Amazonプライム『フォーエバー~人生の意味』

アマプラ~マンネリ夫婦がたどり着いた場所

公開日:2022/05/02

2

Amazonプライムビデオのオリジナル作品『フォーエバー~人生の意味』は普通の夫婦の日常を「ある世界」から描いています。人間の心理や、あるべき未来を考えさせられるような作品です。

アマプラ~マンネリ夫婦がたどり着いた場所

あらすじ

結婚13年を過ぎたジューンとオスカーは、共働きの夫婦。それなりに楽しく過ごしていますが、子どもはおらず、生活はマンネリに。夫婦でスキー旅行に行ったことがきっかけで、“別ステージ”に突入します。

壮大なロケーション、寓話的な事象は何を表すのか

いきなり“別ステージ”って、と思われるでしょうが詳しく説明できませんので、ファンタジーな世界と捉えて頂ければと思います。

その世界には、安定しているけれど退屈なリバーサイド、刹那的な快楽を味わうオーシャンサイドという2つの場所が存在します。

リバーサイドは、区画整備された土地にアメリカンスタイルの平屋が立ちならぶクールな場所。オーシャンサイドは、断崖絶壁にそびえ立つお屋敷とそのリゾートエリア。

食べ物は自動的に補充され、着るものも用意されています。そして家具を燃やし捨てても元に戻るという奇妙な世界。

人々は庭の芝刈りやシャフルボード(カーリングに似たスポーツ)などの趣味に興じています。これは何を意味しているのでしょうか。

考えてみたら私たちもこれに近い生活をやっています。アマゾンでポチッとやれば、食べ物も着るものも配送されます。そのうちAIが足りないものを判断し、勝手に配送されてきそうです。

週休3日制を導入する企業が出てきましたが、そのうちAIが幅をきかせるようになると、どんどん休みが増えていきそうな気配です。この状況は幸せなのでしょうか。

リバーサイド側のジューンとオスカーの日常も、服装は変化しているものの、同じことの繰り返し。その映像が、こわれた機械のように何度も映し出されます。

壮大なロケーション、寓話的な事象は何を表すのか

とりあえずの幸福で隠蔽される不幸

ジューンの不幸は、マンネリからくる退屈さだけではありませんでした。

それを解消するために、相手に向き合うことは、結果自分と向き合うということにもなります。でも自分を直視するのが怖くて逃げ回っている人は私を含め、多いと思います。

そしてまあまあ幸せだから、この状況に文句を言ったら贅沢だという理由も大きいでしょう。

このドラマには、問題を直視することを避けていたら永遠に変わるチャンスを失うのですよ! というのが根底にあります。    

夫婦の前に立ち現れる場所

この夫婦は、お互い本気で向き合ったことで、状況が変わります。永遠に続きそうなマンネリから脱するカギは外部にはなく内部にある、ということでしょうか。

すべてが明かされる衝撃の事実もなく、最近よく聞く見事な伏線回収もありません。夫婦のある意味凡庸な本音が肝。壮大なロケーションのわりに、地に足のついた静かな感動が広がります。

この夫婦を見ていると、自分の中に芽生えた違和感を飼い慣らさず、いったん立ち止まる勇気を持っていたいと感じます。夫婦役の二人は俳優、コメディアンでもあります。神秘的なシーンでも、とぼけた風味をもたらす二人が魅力的です。

夫婦の前に立ち現れる場所

■作品紹介

  • フォーエバー~人生の意味
  • シーズン1(プライム会員特典)
  • 監督 アラン・ヤン, ジャニクザ・ブラボー, ミゲル・アルテタ
  • 2018年 8エピソード
  • キャスト マーヤ・ルドルフ, フレッド・アーミセン

 

■もっと知りたい■

瀬戸内ポエム

特技や趣味というほどのものはなく、ドラマやお笑い番組を家でゴロゴロしながらみるのが幸せなアラフィフシングルです。この場を借りて、気になるドラマを中心にどんどん紹介します。またドラマの中でのファッションやインテリアにも言及できたらいいなと思っています。よろしくお願いします!
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ