50才からの転職(25)

不動産屋を未経験で開業、あれから5年経ちました

公開日:2022/07/31

9

夏本番! といっても特にイベントもない私は、夏にふさわしいテーマでお送りすることができませんが……。「我が道を突き進む50代女子代表」として、何か一つでも、同年代の女性たちの前向きに生きるヒントになればと願いながら、いつも書いています。

不動産屋を未経験で開業、あれから5年経ちました

自分に「おめでとう」

2022年7月25日、この記事の入稿締切にウンウンうなっている私ですが、ちょうど5年前の今日は、この家でひっそりと不動産屋を開業した日です。今日も一人でひっそり自分に「おめでとう」です。

自分に「おめでとう」

あれから5年。月日が経つのは早いです。

はっきり言って業界未経験で、女性が一人で不動産屋を始めるというのは、それはそれはいろいろありました。

楽しかったことと、つらかったことのどっちが多かった? と問われれば、間違いなくつらいことのほうが多かったです。

正直、この業界は、いい人ばかりではありません。知識も経験もなく、そして女だということで、時にはなめられ、だまされ、何度も痛い目にあいました。

でも、じゃあ後悔している? と問われれば、後悔はほんとにまったくしていません。たまに、あれ? 私の人生って谷あり谷ありばっかりで、楽しいこと少なすぎない?! と、疑問に思ったりはしますが……。

だまされないように、なめられないようにと、転んではまた起き上がりを繰り返していくうちに、私は5年前よりも数倍、強くなりました。心が強くなった、気が強くなった、けんかが強くなった、どれも当たっています(笑)。

それでもまだ商売人になりきれていないところがあり、つい最近も、仕事の付き合いで信じていた人(それも同性)に、とんでもない理不尽なことをされて、人間不信に陥りました。お金の絡むことで、うっかり人を信用してはいけないんだということも、寂しい話ですが、学ばせていただきました。

でもたとえだまされても、自分はだます側には絶対にならないと誓います。

50代でも成長中です

50代でも成長中です

開業してから、たくさんの新しいことを勉強しました。人って50歳を過ぎてからでも、やる気を出せば成長できるんですね。小、中、高の成績表に「もっとやる気を出せ」と書かれ続けてきた私が、何十年もかかってようやく、やればできることを証明することができたかと……。

不動産業にとどまらず、いろんな方向に世界が広がっていきました。社会福祉士を目指して、大学に行くことになったのも、開業当初には考えてもいませんでした。

さて、5年後の私はいったい何をしているのでしょう。おばさんが将来を夢みてもいいじゃないですか(笑)。

同調圧力の強い日本ですが、私はこれからもGoing my way です!

頑固親父ならぬ、頑固おばさんにはならないように気をつけないといけませんが。

二度と戻らない今を大切に

二度と戻らない今を大切に
私は今日もバイクで走るおばさん

人生なんてどうせ今から200年後には、私も確実に存在しないし、私の存在を知る人も、この世にはいないんですから。この儚い今を、自分の思うように生きたらいいと、私は思うのです。

私はチャップリンのこの言葉がとても好きです。

「人生は恐れなければとても素晴らしいものなんだよ

人生に必要なもの それは勇気と想像力 そして少しのお金だ」

 

■もっと知りたい■

 

まつしたあやこ

53歳から未経験で不動産屋を開業。憧れのバンド活動に、バイク復活。ライフワークの絵画制作にも忙しく、今が旬の私ですが、数年前までは母として妻として嫁としてこうあるべきとがんじがらめの日々でした。一度きりの人生、ポジティブシンキングで自分が主役の人生を! 女性を明るくするテーマで書いていきたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ