骨盤底筋を鍛えて尿漏れやぽっこりお腹を改善!

動画で骨盤底筋トレーニング:寝ながらのヒップリフト

公開日:2021/08/10

更新日:2021/08/20

8

「尿もれ」や「ぽっこりお腹」にまで影響する骨盤底筋。ボディワークプロデューサーkyoさんが自宅でできる骨盤底筋体操のやり方を動画でわかりやすく解説します。今回は仰向けの体勢で行うヒップリフトの動きをお伝えします。

動画で骨盤底筋トレーニング:寝ながらのヒップリフト

ボディワークプロデューサー・kyoさんのプロフィール

ボディワークプロデューサー・kyoさんのプロフィール

1983年、健康づくりの体育指導をスタート。2001年、骨盤を中心に全身を鍛えるプログラムをスタート。著書に『いつまでも美しくいたければ女は骨盤を立てなさい』(日本文芸社刊)など。

仰向けに寝ながらの骨盤底筋トレーニング「ヒップリフト」のメリット

骨盤底筋を鍛えて尿漏れやポッコリお腹を解消したい場合、骨盤底筋のまわりの筋肉も一緒に鍛えるとより効果的です。

今回の「ヒップリフト」は、少し強度が高い動きではありますが、骨盤底筋と同時にお尻と内ももの筋肉も鍛えることができます。そのため、ヒップアップ効果と内ももの引き締め効果も期待できますよ。

また、四つんばいの姿勢で行う骨盤底筋トレーニングだと、ひざが床につくから痛いという方におすすめです。

鍛えるときのポイントは、しっかりとお尻を上げること。内臓が胃の方面に傾くので、骨盤底筋が解放され、骨盤底筋の位置がより意識しやすくなるはずです。

骨盤底筋トレーニング「ヒップリフト」のやり方を動画で見る(1分58秒)

 

骨盤底筋トレーニング「ヒップリフト」のやり方

 

骨盤底筋トレーニング「ヒップリフト」のやり方

1.仰向けになり、足を腰幅に広げます。足裏が地面にしっかりつくようにひざを立てます。両手は横に添えて、鼻筋は天井に向けます。
 

息を吸いながらお尻を上げていきます

2.息を吸いながらお尻を上げていきます。体が斜めになることで、骨盤底筋が解放されます。このときお腹は引き締めますが、お尻を上げ過ぎないように気を付けましょう。このお尻の位置を維持したままで内もも・お尻・下腹を引き締めるように意識しましょう。息を吐きながらひざを閉じ、内ももを引き締めお尻の位置を維持しましょう。


3.息を吸いながら、再びひざを開きます。 

息を吸いながら、再びひざを開きます

4.息を吐きながらゆっくりと背骨1本ずつ床につくように意識しながら、背中を下ろしていきます。この一連の動きを、1日5~10回行うようにしましょう。

■もっと知りたい■
骨盤底筋を鍛えるコツも!自宅でできる骨盤底筋体操


骨盤底筋の意識づけをショーツでサポート!

はくだけ骨盤底筋ケアでいつまでも若々しく

「骨盤底筋の意識付けができて、はき心地もいい!」と大好評の骨盤底筋サポートショーツから、ヒップサポート機能がついた新商品が登場!kyoさんも感心の仕上がりです。

>>「骨盤底筋&ヒップサポートショーツ」を見る

■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ