いつのまにか、心と体が悲鳴をあげていました

えっ、まさか、私が介護うつ?

公開日:2022/01/04

5

認知症の介護者が陥りやすい「介護うつ」。2016年から、ずっと父(82歳)のワンオペ介護でがんばってきた私は、自分でも気が付かないうちに、心と体が悲鳴をあげていたようです。

えっ、まさか、私が介護うつ?

涙があふれて止まらない……

涙があふれて止まらない……

2016年から週1で実家に通いながら、認知症の父(82歳)を介護しています。

2021年10月下旬ごろ、私の体調は最悪でした。

両肩には、いつも重い石が乗っかっているようで、肩こりがひどく、首筋が突っ張るように痛いので、ピップエレキバンを何枚も貼らないと眠れないほどでした。

ある日、いつものように、実家から帰る車の中で、突然、涙があふれて止まらなくなってしまいました。

義姉にヘルプ

勝手に流れる涙をぬぐいながら、頭の中で、これはやばい状況では? と考えていました。

この状態は、噂に聞く「介護うつ」?

帰宅後、すぐに義姉(私が33歳の時に亡くなった兄の妻)にLINEし、いまの状態を説明。

義姉にヘルプ

けれど、文章は支離滅裂、何が言いたいのか自分でもよくわからない……。

義姉は、そんな私の様子がおかしいと思ったのでしょう。とにかく、明日、会おうという話になりました。

おいしいランチとたわいもないおしゃべりで復活

翌日義姉に会い、2人の共通の趣味でもある最近観たドラマや映画の話で盛り上がり、おいしいランチを食べて、私の気持ちも落ち着いてきました。

おいしいランチとたわいもないおしゃべりで復活

義姉とこんなふうに過ごすのはいつ以来だろう?

ずいぶん長い間、自分のために時間を過ごすということを、やっていなかった気がしました。

介護うつとは?

認知症の介護で介護者が陥ってしまうのが、介護うつです。

介護うつとは?

症状としては、

  • 慢性的な疲れや倦怠感
  • 無気力、無表情
  • 神経質
  • 食欲不振
  • 不眠症
  • 引きこもり
  • 気分の落ち込み
  • 自殺願望

などが挙げられます。

私の場合、慢性的な疲れや倦怠感、気分の落ち込みが当てはまります。

ワンオペ介護

私の場合、ワンオペ育児ならぬ、ワンオペ介護です。

ワンオペ介護

手助けてしてくれる母方の親戚は近所に住んでいますが、基本は私一人。

ケアマネさんとの交渉や主治医とのやり取りなど、すべて一人でこなし、一人で決断しなくてはいけません。

その重責が、気付かないうちに、介護うつになってしまった原因かもしれません。

介護はウィンウィンで

介護はウィンウィンで

いつも母の愚痴を聞いていたので、こんなに我慢している母がかわいそうと思い、自分のことは後回しにして、母の用事を最優先にしてきました。

自由に外出できない母に対して、罪悪感もあったのかもしれません。

けれど、そういう考え方がダメだったんですね。

介護は持ちつもたれつ、お互い我慢しないやり方でないと、続かない。

軽い介護うつ状態を乗り越え、今はそう思うようになりました。

 

■もっと知りたい■

家事代行会社に勤務。整理収納アドバイザー。子どもは男子3人。大腸の機能障害で、闘病中の3男が寛解したと思ったら、今度は実父(要介護1)が認知症に。ここ数年は看病&介護と縁が切れません。現在、週1で実父を介護中。認知症の父とのリアルな介護経験をつづっていきたいと思います。
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ