これからを快適に過ごすため‼

転ばぬ先の環境整備

公開日:2021/09/15

6

我が家は築32年の一戸建て。今まで、駐車スペースやアプローチを、整えることができずに過ごしてしまいました。長年感じていた不備を解消し、安全に快適に気持ちよく過ごせるよう整備することにしました。

転ばぬ先の環境整備
左:ぬかるんで困っていたBefore    右:スッキリと歩きやすいAfter

~今まで~

~今まで~
雑草と花と

公共の事業で、家の南側の道路を広げる際、庭の部分10坪がなくなり、アプローチ横には、道路工事で出てきた石を、自分たちで並べました。駐車スペースは途中まで舗装してくれましたが、中途半端でした。猫の額からネズミの額へ変わってしまったのに、あれこれと気に入った花や木を、植えました。

当たり前ですが、木は成長し、大きくなります。町の「森林祭」でいただいた山紅葉は限界がきて、切りました。母からもらったアメリカハナミズキは、毎春美しく咲いていました。それが、原因もわからないまま、突然枯れてしまいました。

そしてショックなことに、アメリカハナミズキが枯れて間もなく、花が大好きだった母もこの世を去ってしまったのです。いまだに不思議でなりません。

見た目も悪い駐車スペース
困っていたアプローチ

アプローチを整備していなかったため、雨の日や雪の日は不便でした。ぬかるんだ土で滑ったり、靴が汚れたりしていました。雪かきをすると、土も一緒に取れてしまいました。

夏からは、雑草がはびこり、草取りが大変でした。雑草も花もごちゃごちゃでしたから。医者に行かなければならないほど、虫に刺されもしました。

それなりに工夫をして

道路沿いのため、人の目にも付きやすく気になります。そこで、雑草を目立たせないように、タイムやリシマキア、ムスカリなどを植えたり、ゼラニウムの鉢を並べたりしてしのいでいました。

それなりに工夫をして
雑草を花で隠していました

何とかしたいとは、以前から考えていました。2019年、造園業を営んでいる友人のところに、思い切って依頼しました。とても忙しそうなので、「いつでもいいから」とお願いをしていました。

困ったことに昨年(2020年)から、脚の調子が悪くなってしまい、医師から「歩きすぎ、動きすぎ」と言われました。今は、前より良い状態ですが、ケアしていても、体は人それぞれです。万が一、動きづらくなったら大変です。

ついに工事

ついに工事
前方四角は義兄の仕事。壊さずに自然石を配置

この春(2021年)ようやく、手を付けてもらえました。義兄が昔積んでくれた石(職人技‼ 30年過ぎても間に草が生えない)はそのままに、見た目も良くなりました。まったく緑が無いのもつまらないので、擬木で花壇を作ってもらいました。

ついに工事
高さのある花壇で膝への負担が減りました

長さ2m×1基の提案でしたが、2基つなげて4mにしてもらいました。大きな石を持ってきてくれましたが、サービス? かな。費用はこのために取っておいた年金で賄いました。

ついに工事
駐車スペースとアプローチ

今年からは、雪かきもスムーズに。雨降りに滑ったり、玄関の床タイルが汚れたりすることも少なくなるでしょう!!  駐車スペースもスッキリしました。

ついに工事
駐車スペースのBefore/After

花も先々のことなど良く考えて育てたいと思っています。

 

■もっと知りたい■

渡来夢

美しいものに触れたいとの思いから美術館に行ったり、植物を育てたり、きものリフォームなどの手芸を楽しんでいます。元気でいられるように、ピアノの練習やパンを焼くことにも挑戦しています。『やってみよう!』の精神で。日常こそ大切、工夫して、お金をかけずに楽しむこころ豊かな暮らしを目指しています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ