落語自由自在39

8か月ぶりの落語会「柳家あお馬の独演会」

公開日:2021/01/04

4

落語を聞いて笑うことが元気の源なのだという、さいとうさん。新型コロナウイルスの感染を恐れ、オンライン配信で落語を楽しんでいましたが、久しぶりに生の落語のライブ感を堪能したそうです。

8か月ぶりの落語会「柳家あお馬の独演会」

8か月ぶりの落語会にワクワク

柳家あお馬独演会の看板
柳家あお馬独演会の看板

3月以来、落語はずっとオンライン生配信で楽しんでおりましたが、8か月ぶりに落語会に行ってきました。場所は、巣鴨のスタジオフォーです。わかりにくい場所と聞いていましたので、1週間前に下見に行ってみました。都電の庚申塚駅に降り立つと、すぐ近くのお店の方に行き方を伺いました。「わかりません」と言うので、それならとスマホを取り出し検索、信号を左に行くのだとわかり、あとは簡単でした。

スタジオフォーの入り口
スタジオフォーの入り口

入り口付近を撮影、あお馬さんに「下見に来ました」とツイートして、写真を送信しました。ご本人から「あっ、スタジオフォーの入り口ですね。当日はお気をつけてお越しください。お待ちしております」と返信がきました。Twitterって、楽しくて便利ですね。

当日、会場に着いたのは、ちょうど一番太鼓が鳴り響いているときでした。木戸銭をお支払いし、場内を見渡すと、立川志の輔師匠のサインが飾られていました。ここで以前、お忍びで落語会を開いていたそうで、そこへやってきた志の春師匠が、噺家になりたいと決意した伝説の場所です。今日ももしかしたらこれがきっかけで、噺家が誕生するかも? と、ちょっと楽しい想像をしてしまいました。

スタジオフォーに飾ってある志の輔師匠のサイン
スタジオフォーに飾ってある志の輔師匠のサイン

「お菊の皿」

この噺は、もう随分聞きましたが、今までで一番面白かったのは、数年前に「中野ZERO」で見た小朝師匠の「お菊の皿」でした。途中でザ・ピーナッツの「恋のバカンス」が流れ、小朝さんがはにかみながら踊るのです。もうおかしくて、会場が笑いの渦でいっぱいになりました。後から出てきた円楽さん「小朝さんは、やりたい放題ですね」と言って、呆れていました。ただし音楽入りの「お菊の皿」は、小朝師匠だけで、歌武蔵師匠も、あの喬太郎師匠でさえも、音楽はなく普通に演じていました。それだけに小朝師匠の高座は強烈な思い出でした。さて、今日あお馬さんは、果たしてどんな「お菊の皿」を見せてくれるのでしょうか。

この噺は番町皿屋敷に、今でもお菊の幽霊が出るという怪談噺で、なぜお菊が青山鉄山に殺されたかというくだりの描写は、理不尽でとても笑えるものではありませんが、後半が陽気になるのです。あお馬さんは軽快な歌にのって、両手にペンライトを持ち、キレキレのダンスを披露しました。観客約20名は手拍子で参加、楽しかったです。あお馬さんも、のせてくれたお客様に感謝! 「やはり落語は生、双方向のコミュニケーションが一番ですね」と言っていました。

「夢屋」

これは、あお馬さんが作られた新作落語です。9月の「渋谷らくご」で一度聞きましたが、また聞けてうれしかったです。繁盛していた反物屋が、近くに大型店ができたため、商売が振るわなくなり、主人がふて寝をしています。心配したおかみさんが起こしますが、なかなか働こうとしません。そこへ「ゆめや~ ゆめや~ 」という売り声が聞こえてきます。主人が驚いて戸を開けると、お婆さんが夢を売って歩いていました。せめていい夢を見たいと、夢屋から錠剤を買い、寝しなに飲みますが……という噺です。「お菊の皿」とは打って変わって、じっくりと聞かせる噺でした。

「お神酒徳利」

小せん師匠の得意ネタです。師匠はこの演目で「国立演芸場平成28年度花形演芸大賞金賞」を受賞されました。小せん師匠に弟子入りして7年、いつかは師匠の得意ネタを演じたかったと、あお馬さんは語ります。

つい最近、登場人物が全員一癖あって「おみーきどっくりお清が盗った~」とはやし立てる、ある師匠の配信を見たばかりでした。これは元の噺とはあまりにもかけ離れているので、嫌な気分になりました。どうか今日は、ほのぼのとした噺を、聞かせて欲しいと思いました。

主人公の善六を、あお馬さんはとてもいい人として描いていました。神奈川の宿新羽屋から貰った御礼10両のうち、5両を親孝行な女中さんにあげるのですが、それを今回は10両全額あげていました。道中付けも鮮やかに決まり、小せん師匠の型を踏襲した良い噺に仕上がっていました。

コロナ感染者が日に日に増えていましたので、落語会に行くか正直迷いましたが、行ってよかったとつくづく思いました。

後日、あお馬さんから、御礼状が届きました。、いまにあお馬さんは真打になり、やがて名人といわれるようになりますから、そうしたら、師匠が二つ目の頃にくださった御礼状だと言って自慢できます。その頃、私は80を才過ぎていることでしょう。一体、誰に自慢するのかしら(笑)?

柳家あお馬さんから送られてきた色紙
柳家あお馬さんから送られてきた色紙
柳家あお馬さんから送られてきた手拭い
柳家あお馬さんから送られてきた手拭い

次回は、12月に三遊亭円朝作「真景累ヶ淵」の初演です。応援に駆けつけたいのはやまやまですが、新型コロナウイルスに感染したら困るので、今回ばかりは迷っていて、ご本人にはまだお返事ができていません。

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ