忘れないで、紫外線除け

人に吐き出せない悩みはどうする?まだ見ぬ友への手紙

公開日:2021/06/05

6

怒り、不安、悲しみ、人それぞれです。自分で解決するという方法を思いつきました。まだいない未来の友達に、思いつくまま手紙を書きます。

人に吐き出せない悩みはどうする?まだ見ぬ友への手紙
モデルとしてイスラエルの女性が来ました。とてもいい感じ。きりっとしています

人に吐き出せない悩みは、まだ見ぬ友へ手紙を書いて

腹の立つことも多いこの頃ですが、自粛ムードの中、まだ見ぬ未来の友達あての手紙に、悩みを思い切り吐き出してみることにしています。

実は自分の失敗から言えることですが、電話をかける……。一応「今電話大丈夫ですか」と、聞いてはいますが。わがままなので、友達から上からの目線で「なんか用事なの?」と言われると、用事じゃないけれど声が聞きたかっただけなのに……(元気そうで良かったと、電話は平和に終わるけど)。

まぁどういうんでしょう。気持ちがスッキリせずに解決もしない。

現実は相談した後の人間関係も気になり、なかなか一歩踏み込めない気持ちがある。子供は泣いたりわめいたりして成長する。大人はどうやって成長する?

悩みを抱え込み過ぎて、つらくなり過ぎる事もある。

毎日つけてる日記は、自分の死後、人に見られる可能性がある。「心の見える化」をするメモ帳、解決したら即破って捨てることにしていて、たいていの場合は一か月以内に悩み事は消えて無くなる。

また次の別の悩みで忙しくなるので 気持ちがそっちに行ってしまうんですが。

人に吐き出せない悩みは、まだ見ぬ友へ手紙を書いて
バレリーナ目指してるモデルさん、中学生だと言ってました

あわてるな! 人生はそんなに短くはない。しかしながら、たった一度の人生です。

怠けるな! 人生はそんなに長くもない。この頃切実に思います。

人間はついつい他人と自分を比較してしまう生き物。特に日本人の場合、集団での和を乱さない為にも他人の顔色伺い、

他人の行動や言葉に目をひからせ、自分と比べる傾向が強いですよね。

人は人、自分は自分なのにどうしてだろう。良く悪口を言う人ほど「不幸になる」と申します。楽しいのは一瞬だけ「人を呪わば穴二つ」ですね。

忘れないで、紫外線除け

おしゃれで帽子を被ることが増えると思います。

きりっとした印象の目(ちょっとつりぎみ)の方が似合う帽子の形、つばが直線がいいと思います。頭頂はへこんでいる形、柔らかな目の方が似合う帽子の形、つばが柔らかく頭頂がやまだか。顔の形(短い、長い、ひし形、卵型)でも似合う帽子があるようですが、被ってみて気に入ったものなら似合うと思います。

忘れないで、紫外線除け

暗い世の中にするも、明るい世の中にするも、自分次第じゃないかと思います。コロナ禍に於いても頑張ってる、今がチャンス! かもしれません。

私自身も、もがいている現状ですが、この状態にどう対応するか。まずは体が資本です。体が元気、ついでに心も無理やりでも元気にして日々過ごしましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

■もっと知りたい■

スミレ

高校の時に美術クラブに入り 油絵を始める。結婚し家庭に入り油絵はすっかり忘れて過ごしていたが、定年後に時間ができて絵を描きたいと思い、カルチャーセンターへ。だんだん面白くなり最近では展覧会に応募し、大作にも挑戦しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ