木村友泉さんのぽっこりお腹解消メソッド(2)

ぽっこりお腹を解消!恥骨まわりの筋膜はがし

公開日:2020.05.15

更新日:2022.09.16

リンパケアトレーナー・木村友泉さんのぽっこりお腹解消法 第2回。今回は恥骨周りの筋肉をゆるめ、癒着してしまっている筋膜をはがしぽっこりお腹を解消します。一日一回、続けるだけでリンパが流れやすくなり、すっきりとした体になります。

木村友泉(きむら・ゆうみ)さんのプロフィール

1959(昭和34)年生まれ。「LHJ(ライフ&ヘルス ジョイ)」代表。薬剤師として働く中で、なかなか治らない偏頭痛の対処法を探している際にリンパケアと出合う。健康で若々しい体を維持する独自メソッドを考案。トレーナーとして幅広く活躍している。


簡単な動作でぽっこりお腹を解消!大切なのは筋肉をゆるめること

ぽっこりお腹から脱却できない悪循環の原因の一つは、意外なことに「恥骨」まわりの筋肉が硬くなっていること。
特に、恥骨が骨盤よりもポコッと出ている方は、ぽっこりお腹の原因が恥骨まわりの筋肉が癒着して、血管やリンパ管が圧迫され、むくみが起こりやすくなってしまっている可能性があります。

恥骨まわりの筋肉をゆるめ、筋膜をはがすことでぽっこりお腹を解消していきましょう。

ステップ1 恥骨まわりの筋肉をゆるめる

まずは、振動を使って、恥骨まわりの筋肉をゆるめましょう。

恥骨に手を当て、腰を動かしたり、もしくはかかとを軽くストンストンと落として、振動が伝わっていることを確認しながら45秒ほど行います。

ステップ2 恥骨まわりの筋膜はがし

恥骨まわり筋肉がゆるんだら、次は、恥骨まわりの筋膜はがしです。

まずは、恥骨の右側で、ぐっと押して痛い部分を体の外側にはがすように、広げるように筋膜はがしを行います。

痛い場所を4か所ほど念入りに行ったら、左側と高さが変わったのを確認し、左側も同じように行います。

左右の高さが均等になったら、今回のケアは終了です。


動画で筋膜はがしのやり方をチェック!

最後に、動画でも筋膜はがしのやり方をご紹介します。...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

ハルメク旅と講座

ハルメクならではのオリジナルイベントを企画・運営している部署、文化事業課。スタッフが日々面白いイベント作りのために奔走しています。人気イベント「あなたと歌うコンサート」や「たてもの散歩」など、年に約200本のイベントを開催。皆さんと会ってお話できるのを楽しみにしています♪

\ この記事をみんなに伝えよう /