糖質オフ生活奮闘記(39)

五行学説と春の養生薬膳その2

公開日:2022/04/21

9

薬膳コーディネーターのさいとうひろこです。五行学説って何? 自然界のものはすべて、木・火・土・金・水の五つによって構成されるという考え方で、季節・色・味・人間の内臓なども五つに分類される薬膳の基本です。

五行学説と春の養生薬膳その2
ピーマンと牛肉の炒め物

五行学説とは

一年は、春・夏・長夏(ちょうか)秋・冬の五季に分けます。

色は、青・赤・黄・白・黒の五色。

味は、すっぱい・にがい・あまい・からい・しおからいの五味となります。

内臓は、肝・心・脾・肺・腎の五臓です。

木(もく)= 植物 = 春  = 青 = すっぱい  = 肝
火(か) = 熱  = 夏  = 赤 = にがい   = 心
土(ど) = 土壌 = 長夏 = 黄 = あまい   = 脾
金(きん)= 鉱物 = 秋  = 白 = からい   = 肺
水(すい)= 液体 = 冬  = 黒 = しおからい = 腎

春は木

木には、成長・発散・柔軟・伸びるという特徴があります。春は、草木が緑になり、新芽が出て、自然界を成長させるので、木に属します。

春になると、冬の間に体内にため込んだ脂肪や老廃物を、排出しようとします。この時働くのが、肝です。肝が働き過ぎて疲弊すると、貯蔵するはずの血液がおさまらず、肩こり、花粉症、頭痛、鼻づまり、喉の痛み、めまい等、おもに頭や顔などの体の上部に症状が現れます。

このようなトラブルを未然に防ぐには、ふき、筍、よもぎなどの苦みの食材と同時に、酢や梅干しといった酸味の食材をとるのがポイントです。

体を温め、気を補う、春に最適な料理を作ってみましょう。

ピーマンと牛肉の炒め物

ピーマンと牛肉の炒め物

【材料】

ピーマン    2個
牛薄切り肉   200g
にんじん    50g
生姜薄切り   3枚
ネギ      2cm
酒       大さじ1
醤油      大さじ1
塩       少々
オリーブ油   大さじ1
胡麻油     小さじ1
片栗粉     大さじ1

【作り方】

1.ピーマンは種を除き、細切りにする。
2.ネギ、生姜、皮つきのにんじんを細切りにする。
3.牛薄切り肉は細切りにし、生姜、ネギ、酒、胡麻油、醤油を入れ、片栗粉を加えて混ぜる。

ピーマンと牛肉の炒め物

4.フライパンにオリーブ油を入れて熱し、2を入れて強火で炒めてから、一度取り出す。

ピーマンと牛肉の炒め物

5.同じフライパンにピーマン、人参を入れて強火でさっと炒め、2を戻して、塩で味を整える。

ピーマンと牛肉の炒め物

簡単に作れて、おいしかったので、これはちょいちょい作ってみたいと思います。

【食材の効能】

ピーマン
胸、背、胃、腹の冷え、食欲不振、消化不良

牛肉
脾の虚弱による内臓の位置の下垂、疲れ、息切れ、めまい、むくみ、喘息、動悸、不眠、足腰のだるさ、頻尿、夜尿

にんじん
血の不足による目の乾燥、視力低下、目のかすみ、慢性の咳、脾の虚弱による消化不良、食欲不振、下痢、便秘、頻尿、成人病予防、更年期障害

生姜
晩秋・冬・早春の風邪の悪寒、無汗、体の痛み、吐き気、胃の冷えと痛み、嘔吐、食欲不振、白い痰、冷えによる咳、喘息、魚とカニの中毒、血行促進

 

※参考資料
『薬膳コーディネーター講座中医学編・食薬編』
『薬膳レシピ集』
『台所はくすり箱』
『和の薬膳』

 

■もっと知りたい■

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ