Amazonプライムビデオ『モダン・ラブ』

アマプラ~読者手記から生まれた等身大の愛の物語

公開日:2022/02/20

更新日:2022/03/02

5

昨年(2021年)話題となっていた、「Amazonプライムビデオ」のオリジナルドラマ『モダン・ラブ』。私もようやく視聴しました。1話完結のオムニバス形式、30分~35分なのでサクッと見られて、おうち時間におすすめです。

アマプラ~読者手記から生まれた等身大の愛の物語
ニューヨークの街角で起こるラブストーリー

『モダン・ラブ』シーズン1・エピソード2

『モダン・ラブ』は、ニューヨークタイムズ紙の読者投稿が基になっています。日本でいえば「婦人公論」の読者手記のようなものかもしれません。

今回は、シーズン1の中から、印象に残ったエピソード2「恋のキューピッドは世話好き記者」を紹介します。ショートストーリーですが、深く染みわたるような内容でした。

あらすじ

ベテラン記者のジュリーが、マッチングアプリ開発で成功した若き創業者ジョシュアにインタビューすることから始まります。

ジョシュアは、2年前に別れた恋人のエマの事で悩んでいました。最近偶然エマを見かけ、本当に必要なのは彼女だと気づきます。今さらなにもできないと苦しむジョシュアに、ジュリーは自身の「失った恋」を話し始めます。

失った恋を再び、中年の夢

もし昔付き合った人が時を経て現れたら、こんなリアクションをしようとか、こんな話をしようとか、妄想することはありませんか。私はあります(笑)。また会いたい人限定ですが。なので、このストーリーにとても共感しました。

ジュリーの出版イベントに突然姿を現す、元恋人のマイケル。夢のような再会の時間が印象に残ります。また、若いジョシュアがジュリーの話を聞いて行動を起こすところも見所です。

監督のジョン・カーニーは元バンドマンであり、ミュージックビデオも手掛けていただけに、音楽の使い方が素敵。ここぞ、というときに優しいボーカルが世界を包み、気持ちを鷲づかみされます。

失った恋を再び、中年の夢

オトナの愛と決断が素敵に見える

ジュリーの生き方を見ていると多様な愛の形、心に秘めた愛を持つ大人って素敵に思えてきます。 愛しているのは家族と昔からの友人のみという人生が、つまらなく思えてきそう。

このストーリーの素敵なところは、「かつての恋」を過剰に持ち上げたりせず、現実の平凡な生活も地続きであるような感じのするところです。年を重ねるということは、さまざまな愛の大切さに気づいていくことでもあります。

オトナの愛と決断が素敵に見える

こんな視点からも楽しめる! 有名俳優のビフォーアフター

びっくりしたのは、マイケル役のおじさんが、なんと日本でも人気のあるアンディ・ガルシアだったこと!

マイケルが未練たっぷりにジュリーを見つめる。若いときよりさらに深みの増した目力の強さにやられます。アンディ・ガルシアは、現在65歳(2022年2月時)。物語の設定上、ジュリーとマイケルは40歳前後のはずですが……。そんな引っかかりは脇に置いて楽しめました。

さらにジョシュア役は、映画「スラムドッグ$ミリオネア」で有名になった青年、デーヴ・パテール。贅沢なキャストの「現在」が見られるのも「Amazonプライムビデオ」のドラマのおもしろさ、かもしれません。

 

作品詳細

  • モダン・ラブ「副題:今日もニューヨークの街角で」
  • シーズン1、エピソード2「恋のキュービットは世話好き記者」
  • アマゾンオリジナルドラマ(アマゾンプライム会員は追加料金なしで視聴が可能)
  • 2019年10月より配信 2シーズン、16エピソード
  • 監督:ジョン・カーニー 他 
  • キャスト:キャサリン・キーナー、デーヴ・パテール、アンディ・ガルシア 他

 

■もっと知りたい■
「ハルトモ倶楽部」読者ライターの記事はこちら

瀬戸内ポエム

特技や趣味というほどのものはなく、ドラマやお笑い番組を家でゴロゴロしながらみるのが幸せなアラフィフシングルです。この場を借りて、気になるドラマを中心にどんどん紹介します。またドラマの中でのファッションやインテリアにも言及できたらいいなと思っています。よろしくお願いします!
 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ