50才からの転職(21)

50代で会社をやめて起業を考えている人へ

公開日:2022/03/07

18

2017年53歳で、業界未経験で不動産屋を開業したまつしたあやこです。雇われて働いていたころ、起業した側の人の生活は「未知の世界」でした。それが気づいたら自分が「未知」の側にいます。今回は「起業」をテーマに書かせていただきたいと思います。

50代で会社をやめて起業を考えている人へ

未知の世界は行ってみると“ふつう”でした

未知の世界は行ってみると“ふつう”でした

2017年7月、自宅の六畳ひと間を事務所にし、不動産屋を始めてはや4年8か月が過ぎました。今も変わらず私一人の会社で、「社長」と呼ばれるのもおこがましいですが、景気の先行きが不透明な今日、起業を考えている人が増えているらしいので、なにかヒントになればうれしいです。

「不動産会社を経営」というと、なんかすごいと思われるようでびっくりします。法人格を持っていることで、さらに「すごい」と思われるのですが、法人設立は誰にでもできますし……。私も以前はそう信じていましたが、「社長=お金持ち」のイメージを持たれることに、今は抵抗を感じます。

しかし、いつのまにか付き合う人が、経営者ばかりになっていることに気づきました。以前の職場の人たちとは、話題が合わなくなってしまったのです。それがいいとか悪いとかではなく、立ち位置が変わると、見えるものが違ってくるんだなぁということを肌で感じています。

未知の世界は行ってみると“ふつう”でした
社長のイメージはこんな感じ?

みんなが一番悩むのは、それで食べていけるのかということ

会社を辞めて、食べていけるのか?

起業を考えている人の、一番聞きたいことはここだと思います。私は売上げがゼロの月が、最初のころは何か月もありました。当たり前ですが、精神的にかなりきつい時期です。

でも1期・2期と過ぎていくうちに売上げも伸びてきて、今はおかげさまで雇われていたころより、収入ははるかに増えています。

「不動産業の場合は」というお話しかできませんが、この世界は、資金力か人脈のどちらかがあれば、食べていけます。資金力があれば、みずから物件を仕入れて再販すれば儲かるし、人脈があればどこからともなく仕事が入ってきます。

私の未経験にして初の売買取引は、高校のときの友人から30なん年ぶりに連絡をもらって引き受けた、億近くの案件でした。そのとき手にした報酬は、約300万円です。もちろんそんな話は、そうしょっちゅうはありませんが。

小さな野望とワークライフバランス

小さな野望とワークライフバランス

そもそも私は、起業して会社をどんどん大きくしようという野望を抱いて、不動産屋を始めたわけではありません。人生後半は、雇われずに好きなことをして生きたい、少しだけ世の中の役に立ちたい、そして自分一人が経済的に困らない程度に稼ぎたいという、小さな野望を持って起業したのです。

そういう意味では、5年近く続けてきて、成功しているといえるかもしれません。誰の許可も必要とせず、自分の稼ぎで大学に行って、絵を描いてと、自由に生きています。

でも同業者と比べると、あまりにも規模が小さくて、儲けもそこそこで、自分は経営者なのに全然だめだと、落ち込んでしまうことも度々です。私自身がまだ「社長=お金持ち」でなければならないという思い込みを、捨てきれていないようです。

人生後半戦をどう生きるか

人生後半戦をどう生きるか

簡単に「起業すればいいよ」と無責任なことは言えません。でも具体的な構想があるなら、人生後半戦、挑戦してみるのもありなのでは、と私は思います。もちろん、下準備は念入りに。

必死でやってみて、だめだったら、またどこかで雇われればいいんですよ

経営者の共通点は、楽天的思考というところです。私も、いやなことを忘れる能力だけは、人一倍長けています(笑)。

 

■もっと知りたい■

まつしたあやこ

53歳から未経験で不動産屋を開業。憧れのバンド活動に、バイク復活。ライフワークの絵画制作にも忙しく、今が旬の私ですが、数年前までは母として妻として嫁としてこうあるべきとがんじがらめの日々でした。一度きりの人生、ポジティブシンキングで自分が主役の人生を! 女性を明るくするテーマで書いていきたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ