会社員卒業。自分らしく、どう生きる?(3)

62歳初めてのハローワーク。自分を生かす仕事がない

公開日:2023.06.02

40年間会社勤めをし、62歳でリタイアすることに。失業給付のために初めてハローワークに行き、いろいろな制度があることを知りました。ですが、求人は59歳以下ばかり。再就職の大変さと「定年後に働くこと」について考えさせられました。

初めてのハローワーク。会社都合退職の優遇措置

失業給付(雇用保険)を申請するために、初めてハローワークに行きました。

今まで転職先が決まってからの離職だったので、ハローワークとは縁がありませんでした。まさか、40年間かけてきた雇用保険が、ここに来て役に立つとは!!

①	初めてのハローワーク。会社都合退職の優遇措置。

支給金額は、年齢、雇用保険をかけてきた年数、定年や自己都合退職と、会社都合退職でも条件が変わってきます。これらは、ハローワークで判断されます。

私の場合、会社都合退職で「特定受給資格者」にあたるそうで、いろいろと優遇されることがわかりました。

受給資格認定から1週間ほどで支給対象となりますし、支給期間も240日になり、国民健康保険料などの軽減措置があります。

初めてのハローワーク。会社都合退職の優遇措置
ハローワークホームページより

この健康保険料は、今までは会社が半額負担してくれていたのですが、離職すると全額自己負担になり、前年の給与から保険料を算出するため、無収入の状態では負担が大きくなります。

私は、前年の給与の3割をベースに試算されることとなり、助かりました。

※優遇される条件の詳細はこちら「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲」

 仕事を探せど、自分を生かせる仕事がない。

失業給付は、「積極的に就職活動しても、職業につくことができない」人に対して給付されるので、私も仕事探しを開始しました。

50代までは、ヘッドハンターさんに依頼して転職してきましたが、60代を超えると対象外のようです。今まで登録していた求人サイトでは、年齢の記載はありませんが、応募しても回答がありません。
 

②	仕事を探せど、自分を生かせる仕事がない。

「ハローワークインターネットサービス」に登録して検索すると、対象年齢が明記されています。

今までのスキルを生かせる職種で検索しても、すべて59歳以下が対象で求人はありませんでした。

先にリタイアした友人が、「求人は清掃や介護関連ばかりで、自分のやりたい仕事がない」と言っていた言葉を思い出しました。

これが現実なのですよね。

60歳定年の壁。定年後に働くこと

2013年に成立した改正高年齢者雇用安定法により、定年を65歳未満に定めている企業に「65歳までの雇用確保措置の導入」が義務化されました(経過措置期間は2025年まで)。

しかも、2020年には「70歳までの就業機会の確保(努力義務)」が盛り込まれました。

国は超高齢化社会の対策として、企業に働きかけはしていますけど、現実は厳しいです。

自分のスキルを、生かす場所がないのです。

老化の進行も個人のスキルも、個人差があるのに、なぜ一律に60歳の壁があるのでしょうか。

新しい環境で、自分に向かない仕事を、ストレスを抱えながら働くのもつらいと思います。

生活できるなら、「もう無理しなくいいか」という気持ちになります。

毎日が日曜日。

仕事を除けば、運動して好きな場所へ行って、楽しい毎日です。

60歳定年の壁。定年後の働くこと。

■もっと知りたい■

62歳、失業しました 
会社を辞めたら、血圧が正常値に!

氷堂るびい

40年間フルタイムで仕事一筋。健康・美容関連の商品企画をしてきましたが、62歳でリタイアし第二の人生です。副業で小説を7冊出版していたのでペンネームを復活。これからは好きなことだけやっていきたいです。好きなもの。「嵐」、健康(食品保健指導士・漢方・発酵他)、パワースポットめぐり、SNS。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加