イメチェンビフォーアフター・4

10歳若返る!ヘアカット&メイクで明るくイメチェン

公開日:2021/05/28

11

「ハルメクWEB」読者モデルがヘアカット&メイクでイメチェンする様子を写真でレポートする連載企画。今回は一石三鳥のダイヤモンドカット&大人のナチュラルメイクで、高橋さん(62歳)のハチ張りやシミのお悩みを解決!華やかな大人女性に変身します。

10歳若返る!ヘアカット&メイクで明るくイメチェン
60代女性のイメチェンビフォーアフター(ミディアム→ショートボブ)

自分の顔に似合う髪型・メイクがわからない…

今回イメチェンに挑戦するのは、1年前に髪を短くするまでずっとロングだったという、高橋佐恵子さん(62歳)。ロングはお手入れが面倒で短くカットしたものの「自分の顔に似合う髪型がわからない」と悩んでいるそう。

シミやたるみなど、年を重ねた年齢肌ならではのお悩みもあり「プロのメイクは初めてなので、そのテクニックをしっかり学んで帰りたいです!」と気合い十分です。

イメチェンに挑戦する人:高橋佐恵子さん(62歳)

高橋さん(62歳):イメチェンビフォー写真(フロント・バック)
イメチェンビフォー写真(フロント・バック):あご下まで伸びた髪が重い印象。たるみ・シミも目立つ

「30年間ロングだったので、似合う髪型がいまだにわかりません。大人女性らしいかっこいい髪型にしたいのですが、頭のハチ張り・顔のエラ張りが気になり、髪の長さを短くするのも不安です。顔の形にあった髪型と、たるみやシミをカバーできるメイクを教えてください」と高橋さん。

ヘアカット:テルイタカヒロさん

美容師:テルイタカヒロさん(えがお美容室)

「今の髪型だと顔まわりの髪が重い印象ですね。少しカットすれば、明るい印象になると同時に、気になるアゴのラインを自然にカバーできます。さらに、トップとサイドにもボリュームを出して、ハチ張りが目立たない髪型にしていきましょう」(テルイさん)

メイク:船津有史(ふなつ・ゆうし)さん

メイク:船津有史さん(えがお美容室)

「シミを隠そうとしてファンデーションを厚塗りすると、どうしても“がんばってる感”が出てしまいがち。シミやたるみは、隠すより視線を分散させるのがコツです。コンシーラーとチークを上手に活用した大人のナチュラルメイクで、10歳若返りを目指しましょう」(船津さん)

イメチェンのイメージは「洗練されたかっこいい女性」!

イメチェンのポイントを確認したところで、写真撮影用の洋服をセレクトします。

写真撮影用の洋服をセレクト(えがお洋品店)

「ジャーナリストの宮崎緑さんのようにキリッとした、洗練されたかっこいい女性」が理想だという高橋さんは、薄いグレーのロングワンピースをチョイス。

「肌なじみがいいので、家でも寒色系を着ることが多いです。クールでかっこよく街中を歩ける、素敵な大人女性に変身できたらうれしいです!」

イメチェンのポイント1:厚めの前髪で面長をカバー

シャンプーをしたら、ヘアカットからイメチェンスタートです!

「自分の顔に似合う髪型がわからない」という高橋さんですが、美容師・テルイさんによると「面長・ハチ張り(逆三角形)・エラ張り」の3つのポイントをカバーすると、グンとおしゃれな髪型になるそう。

「トップとサイドにボリュームを出した『ひし形ボブ』は、小顔効果が高いので、顔のたるみが気になる大人女性におすすめの髪型です。高橋さんのように面長の人は、前髪を作って縦の印象を弱めると同時に、サイドにボリュームを出して横の印象を強めると、バランスよくおしゃれに見えますよ」

そこでまずは、前髪をカットしていくことに。

「眉上で前髪をカットすると、目を大きく見せる効果も期待できます。あまり短く切り過ぎると浮いてしまうので、流したときに目の上になる長さに調整します。このとき、まっすぐではなく、毛先を斜めにカットすると、顔まわりに柔らかさを出せます」

イメチェンのポイント1:厚めの前髪で面長をカバー

イメチェンのポイント2:顔まわりの段でエラ張りをカバー

続いて、アウトラインを作っていきます。

「重い印象を与えている、サイド・バックの髪をカットして、スッキリ小顔に見せていきましょう。肩の上の長さでカットすると、顔よりも髪に視線がいくので、アゴのラインもしっかりカバーできます」

イメチェンのポイント2:顔まわりの段でエラ張りカバー

さらに、サイドは「顔まわりに段を入れる」のがポイントとのこと。

「平面的にカットすると、顔まわりがペタンとして、寂しい印象になりがちです。一方、顔まわりに段を入れると、髪に動きが出るので、華やかなイメージに仕上がります」

イメチェンのポイント3:トップの高さでハチ張りをカバー

最後に、トップ&後頭部のボリュームを整えていきます。

「高橋さんのお悩みの一つ、エラ張りは、トップがペタっとしていると目立ってしまいがちです。左右のハチとハチの間に山を作ってあげるイメージで、頭頂部にボリュームを与えると、トップに丸みが出て、顔が逆三角形からひし形に近づいたように見えます」

イメチェンのポイント3:トップの高さでハチ張りカバー

分け目を作らないように、左右に髪を動かしながらドライヤーで乾かし、後頭部の耳の後ろに溜まった髪の量を梳いたら、カットは完了です!

「ダイヤモンドカット」で欠点をカバー&美しさを磨く!

「面長・エラ張り・ハチ張りと、3つのお悩みを解決した今回のカットは、名付けて“一石三鳥のダイヤモンドカット”です! 頭のハチを目立たなくする必殺技『骨格補正カット』を応用して、ひし形カットにさらに磨きをかけた、究極の髪型です(笑)」とテルイさん。

その言葉を聞いて、高橋さんもこの笑顔!

「ダイヤモンドカット」で欠点をカバー&美しさを磨く!

どうやら「自分の顔に似合う髪型」は、無事に見つかったようですね! 

スタイリングでトップボリューム&サイドの動きをアップ

仕上げに、カーラーでトップのボリュームをプラス。

スタイリングでトップボリューム&サイドの動きをアップ

ヘアアイロン&ヘアクリームを使って、サイドの髪に動きを出したら、スタイリングも完了です。

ヘアアイロンでサイドの髪に動きを出す

イメチェンのポイント4:下地で顔のトーン差を埋める

ヘアスタイルの次は「自分に似合うメイク」をマスターする番です。

「年齢を重ねた肌は下地作りが何より大切です。おでこや鼻・ほっぺたなど、顔の前面だけを明るいトーンに調整すると、あご下やサイドは自然と暗く見えて、スッキリ小顔に見えます。口元も、ほうれい線などシワが目立ち、影が出やすい場所なので、溝を埋めるようにコントロールカラーをしっかりONしていきます」とメイク担当・船津さん。

イメチェンのポイント4:下地で顔のトーン差を埋める

高橋さんのお悩み・シミを隠すのにおすすめは、オレンジのコンシーラーとのこと。

「シミが気になる場所は、オレンジのコンシーラーで周りの肌とのトーン差を埋めてから、ファンデーションを薄めに塗ると、ナチュラルに仕上がります」

オレンジのコンシーラーでシミを隠す

「シミを完全に隠そうと思うと、どうしても厚塗りになってしまうので、いったん塗ったら、顔全体のバランスを見るのが大切。隠すよりも視線を分散させる、やってるけどやってない、が大人のナチュラルメイクのポイントです」

イメチェンのポイント5:チーク&アイシャドウで明るく

メイクのもう一つのポイントが、アイメイク。

「黒目の下から頬骨までチークを入れると、目元の血色がアップすると同時に、肌色の部分が減って、引き締まって見えます。さらに、パール入りのブラウンベージュのアイシャドウを骨格に合わせて入れると、目のくぼみをカバーできます」

イメチェンのポイント5:チーク&アイシャドウで明るく

アイメイクも、下地と同じで、基本は「トーン差を埋めて、視線を分散させること」。色&光を上手に使って、明るく印象的な目元に仕上げていきます。

眉を整えたら、仕上げにリップを塗って、メイクも完成です!

リップを塗る

船津さんいわく、「こうやって下地でトーン差を埋めてから、リップなどをプラスすると、上品なナチュラルメイクに仕上がるので、失敗が少ない」そう。厚塗りメイクになりがちな人は、ぜひ試してみてくださいね!

寒色系ネイルはパール系やオーロラ入りがおすすめ!

そして今回も、メイクと同時にネイルも進行してもらいました。

「今回は衣装がグレー&高橋さんがブルー系が好きということで、寒色系のカラーをチョイスしました。ただ、寒色系のネイルを年齢を重ねた肌に合わせると、どうしてもくすんで見えてしまいがち……。そこで、おすすめしたいのが、パールやオーロラパウダー入りのもの。光の効果で肌の色を明るく見せてくれます」と、ネイリスト・橋本まりえさん。

寒色系ネイルはパール系やオーロラ入りがおすすめ!

完成したネイルがこちらです。

完成したネイル:オーロラ入りの薄いブルーネイル

ブルーベースの高橋さんの肌にもマッチして、透明感がある、ステキな仕上がりになりましたね。これで、イメチェンが完了です。

イメチェンで10歳若返り!ビフォーアフターを比較

イメチェンが始まる前は「自分の顔に似合う髪型・メイクがわからない」と悩んでいた高橋さんですが、ヘアカット&メイクでどのくらい変化したのでしょうか?

イメチェンのビフォーアフター写真を、早速チェックしていきましょう。

イメチェンアフター写真(フロント):ひし形カットで面長・エラ張り・ハチ張りが解決
イメチェンアフター写真(フロント):ダイヤモンドカットで面長・エラ張り・ハチ張りが解決!

テルイさん渾身の「ダイヤモンドカット」で、面長・エラ張り・ハチ張りと、3つのお悩みを解決した高橋さん。

重かった髪型が、初夏らしい軽やかな印象に! 肌も明るく、華やかな印象に見えますね。

イメチェンアフター写真(サイド):サイド&トップの髪もボリュームアップして華やかに
イメチェンアフター写真(サイド):サイド&トップの髪もボリュームアップして華やかな印象に

ペタっとして寂しい印象だったサイド&トップも、ボリュームアップ!

イメチェンアフター写真(バック):襟足がスッキリして重心アップ!毛先に動きが出ておしゃれに
イメチェンアフター写真(バック):襟足がスッキリして重心アップ!毛先に動きのあるおしゃれな髪型に

バックも襟足がスッキリして、重心がアップ。動き&ボリュームのある髪型になりました。

高橋さんの感想「プロのワザに感動!幸せな時間でした」

高橋さん(62歳)のイメチェンアフター写真

イメチェン後の撮影では、えがお美容室のスタッフのみなさんからも「スタイリッシュでステキ」「身長も高くて、本物のモデルさんみたい」と、口々に歓声が!

初めてのモデル体験とは思えないほど、カメラマンの指示に合わせて次々とポージングを決める高橋さんに、イメチェンしてみた感想を聞いてみました。

イメチェン後の撮影でモデル体験も!(えがお美容室)

「やっぱりプロのワザはすごいですね! ヘアカットでエラ張りもハチ張りも、欠点をうまく隠しつつ、トップや後頭部はフワッとボリュームを出して。まるでテレビで見た、榊原郁恵さんの髪型みたいです。髪型を変えるだけで、グンと華やかに見えるから不思議ですね」

イメチェンアフター写真:ヘアカット&メイクで明るい印象に

「メイクも下地でトーンを合わせるなど、参考になりました。気になっていたシミやほうれい線もすっかり目立たなくなって、本当に10歳若返ったみたいです。ネイルも自分では選ばない、ステキな色を提案いただけて、とても幸せな時間でした。プロと同じクオリティは難しいと思いますが、明日からもなるべくキープできるようにがんばります!」

似合う髪型がわからないという人こそ、ぜひイメチェンをしてプロのサポートを受けてみてください。きっと、今よりももっと好きな自分に変身できるはずです。

50代60代女性をおしゃれに変える美容室はこちら!

えがお美容室

撮影協力:えがお美容室

年齢を重ねた素敵な女性のための美容室。白髪が気になる、髪にボリュームがでない、 髪が細くなってきた、艶がなくなってきたなど、シニア世代ならではのお悩みにお答えします。スタッフの検温やマスク着用、器具の消毒、換気などの新型コロナウイルス予防対策も徹底。公式インスタグラムでは、50代・60代のおしゃれなヘアスタイルの提案も。
 
TEL:03-5980-7522 
東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2階/不定休

美容師:テルイタカヒロさん
「えがお美容室」創業メンバーの一人。年齢を重ねた人の髪の悩みをわかってくれると評判。グレイのヘアカラーとスタイリングにも定評があり、顧客満足度の高い技術を提供している。

メイク:船津有史さん
50代女性を輝かせるリバイバルメイクの第一人者として活躍中。雑誌、広告やアーティストなどのヘアメイクも手掛ける。テレビ、雑誌など多数出演。著書に『悩みがぶっ飛ぶ 50代からのヘア&メイク術』(扶桑社)がある。
 
取材・文=竹下沙弥香(ハルメクWEB) ヘアカット=テルイタカヒロ(えがお美容室) メイク=船津有史(えがお美容室) 撮影=土谷陽介(えがお写真館) ネイル=橋本まりえ(えがお爪工房) 衣装スタイリング=鈴木みほ(えがお洋品店)

■もっと知りたい■

★ハルメクWEBでは、イメチェン企画へ挑戦したい方を募集中。WEB会員限定のお得なクーポンも! 詳しくはこちらの記事末尾をチェック♪


Youtube動画でもイメチェンの様子を紹介!

ハルメク公式Youtubeチャンネルでは、今回のビフォーアフターの様子を、動画でも紹介中! 記事とあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね♪

>>ハルメク公式Youtubeチャンネルでイメチェン動画をチェック

>>えがお美容室の公式インスタグラムもチェック!

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ