いつもと違うバス停で降り、お腹を引っ込めて歩こう

菓子パン一個のカロリー消費に2時間歩く

公開日:2021/04/28

2

コロナ太りの方々おられませんか。自粛生活はこれからも続くと思われますが、じっとしてはいられません。何とかしよう。スローなダイエットで、いつもと違うバスに乗ってみました。違う景色が新鮮です。但し帰りの時間は確かめましょう。帰れなくなります。

菓子パン一個のカロリー消費に2時間歩く
登り道の入り口にありました。水の音にさえ癒されます

菓子パン一個を消費するために2時間歩くべし

菓子パン一個を消費するために2時間歩くべし

コロナ禍で動かない日が多かった上に、妙に甘いものが欲しい。ご飯を食べた後、締めのラーメンの代わりに菓子パンを食べていた。その恐ろしい習慣が続いた結果がコロナ太り。菓子パンを一個食べたら、そのカロリーを消費するのに2時間のウオーキングが必要です。

軽い気持ちで食べていた習慣が直らない。揚げ句の逆流性食道炎。何とかしなくてはならない。焦っています。正直なところ、どうしよう……。やはり自分にとってダイエットは難しい。同じような景色は飽きてしまい、ウォーキングが続きません。

そこで考えました。違う景色だったら、新鮮で続くかもしれない。いつもと違うバス停で降りて、なるべく歩いて帰ろう。疲れていたらそれも難しいので、もちろん疲れていないときを選んで実行あるのみ。

食べ過ぎてしまう自分の甘さ、それが問題であるが人は自分に甘い。食べれる時に食べておこう。あー。冬の熊の心境である。自粛しても何かしら運動をしてたら良かったのに……。しみじみと思ってる今日この頃です。

お腹に力を入れ、引っ込めて歩こう

お腹に力を入れ、引っ込めて歩こう

お尻の筋肉は、ポッコリお腹になると無くなるとか。お尻が若いときの膨らみほどなくなり、ペタリとなっています。反対にお腹が出るんですね。お腹にグッと力を入れて歩かないと、効果なしとは言えないけどもったいないですよ。「あれっ変だなぁ」と気がついたら、意識してお腹を引っ込めて歩くようにしています。

小さい小さい旅、 いつもと違うバスの路線に乗ってみよう

小さい小さい旅、 いつもと違うバスの路線に乗ってみよう

普段はいつも乗ってるバス停にいつも降りるバス停、だいたい同じことの繰り返しです。それを変えようと用もないけれど、日頃歩いていて「あの山に行ってみたい」と思っていた金峰山に挑戦。頂上までは登れませんでした。帰りのバスの時間が気になり途中で下山した今回の小さい小さい旅、再度挑戦したいと思います。

違うバスだとドキドキするしチョット緊張して外の景色を見るし、小高い丘を見つけて歩くだけなのに坂道でもあり、ちょっとした筋トレメニューをこなした満足感があります。ちょっとしたことで空気の違いに気づくことありませんか。そんな小さい出来事が気分転換になります。一日中でなく半日位の小さい小さい旅です。

小さい小さい旅、 いつもと違うバスの路線に乗ってみよう

これなら普段の生活にあまり支障がないし、おすすめです。ふっくら体型にしてしまったのは自分、戻すのも自分しかいません。ただ、また外出しづらい雰囲気が続きそうです。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

■もっと知りたい■

スミレ

高校の時に美術クラブに入り 油絵を始める。結婚し家庭に入り油絵はすっかり忘れて過ごしていたが、定年後に時間ができて絵を描きたいと思い、カルチャーセンターへ。だんだん面白くなり最近では展覧会に応募し、大作にも挑戦しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ