大好きな湖の近くに住んでみたかった

普通のサラリーマン家庭で別荘が持てるのか?

公開日:2022/03/08

8

昔から山中湖が好きで遊びに行っていました。夫の転勤がきっかけで、にわかに浮上してきた山中湖近くの別荘計画。湖の近くに住むなんて、そんな素敵なことがあっていいのだろうか、とめちゃくちゃ興奮しました。

普通のサラリーマン家庭で別荘が持てるのか?
夕暮れの『ちゅんかわ山荘』

夫の転勤→湖の近くに住むのはどう?となりました

夫の転勤→湖の近くに住むのはどう?となりました

お隣の河口湖のほうが華やかで賑わいがあるけれど、山中湖の富士山を望む風景とのんびり落ち着いた雰囲気が好きでした。

ですから夫が転勤でG市勤務になったとき、山中湖から30分で会社に通える! ということで、中古の別荘を買えないかしら? と思いました。

普通のサラリーマン家庭で別荘が持てるのだろうか?

普通のサラリーマン家庭で別荘が持てるのだろうか?

私たち夫婦は共働きではありますが、ごく普通のサラリーマン家庭です。子どもも3人います。中古といえども別荘など買えるのか? まだ家のローンもたくさん残っているのだし。

でも調べたところ、思っていたより低価格で売りに出ている中古の物件が複数ありました。バブルの頃に高額な別荘を購入した世代が、リタイアした後手放すことがあるのかな、と思いました(実際に山中湖に住み始めてみると、まったく訪れる人のいない放置されている別荘がたくさんありました。売りには出されていないようですが)。

いくつか候補をしぼって半分冷やかしの気分で見せてもらった結果、私たちの気に入る家が一軒だけありました。ある会社所有の物件でしたが、会社なのにどうしてこんなに小さいの? と思うような小さな家でした。

周囲の建物は、いわゆる別荘仕様の素敵な建物ばかりでしたが、私たちが選んだ家は「普通の住宅みたいな家」。

別荘といえば暖炉必須と思っていたのに、暖炉もありません。古くて床などかなり傷んでいましたが、シンプルな間取りなのでリフォームがしやすいと思いました(私は一応建築が専門です) 。

夫は「古くて汚いしなんだか嫌かも」と乗り気ではありませんでしたが、私は「下さいこの家!」と即決でした。

リノベーション

リノベーション

自分でリフォームすることも一瞬考えましたが、家一軒丸ごと自分でやるのは無理だし、下手な施工をして台無しにしたくなかったので、業者にお願いしました。

外壁と屋根の塗装をし、床とクロスを貼り替えたら、見違えるようになりました。施工内容を吟味したり安い材料を探して使ってもらったりとがんばったので、工事費は80万円以内ですみました。同じくらいの金額で頭金を払って、残金はローンを組みました。

冷蔵庫とソファーは、前のオーナーさんから無償で譲っていただきました。その他の家具は夫の以前の単身赴任時の物があったので買わずにすみました。高価な家具は置けませんが、マットレスが分割されていないふかふかの特大キングサイズのベッドを買いました。唯一の贅沢品です。

こうして夫の単身赴任の住まいではありますが、週末はみんなで遊びに行ける、山中湖の家の時間が始まりました。

夏は涼しくて冷房いらずですが、冬は氷点下16度になるときもあり、雪も積ります。キツツキが壁に穴を開けたり、ハチが大きな巣を作って怖い思いをしたり、いろんなことを経験しました。

リノベーション

鹿がたくさんいて、その姿にも癒やされます。鹿が飛び出してきて夫の車に接触したこともありましたが、鹿は無事で車がへこみました。

ランニングコスト

ランニングコスト

年間の維持費は、管理費が年間12万円。他に国立公園なので借地であるため、地代が年間6万円です。

管理会社が常に巡回して異常がないことを確認してくれますし、冬季の水抜き作業や道路の雪かきもしてくれます。宅急便の預かりなども。至れり尽くせりなんです。オーナーズサロンという素敵な建物に行けば、雑誌が読めてコーヒーなども無料です。

しかもご近所の豪華別荘の方たちはほとんど来ないので、この広大な別荘地は私たちの独占状態のようなもの。これが何よりも贅沢に思えます。他の支出は少々の光熱費とインターネット代、少額の固定資産税と住民税などですね。

私はいろんなところに旅行に行って見物をするより、滞在型の休暇を楽しみたいタイプなので、同じような方にはお勧めだと思います。

 

■もっと知りたい■

中川(ちゅんかわ)うまこ

東京都杉並区出身。早稲田大学法学部・千葉大学工学部卒。コンサルタント会社勤務(建築士)。家族は2匹のシンガプーラと次女。67歳の今だからこそ見える世界があるはずと模索中。高齢者のための家・街などの空間について学びながら発信したい。また現在3拠点生活をしているのでその暮らしについても書きたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ