ポートレート撮影のすすめ

プロのヘア&メイク&写真撮影は魔法でした!

公開日:2022/08/03

5

前回の投稿で「寂しい誕生日でした(泣)」と散々愚痴をこぼさせていただいたのですが、誕生日の数日後に、次女から想像だにしていなかった誕生日プレゼントをもらいました。

プロのヘア&メイク&写真撮影は魔法でした!

想定外の誕生日プレゼント

誕生日の数日後に、次女から想像だにしていなかった誕生日プレゼントをもらいました。それは、ポートレート写真の撮影でした。

この次女は複数回留学経験があり、あちらの国ではポートレート写真なるものを日常的に撮影する習慣があるそうです。

最近次女が撮影してもらったポートレート写真は、プロの美容師さんによるヘアとメイクもセットになっているもの。出来上がった写真は、本人らしさを残しつつ、とても美しいポートレートに仕上がっていました。

「プロの技だね!」と出来栄えを褒めましたが、「お母さんのお誕生日プレゼントに、この写真撮影をプレゼントするよ!」と言われて、「ええ~? 写真苦手だし、そんなのいらないよ」と速攻お断りしました。

でも次女曰く「ヘアとメイクもしてもらってきれいな写真を撮ってもらうの、なかなか刺激的で良い体験になると思うよ。自分の顔を客観視するのも面白いよ。実はもう予約してあるから、キャンセルできないんだよね」

そうして、とある日曜日の午後に、私は次女と銀座に出かけて行きました。

銀座でまず美容院

はじめは美容院で髪のセットから。

私はストレートのショートヘアですが、相談の上、ニュアンスを付けて柔らかいイメージにしてもらいました。ヘアアイロンなんて、初めての経験です(おしゃれ偏差値低めなことがバレバレですね)。

そしてメイクです。

ビューラーもマスカラも何年振りだろう。眉が普段自分で描くより薄くて、薄すぎるわ! と思いましたが、出来上がりはとても優しい仕上がりで、いつも濃く描き過ぎていたのだと思いました。

また、口紅の色がとても素敵で、この色の口紅買おう! こういう色、売っているのかな……と思いました。いつもは自分の視界には入らない色でした。

次は写真撮影

美容院を出て、いよいよ写真撮影です。

背景は薄いピンク色を選択。撮影のコンセプトは、身分証明書用にもなる正式な正面の写真1枚と、やや横向きの笑顔の写真1枚。どちらも上半身のみ。

カメラの前でガチガチに緊張した私を、カメラマンさんがほぐしてくれながら100枚以上シャッターを押してくれたと思います。とにかく良い表情ができません。

口角を上げるのが難しい! いつも口角が下がりまくりだったのね(涙)。歯を見せて笑うのがこんなに難しいなんて!…もう無理だわ、と、最後は泣きたくなりましたが、スポンサーの次女が「がんばって」とハラハラしながら見ているので、せっかくのプレゼントを台無しにできないとがんばりました。

苦労の末に撮影終了

なんとか撮影を終えて、撮影した写真たちの中から、カメラマンさんと2人で良いものを2枚厳選しました。

あ、言い忘れていましたが、カメラマンさんがいろいろとテクニックを駆使して加工してあります。彼女が「私、加工に自信があるんです」と言ってくれたのがとても頼もしかった。これがあるから、安心して撮影に臨めたというのが大きいです。

恥ずかしいのですが、出来上がった写真をここに公開いたします。

苦労の末に撮影終了

自分の顔を客観的に見ることが刺激的でした

「これ、遺影に使えるわ」と秘かに思っていたら、次女に「まさか遺影に使えるとか思っていないよね? へんなこと考えないでね」とくぎを刺されました。エスパーですかね。

とっても面白い経験でした。はまってしまうかも。来年はロングドレスでもう少し濃いメイクがいいかな~、と思いました。もちろんロングドレスなんか持っていないんですけど。

許可をいただいたので、お店のリンクを貼っておきます。私のはプロフィール写真でしたが、就活写真や家族の記念撮影などいろいろなコースがあるようです。

スタジオ728銀座店

https://studio728.jp/studio/ginza/

 

■もっと知りたい■

中川(ちゅんかわ)うまこ

東京都杉並区出身。早稲田大学法学部・千葉大学工学部卒。コンサルタント会社勤務(建築士)。家族は2匹のシンガプーラと次女。67歳の今だからこそ見える世界があるはずと模索中。高齢者のための家・街などの空間について学びながら発信したい。また現在3拠点生活をしているのでその暮らしについても書きたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ