾かして2~3回は使えるのではないかと思えてしまうほどの丈夫さです。

2回、3回目はキッチンの掃除などで使うのもおすすめ

捨てる前に、キッチンの台拭きに使ったり掃除で使うのもオススメです。

【100均・圧縮タオル5】コンパクトタオルの使い道

コンパクトタオルの特徴は、その名の通りとてもコンパクトであることです。持ち運びにかさばりませんし、とても軽く化粧ポーチにも入るサイズです。

そのため荷物を多くしたくない旅行や、通勤の際に持っていると良さそうです。例えば梅雨時期や急な雨のお助けタオルとして持ち運べます。水(ミネラルウォーターや水筒)を持ち歩いているならばそれで戻せますし、駅やお店のトイレを活用することもできそうです。

さらに防災グッズの中に入れておくのもオススメ!これで災害時でも清潔なタオルを使うことができますね。

【100均・圧縮タオル6】使う際の注意点

コンパクトタオルは水分を含むと急激に膨らんでしまうので、口や鼻には絶対に入れないようにしましょう。また耳に入れても取れなくなってしまうことがあります。小さいお子さんがいる場合には、口の中に入れてしまうこともあるかもしれませんから、手の届かない場所など保管場所にも注意をしたいですね。

 

100均ダイソーで売っている「コンパクトタオル」は、それぞれ110円(税込)です。タオルを持ち歩くよりも楽ですし、いざというときにも使えますね。ダイソーの旅行関連の商品のところに並んでいることが多いようです。気になる方は、ぜひ使ってみてください。

■もっと知りたい■

川崎さちえ

フリマアプリの専門家、そしてお得情報大好きライターとして記事を執筆。日常生活の中で無理なくできる節約術や快適生活術をお伝えしています。生活情報サイトAll Aboutのフリマアプリガイド。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ