糖質オフ生活奮闘記(35)

冬を迎えるための薬膳とパンのこと

公開日:2021/11/16

4

薬膳コーディネーターのさいとうひろこです。冬を快適に迎えるためには、体の乾燥と冷えは大敵。山芋や豚肉で乾燥を潤し、さつまいもと栗で体を温めましょう。特に山芋は、消化酵素が多く、胃腸をいたわり元気にしてくれるおすすめ食材です。

冬を迎えるための薬膳とパンのこと
山芋と豚肉の炒め物

山芋と豚肉の炒め物

山芋と豚肉の炒め物

材料

山芋    150g
豚ヒレ肉  100g
銀杏の水煮 8個
生姜薄切り 2枚
ネギ    2cm
醤油    小さじ1
片栗粉   小さじ2
オリーブ油 大さじ1
塩     少々

作り方

1.山芋の皮をむいて、半月の薄切りにする。
2.豚ヒレ肉を薄く切る。
3.生姜とネギをみじん切りにし、豚肉と混ぜる。
4.豚肉に、醤油と片栗粉で下味をつけておく。
5.フライパンにオリーブ油を熱し、4を炒めて取り出す。
6.同じフライパンに、山芋と銀杏を入れて炒め、塩を加える。取り出しておいた5を戻して、炒め合える。   

食材の効能

山芋   体力回復、虚弱体質改善、胃腸を整える
豚肉   発熱による無気力、のどの渇き、空咳、便秘 
ぎんなん 血中内のナトリウムのバランスを整える動脈硬化の予防と改善、食欲不振、肩こり

さつまいもと栗の炊き込みご飯

さつまいもと栗の炊き込みご飯

材料

米     400g
さつまいも 80g
栗(甘露煮)80g
インゲン  2本
生姜    3g
水     600ml

作り方

1.米をといで、600mlの水に浸しておく。
2.生姜はみじん切り、さつまいもは皮つきのまま1.5cm角に切る。
3.甘露煮の栗は水で洗う。
4.インゲンは茹でてから、小口切りにする。
5.1にさつまいもと栗、インゲンを加えて炊飯器で炊く。
6.出来上がったら、生姜を混ぜる。

食材の効能

さつまいも 滋養強壮、貧血予防、高血圧、便秘
栗     腹部の冷え、痛み、下痢、咳、頻尿、夜尿
インゲン  食欲不振、胃、腹部の張り、下痢、吐き気、のどの渇き
生姜    風邪の悪寒、胃の冷え、痛み、食欲不振、血行促進、発汗、解毒

※参考文献
『薬膳コーディネーター講座・食薬編』本草薬膳学院監修
『薬膳コーディネーター講座・薬膳レシピ集』本草薬膳学院監修
『台所はくすり箱』市川加代子著/銀河出版舎

パンに含まれているもの

雑誌『ハルメク』でもおなじみの、お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生から、毎週健康情報が届いています。今回はパンの話でした。

イギリスやドイツ、カナダやアメリカの一部と、中国でも禁止している添加物「臭素酸カリウム」が、日本のパンには使われているそうです。成分表示にはありませんが、それは日本の添加物の表示制度に抜け道があるからです。同じ目的で使用されている添加物なら、一括表示してもいいというのです。そのため、消費者の目に触れずにいます。

「イーストフード」は、パンを膨らませるイースト菌の働きを、強くするための添加物の総称です。一括表示ですから、その言葉の裏側に、たくさんの添加物(臭素酸カリウム他18種類)が潜んでいます。

一つ一つの安全性は検査されていても、一度に摂取した時の危険性は、研究されていないのです。朝はパンという方は、お気をつけ下さいとのことでした。

うちではホームベーカリーで焼いていますが、たまに市販品も買います。この秋、小麦が値上がりしましたので、パンを減らし、ご飯を増やそうかと話しているところでした。経済面からだけでなく、健康の面からも考え直す必要がありそうです。

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ