イメチェンビフォーアフター・6

髪型でイメチェン!若見えヘア&メイクでマイナス5歳

公開日:2021/11/02

10

読者モデルがヘアカット&メイクで変身する様子をレポートするイメチェン企画。今回は、老けて見えるのがお悩みだという、渡邉美香子さん(60歳)が若見え髪型でイメチェン!コンパクトシンプルショート&血色メイクで、見た目マイナス5歳に挑戦します。

髪型でイメチェン!若見えヘア&メイクでマイナス5歳

若見え髪型&血色メイクで、老け見えのお悩みを解決!

今回イメチェンに挑戦するのは、老けて見えるのが悩みだという、渡邉美香子さん(60歳)。ヘアカット&メイクで「見た目マイナス5歳」を目指します。

撮影日はいつものナチュラルメイクで来てもらい、髪型&メイクでどこまで変化するのか、ビフォーアフターを比較することにしました。

イメチェンに挑戦する人:渡邉美香子さん(60歳)

イメチェンに挑戦する人:渡邉美香子さん(59歳)

イメチェンビフォーアフターの記事を見て、自分も変わりたいと思って応募しました。髪はトップのボリュームダウンが悩み。髪型をイメチェンして、なるべく明るく若々しいイメージになりたいです。メイクは苦手なので、ほうれい線・たるみ・クマなどを簡単に隠せる、自分でもできる若見えメイクを教えてほしいです」(渡邉さん)

ヘアカット:石川貴文さん

ヘアカット:石川貴文さん

「今回のカットのテーマは、コンパクトシンプルショートです。襟足は短くコンパクトに、トップと後頭部にボリュームを出した、若々しい髪型に仕上げていきましょう」(石川さん)

メイク:鈴木みほさん

メイク:鈴木みほさん

「メイクで肌の血色をアップさせるだけでも、グッと若々しい印象になります。マスクで過ごすことが多い今は、目元の印象も大切。元気に見えるアイメイクを紹介します」(鈴木さん)

ベストを使ったロングワンピースコーデでカジュアルに

イメチェンのテーマが若々しい髪型&メイクに決まったところで、写真撮影用の洋服をセレクトしていきます。

「カジュアルな服装はあまり着ない」という渡邉さんですが、そこはせっかくのイメチェン!

スタイリスト・久瀧さんのアドバイスで、カラフルなドットがかわいいロングワンピース&ニットベストのコーディネートに挑戦することにしました。

ベストを使ったロングワンピースコーデでカジュアルに

※今回も‎シニア専門ヘアサロン「えがお美容室」でヘアカット&「ビューティー体験(ネイル・メイク・ヘアセット・撮影)」をセットで実施。

※画像は複数あります。Yahooで閲覧している方は、画像の上の「>」でスライドして確認してください。

イメチェンのポイント1:コンパクトシンプルショート

シャンプーをしたら、まずはヘアカットからイメチェンスタートです。

渡邉さんの髪のお悩みは、トップのボリュームダウン。しかし、石川さんは今回、あえて襟足からカットしていくそうです。いったいなぜ……?

イメチェンのポイント1:コンパクトシンプルショート

「確かに、トップのボリュームは若々しい髪型の大切なポイントです。でも、トップからカットすると、その時点で後頭部や襟足のバランスが固定されてしまう欠点があるんです。ボリュームがほしいからとトップを長く切ると、髪が伸びたときに全体がペタッとする原因に。逆にトップが短か過ぎると、今度は後頭部に丸みを出しづらくなってしまいます」

石川さんいわく、ショートヘアの全体のバランスを決めるカギは、トップの髪の長さではなく、襟足にあるそう。

「襟足を首元になじむようにグッと引き締めると、視覚効果で後頭部が丸く見えます。その状態で、襟足からトップへと、重さを積み上げるようにグラデーションカットで髪型を作っていくと、後ろからも横からも、どの方向から見ても素敵な髪型を作れます。土台から作って少しずつムダなところを削っていくのが、彫刻や建築みたいですよね」

襟足のカットにも、髪型を素敵に見せるテクニックがあるそう。

「襟足を一直線にカットすると重たい印象になりやすいので、少し髪の間に隙間をあけて、ふわっとカットします。髪のクセでカット後に襟足が上に上がってしまったり、中央に髪が寄ってしまう人もいるので、襟足を短くし過ぎないのもポイントです」

襟足のカット

名前はシンプルでも、しっかりとした理論に基づいた、コンパクトシンプルショート。

石川さんの宣言通り「襟足は短くコンパクトに、トップと後頭部にボリュームを出した、若々しい髪型」で素敵に変身できそうです!

イメチェンのポイント2:サイドは「前上がり」にカット

トップや頭頂部のボリュームとともに、年齢にあったシルエットを選ぶのも、若々しい髪型への近道なのだそう。

バックからサイドにいくにつれて髪を長くカットした前下がりショートは、小顔効果があって、大人っぽい印象に仕上がるため、幅広い年齢の女性に人気の髪型です。

しかし、石川さんいわく、50代・60代女性は「前下がり」よりも、少し「前上がり」にするくらいがちょうどいいと言います。

イメチェンのポイント2:サイドは「前上がり」にカット

「特に面長の人の場合、顔まわりの髪に長さがあると、縦長のイメージが強調されてしまいます。だからといって極端に前上がりにする必要はないですが、顔まわりのサイドは短くした方が、トップがボリュームアップして見えるので、若々しい髪型に仕上がります」

イメチェンのポイント3:前髪は重さを出して若々しく!

全体のバランスを見るために、ドライヤーで髪を乾かしてから、前髪をカットしていきます。

「髪は年齢が上がると伸びにくくなります。髪の毛1本1本も細くなるため、前髪の先が薄いと老けて見えることも。毛先をしっかりカットして前髪に重さを出すと、若々しい髪型に仕上がります。前髪を切るときも、大きく切ると軽くなり過ぎるので、ハサミを縦に入れて細かく切るのがポイントです」

イメチェンのポイント3:前髪は重さを出して若々しく!

全体のバランスを見ながらサイドやトップの長さを調整したら、コンパクトシンプルショートの完成です!

コンパクトシンプルショートの完成

その仕上がりに、渡邉さんもニッコリ笑顔に。それを見て「髪型が決まると、気分も上がりますよね!」と石川さんも満面の笑みを浮かべます。

イメチェンのポイント4:ベースメイクでツヤをプラス

続いては、メイクです。

いつもはお店にあるプロ仕様のメイク道具でイメチェンしていきますが、今回は「自分でもできる若見えメイク」がテーマ。

そこで、今回メイク・鈴木さんには、通販サイトで市販されているメイク道具を使って、イメチェンに挑戦してもらうことにしました。

「肌が乾燥しているので、まずは美容液成分を含んだジェルミルクでしっかり保湿して、肌にツヤをプラスしましょう」と鈴木さん。

その上から、ファンデーション代わりにもなる肌色乳液を顔全体に塗って、たるみやシワをカバーしていきます。

肌色乳液を顔全体に塗る

乾燥しがちな年齢肌には、保湿成分が配合された乳液タイプがおすすめ。ファンデーションが苦手な人でも、気軽に使えます。

保湿成分が配合された乳液タイプ

「さらに口元や目元など、影が出やすい場所には、トーンの差を埋めるようにコントロールカラーを塗ります。コンシーラーやカバー力のあるクリームファンデーションを目のまわりにポンポンと置くだけで目元が明るくなり、顔全体の印象も明るくなります」

目のまわりにポンポンと置くだけ

最後に、パウダーファンデーションで整えます。ベースメイクで注意したいのが、厚塗りし過ぎないこと。

「頬の横やTゾーンなど、メイクが崩れやすいところは、塗り過ぎないように注意してください。特に目のまわりは乾燥しやすいので、パフに残った分を乗せるくらいでOKです」

イメチェンのポイント5:パレット&リップで血色アップ

ツヤと同じく、若見えメイクのポイントが、肌の血色をアップさせること!

チーク・アイシャドウ・アイブロウがセットになったメイクパレットがあると、色を混ぜてさまざまな使い方ができて便利なのだそう。

イメチェンのポイント5:パレット&リップで血色アップ

「大人女性におすすめのアイシャドウは、ブラウン・ゴールド・ベージュなど、肌なじみのいいカラーです。ただ、ブラウンだけだと肌がくすんで見えることも。そんなときは、チークのオレンジを入れて混ぜると、目元が明るく見えます」

チークのオレンジを入れて混ぜる

一方、チークは「やり過ぎかな?」と思うくらい、大胆に塗っていきます。

チークは大胆に塗る

「口紅のような形状のスティックチークは、自然な血色感をキープしやすいのでおすすめ。ピーチ系の年齢肌になじみやすいカラーを使いましょう。さらに、笑顔のときに盛り上がる部分にオレンジのパウダーチークを塗る“にっこりチーク”で、血色アップ! 若々しい印象にするには、チークを上手に使って、元気な顔を作るのが大切です」

“にっこりチーク”で血色アップ!

リップも、血色良く見える明るめの色を選ぶと、若々しい印象に仕上がります。

特にコロナ禍の今は、マスクにつきにくい血色リップがおすすめ。柔らかく唇にフィットするマットリップは、落ちにくく保湿力もあるので、マスクメイクに最適です。

「肌がくすみがちな50代・60代の女性には、上品で落ち着いた印象のピンク系や、血色よく見えるオレンジ系のリップがおすすめです。今回は華やかさをプラスしたいので、赤みが強いピンク系を使います」

マスクにつきにくい血色リップがおすすめ

イメチェンのポイント6:目力アップで若見えメイク

若見えメイク、最後のポイントがアイメイクです。

「目元は、若々しい印象を与える大事な要素です。眉毛が長いと、視覚効果で目元も下がった印象になりがち。まずは、伸びている眉をカットしてから、マスカラ・アイライン・アイブロウの3つのアイテムで目力をアップしていきましょう!」

アイカラー同様にアイラインやマスカラも、ナチュラルなブラウン系が基本です。

「アイラインは、線をまっすぐ引こうとするとハードルが高くなってしまうので、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを足すのがポイントです。眉毛も同じで、眉毛がないところを埋めるように描くと、上手に描けます。眉毛は、パウダーだけだと曖昧な印象になってしまうので、眉尻などは毛を足すように描きましょう」

イメチェンのポイント6:目力アップで若見えメイク

さぁ、これでメイクも完成です! 同じナチュラルメイクでも、写真で比較すると、ビフォーアフターで目元の印象に大きな差があるのがわかります。

イメチェンのポイント7:左右非対称ネイル&ハンドケア

今回もヘアメイクと同時並行で、ネイルケアを進行してもらいました。爪の形を整えて、甘皮のケアをしてから、マニキュアを塗っていきます。

普段あまりネイルを塗らないという渡邉さん。「やっぱり、甘皮は定期的にケアすべきですか?」と、ネイリスト・橋本まりえさんに質問します。

「伸びすぎた甘皮は爪を保湿する際に浸透を妨げるので、爪が乾燥する原因になります。爪が乾燥すると、二枚爪や爪の縦線、ささくれなどのトラブルにつながることも。定期的に甘皮を取ってあげると丈夫できれいな爪を育てることができるのと、ネイルを美しく見せる効果もアップします」と橋本さん。

こうして髪やメイク、ネイルなど、知らなかったことや年齢を重ねた女性ならではのお悩みを気軽に質問・相談できるのも、シニア専門の美容室ならではの良さですよね。

イメチェンのポイント7:左右非対称ネイル&ハンドケア

そして、スタッフのみなさんと楽しく談笑しているうちに、あっという間にネイルが完成(早い)!

「イメチェンのテーマが若々しいイメージということで、ポップな印象でかわいい、左右非対称のアシンメトリーネイルにしました。左手は秋色・ボルドー、右手はオレンジのネイルとラメ入りネイルの2色を組み合わせたデザインです。おうちでやるときは、右利きの人なら左手のネイルをデザインネイルにすると、やりやすいと思います」

アシンメトリーネイル

ネイルが乾いたら、仕上げに美白タイプの日焼け止め(ハンドプロテクター)を塗っていきます。「見えない手袋」がシミ・しわをしっかりカバーして、透明感のある肌になります。

美白タイプの日焼け止めを塗る

「若々しい肌に見せるには、ネイルの後のこのひと手間が意外と大事! 手元はよく目に入るので年齢を感じやすいパーツですが、顔と比べるとケアしていない人が多い印象です。水仕事の後はハンドクリームなどでしっかり保湿して、お出掛けのときは日焼け止めでしっかりカバーしてあげてくださいね」

しっかり保湿

これでヘアカット・メイク・ネイルと、すべてのメニューが終了しました。イメチェン完了です!

マイナス5歳!イメチェンビフォーアフターを写真で比較

ロングワンピース&ニットベストのコーディネートに着替えた渡邉さんを待っていたのは、「わぁ、素敵!」「かわいい!」という、スタッフの歓声でした。

老けて見えるのがお悩みだった渡邉さんが、ヘアカット&メイクで「見た目マイナス5歳」に挑戦した今回のイメチェン。果たして、どのくらい若返ることはできたのでしょうか? 

さっそく、写真でビフォーアフターを比較していきましょう!

フロント(正面から)

マイナス5歳!イメチェンビフォーアフターを写真で比較
【フロント】Before:裾広がりの髪型&薄めの前髪で老け見え→After:若見えヘア&メイクでマイナス5歳!

フロントは、襟足を絞ったコンパクトシンプルショートで、顔まわり・首まわりがスッキリ。トップと後頭部にボリュームを出した、若々しい髪型になりました。

イメチェン後は、チーク&リップの血色メイク、目力アップアイメイクで、お顔の印象もグンと明るく元気な印象に見えます。

サイド(横から)

【サイド】Before:顔まわりの髪で暗い印象→After:前上がりにカットして明るい印象に
【サイド】Before:顔まわりの髪で暗い印象→After:前上がりにカットして明るい印象に

サイドは、前上がりにカットすることで、顔まわりを覆っていた髪がなくなり、明るい印象になりました。後頭部は丸みが増し、髪もボリュームアップして見えます。

ビフォーアフターを比較すると、横顔でも“にっこりチーク”や華やかリップで、血色がアップしたのがよくわかりますね。

バック(後ろから)

【バック】Before:襟足が広がって、ペタンとした印象→After:襟足が締まり、後頭部がボリュームアップ
【バック】Before:襟足が広がって、ペタンとした印象→After:襟足が締まり、後頭部がボリュームアップ

バックも、実際には髪の量はカットして減ったのに、写真で見ると、イメチェン後の方がボリュームアップして見えるから不思議です。

イメチェン前は襟足がふわっとしていたのが、イメチェン後は首のラインにぴったり沿うように、襟足が締まっているのがわかります。

襟足から重さを積み上げて作るグラデーションカットのお陰で、フロント・サイド・バック、どこから見てもメリハリのある、若々しい髪型に仕上がりました!

モデル気分を満喫!マイナス10歳の若返りに成功…!?

最後はモデル気分で写真撮影を楽しみます。グンと若返り、明るい笑顔を見せる渡邉さんに、イメチェンの感想を聞いてみました。

モデル気分を満喫!マイナス10歳の若返りに成功…!?

今回のテーマが「若見えヘア&メイクでマイナス5歳」でしたが、実際にイメチェンしてみて、どのくらい若返ったと感じましたか?

「気持ち的には、マイナス10歳!と言いたいですけど(笑)、5~6歳は若返れたかなと思います。これまで美容師さんに『前下がりにしてください』『トップを短くしてください』とお願いしていたのですが、石川さんから前上がりにする&トップよりも襟足の長さが大切と聞いて驚きました。希望通り、明るく若々しい髪型になれて、とてもうれしいです」

若見えヘア&メイクでマイナス5歳

鈴木さんに教えてもらった若見えメイクは、マスターできそうですか?

「1回見ただけでプロのメイクを再現するのは難しいかもしれませんが、市販品でやってもらって十分キレイになったので、自分でも挑戦してみたいと思いました」

イメチェン後

「左と右と違う色のネイルをするというアイデアが、斬新で面白いなと感じました。爪が傷むのが心配でネイルをしていなかったのですが、甘皮処理は爪の健康に良いと教えてもらえたり。知識を身に付けるという意味でも、いろいろと新鮮な一日でした」

イメチェン後

イメチェン後の写真撮影はどうでしたか? 

「こうやって着飾って撮影してもらう機会は普段なかなかないので、初めは緊張したのですが、モデル気分を味わえて楽しかったです。それに、イメチェンすると気分まで若返った気がします。私がそうだったように『自分も変わりたい』と思った人は、ぜひイメチェンに挑戦してみてくださいね!」

50代60代女性をおしゃれに変える美容室はこちら!

えがお美容室

えがお美容室

年齢を重ねた素敵な女性のための美容室。白髪が気になる、髪にボリュームがでない、 髪が細くなってきた、ツヤがなくなってきたなど、シニア世代ならではのお悩みにお答えします。スタッフの検温やマスク着用、器具の消毒、換気などの新型コロナウイルス予防対策も徹底しています。
 
TEL:03-5980-7522 
東京都豊島区巣鴨3-20-14 山下ビル2階/不定休

美容師:石川貴文さん

20年以上のキャリアを通してお客様の理想に応え続け、えがお美容室でのサロンワークにてシニア世代の髪の悩みを解決している。講師としても活動し、そのノウハウに注目が集まっている。

メイク:鈴木みほさん

40代以上の女性を愛らしく輝かせるメイクを得意とするメイクアップアーティスト。広告をはじめ舞台、 CM、PV、コスメブランドなどでアーティストやモデルのヘアメイクを手掛け、活躍中。
 
取材・文=竹下沙弥香(ハルメクWEB) ヘアカット=石川貴文(えがお美容室) メイク=鈴木みほ(えがお美容室) ネイル=橋本まりえ(えがお爪工房) 衣装スタイリング=久瀧ゆき(えがお洋品店) 撮影=土谷陽介、吉原潤一(えがお写真館)

■もっと知りたい■


Youtube動画でもイメチェンの様子を紹介!

ハルメク公式Youtubeチャンネルでは、今回のビフォーアフターの様子を、動画でも紹介中! 記事とあわせて、ぜひチェックしてみてくださいね♪

>>ハルメク公式Youtubeチャンネルでイメチェン動画をチェック

>>えがお美容室の公式インスタグラムもチェック!

イメチェン参加者募集!WEB会員限定割引クーポンも

ハルメクWEBでは、イメチェン企画へ挑戦したい方を募集中。
えがお美容室のビューティー体験が割引になる、WEB会員限定のお得なクーポンも!

★「会員限定プラン」なら「ビューティー体験」が通常9800円のところ、20%OFFの7840円で利用できます!

★さらに、11月~1月限定の「プレミアムプラン」なら【セリジエ薬用 美肌ヴェール(定価2,970円)】がついて1万500円に!

>>参加応募&割引クーポンコードは、1回目のイメチェンビフォーアフター記事末尾をチェック♪

今回のイメチェンで使用した商品をチェック!

セリジエ 薬用美白UVハンドプロテクター

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ