50才からの転職(20)

50代後半女子が考える「幸せ」のかたちとは

公開日:2022/02/06

16

2017年に未経験で不動産屋を開業した、まつしたあやこです。予想通り、慌ただしくスタートした2022年ですが、今回は、50代後半女子が考える「幸せとはなにか」という壮大なテーマで、お付き合いください。

50代後半女子が考える「幸せ」のかたちとは

体調不良からはじまった2022年

体調不良からはじまった2022年
健康は 病気になって 気づくもの

ついにダウンしてしまいました……。

たまっていた事務処理や、遅れていた大学の勉強の巻き戻しと、正月休みムードもなく迎えた新年でしたが、1月半ばぐらいからあれ? なんか体が重いと思ったら、ついに動けなくなりました。

発熱、筋肉痛、息苦しさ、とくれば、このご時世疑うものはただ一つ! すぐにPCR検査を受けましたが、結果は陰性でした。医師の見立ては「お疲れがたまっているようです」と。

思えば仕事と大学の両立になった去年の春頃から、丸一日ゆっくり体も心も休ませる日がなかったと反省しきり。そういえば、去年(2021年)の11月からなぞの蕁麻疹が体中に何度も出ていたっけ。あれは体からのSOSだったのですね。

はたから見ると幸せそうにみえる私?

はたから見ると幸せそうにみえる私?
マズローの要求5段階でみる幸せとは?

実は私、少し前からなぜか「幸せとはなにか?」という壮大なテーマで、思いを巡らせていました。そんなときに体調を崩し、あらためて「幸せとは?」と、深く考えました。

もしかしたら自分が幸せかどうかもわからないほど、弱っていたのかもしれませんね。

「幸せ」の対極にある「不幸」は、人類共通点が多く、実感したくなくても、いや応なしに感じてしまうものかもしれません。

でも「幸せ」はどうでしょう?

私はずっと100%幸せ! と言える人はどれくらいいるでしょう?

寝込んだことで、「健康」はすべてにおいて最優先の「幸せ」の条件と、当たり前のことを改めて感じました。

しかし、ベースとなる健康があっても、お金がなかったら幸せとは言えないし、お金があっても人間関係がうまくいってなかったら、幸せと言えないし……。

幸せは、まるでチルチルミチルの幸せの青い鳥を探すようなもの?

50代女子は悩めるお年頃なんです

50代女子は悩めるお年頃なんです
50代女子は見ためはオバサンでも中身は悩める女子!?

50代も終盤になると、今までイメージできなかった老後について、いやでも考えないといけない年齢になります。半世紀以上生きてきた自分の人生についても、正解だったのか、失敗だったのか。自己採点してみたくなったり、周りと比べてみたり……。

50代は、人生という長い道のりの中で、来た道とこれから進む道の中間地点。自分を見つめ直すお年頃なのかもしれないですね。

ここまで読んでもらって、「で? 結局、幸せとはなに?」と聞かれたら、すみません、よくわかりませんでした(汗)。

でも思うに、「幸せ」のかたちは人それぞれで、常に「私にとって」が付くのではと思うのです。他人の思う「幸せ」に、自分をあてはめようとするとしんどくなるし、人と比べることにはなんの意味もなさないと、私は思います。だって私たちは、みんな自分の人生しか生きられないのですから。

だから私は、「私にとっての幸せ」と思える状態を少しでも多く作れるように、これからもぼちぼちがんばっていこうと思います。無理はできないお年頃ということも、しっかりと頭においてですね!

昨年(2021年)末にビタミンカラーで描いた一枚。タイトルは「JOY」

そんなこんなでスタートした2022年。コロナ収束はまだ見えないけれど、みんなが幸せを感じることのできる年になるようにと願います。

 

■もっと知りたい■

まつしたあやこ

53歳から未経験で不動産屋を開業。憧れのバンド活動に、バイク復活。ライフワークの絵画制作にも忙しく、今が旬の私ですが、数年前までは母として妻として嫁としてこうあるべきとがんじがらめの日々でした。一度きりの人生、ポジティブシンキングで自分が主役の人生を! 女性を明るくするテーマで書いていきたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ