私のリラックスタイム

お茶の時間にいかがですか、ナッツとドライフルーツ

公開日:2021/02/13

12

おやつに食べたり、料理に入れたり。ナッツやドライフルーツをよく食べています。今回は、私が大好きなナッツとドライフルーツをご紹介します。みなさんもお茶のお供にいかがでしょうか?

お茶の時間にいかがですか、ナッツとドライフルーツ

ナッツとドライフルーツをよく食べています

ナッツとドライフルーツをよく食べています

いつの頃からかナッツやドライフルーツが日々の生活の中に根付いています。ちょっと小腹が空いたときのコーヒータイムにうってつけのナッツ、疲れた日の夕方に小皿に載せたドライフルーツが、ホッとする時間を作ってくれます。

ナッツはクルミとアーモンド。塩味が無いものを選ぶようにしています。ついつい食べ過ぎてしまうときも、塩分を気にしなくて済むのでいいです。

また、思いがけないレシピかもしれませんが、クルミを大根とニンジンの紅白なますに刻んで入れると、アクセントになって面白いですよ。

私のお気に入りのドライフルーツ

私のお気に入りのドライフルーツ
デーツ(ナツメヤシ)のドライフルーツ

ドライフルーツは、初めはどこにでも売っているプルーンを食べていましたが、プルーンにもいろいろあることがわかりました。私のお気に入りはフランス産の種付きプルーン。油の処理がされていないので、表面のべたつきがなく、粒も大き目で美味。月に一度デパートの地下食品売り場で少し安い日があるので、買いに出掛けます。よく買いに行くので、売り場の人にも顔を覚えられてしまいました。

次は、イチジク。いくつも種類があります。エクセレント級はしっかりした粒ぞろいで硬くもなく、柔らか過ぎることもないのですが、少しお値段が高いです。トルコ産のものがおいしいと感じます。種類があるので、好みでいろいろ試してみるのもいいかもしれません。

イチジクも、ニンジンの細切りを塩でもみ水気を切ったものに刻んでオリーブ油と和えると、色味のある一品に変身するので、作り置きに大変便利です。

デーツは、ナツメヤシの実です。チュニジュア産のものをまとめ買いしています。初めはなじめないかもしれないけれど、慣れるとおいしいです。

グランベリーは丸くて赤い小さな実がかわいく、その上、おいしいので大好きです。アメリカ産の種抜きのものがかなりお手頃で売っています。が、少し奮発してラトビア産がお気に入り。ラトビアのマーケットで見たドライフルーツ売り場がダイナミックだったので、ついついひいき目にラトビア産を買ってしまいます。

おいしいだけでなく、私はその果実が収穫される場所を空想するのが好きです。
広い原野なのか、大型農場なのか、機械で収穫するのか、手摘みなのか、わかりもしないのに空想しながら一粒ずつ指先でつまんで口に入れます。そのドライフルーツを食べながら空想することが、リラックスにつながっているような気がします。
細やかなことですが、私には好きなひと時、楽しみな時間になっています。

 

■もっと知りたい■

富士山の見える町で暮らす元気な67歳。半日仕事をし、午後はジムで軽く運動。好きなことは絵画を見ることと針仕事。旅先の町で買い求めた布でポーチやバッグを作っています。雨の土曜日は映画を観て、晴れた土曜日には尾根道を3時間ほど歩く。楽しいことが大好きです

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ