50才からの転職(22)

不動産の仕事はいろんなご縁をつなぐのが楽しいです!

公開日:2022/04/05

13

2017年に未経験で不動産屋を開業した、まつしたあやこです。今回は不思議なご縁で、沖縄の屋我地島の土地売買をお世話させていただくことになった、なりゆきについてお話させてください。それも「塩田」という聞き慣れない土地の取引です。

不動産の仕事はいろんなご縁をつなぐのが楽しいです!

沖縄の屋我地島(やがじしま)に行ってきました!

沖縄の屋我地島(やがじしま)に行ってきました!

地域密着型というより、ジプシー型?不動産屋の私ではありますが、この度、遠く離れた沖縄北部まで土地売買取引に行ってきました。

縁もゆかりもない沖縄の案件を、なぜ関西の不動産屋の私が?

事の始まりは、今からさかのぼること4年前……。

無謀な業界未経験、2018年の夏に開業1年目をむかえた私は、一度ここらで人生を見つめなおそうと、これまた無謀な1か月の一人旅を思い立ちました。

そこでたまたま選んだ宿泊先が、沖縄県、沖縄市の民泊でした。

初めての民泊に選んだのは沖縄市のとよこさんち

初めての民泊に選んだのは沖縄市のとよこさんち
1階がオーナーの自宅、2階が民泊部屋

初めて訪れる沖縄市。まったくのノープラン、知り合いもいない、1か月もいったい私はなにをするの? 状態でしたが、そこで出会ったのが、民泊オーナーの沖縄マダムとよこさんでした。

陽気な沖縄マダムのとよこさんと、陽気な関西のオバチャンの私は、すぐに仲良くなり、民泊のもう一部屋の外国人ゲストもまじえて、一人になる時間がないほど、楽しい一人旅となりました。

私が不動産屋をしているという話から、とよこさんのお兄さんも大阪で不動産屋をしていること、屋我地島というところに空家や放置している土地があって、これからどう処分するか悩んでいるということを聞きました。

そのいろいろある土地のひとつが「塩田(えんでん)」だったのです。

日本の土地は、その利用目的によって「地目」として登記されています。なじみのある地目でいえば家が建っている「宅地」でしょうか。

「塩田」とは、海水を引き入れて塩を採取する土地です。要するに砂浜です。砂浜なので家を建てることはできません。なので、買い手も付きにくい土地です。

初めての民泊に選んだのは沖縄市のとよこさんち

4年前の一人旅から仕事につながりました!

そんな土地を、私にどうこうできる話ではないと思っていたのですが、以前、初めて取引した京都の不動産屋の営業マンが、たまたま沖縄出身の人で、雑談からふと沖縄の屋我地島にある「塩田」の話になったところ、「僕その土地買いたいです」となったのです。

コロナで延び延びになり、なかなか行くことができなかった沖縄でしたが、今回ようやく訪れることができ、物件調査と取引の交渉に行ってきました。

4年前の一人旅から仕事につながりました!
かつて塩田だった場所
4年前の一人旅から仕事につながりました!
砂浜のはずがマングローブ林に!

何十年も塩作りをしていなかった「塩田」は、想像していた砂浜ではなく、ジャングル化していて、絶句! でしたが、それでもOKということで、なんとか無事取引成立になりました。

なんだかすごいご縁だなぁと思います。そして「塩田」以外の土地も、もしかしたらですが、このハルメクの記事からの不思議なご縁で、つながるかもしれません。うまくつながるといいなぁ!

自然いっぱいの屋我地島の土地を、いい方に譲るお手伝いができればいいなと思っています。

4年前の一人旅から仕事につながりました!
2019年2月に再訪 とよこさんと私

 

■もっと知りたい■

 

まつしたあやこ

53歳から未経験で不動産屋を開業。憧れのバンド活動に、バイク復活。ライフワークの絵画制作にも忙しく、今が旬の私ですが、数年前までは母として妻として嫁としてこうあるべきとがんじがらめの日々でした。一度きりの人生、ポジティブシンキングで自分が主役の人生を! 女性を明るくするテーマで書いていきたいです。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ