「素朴な疑問」人気記事まとめ

目の疲れを取る!原因別ケアの方法4選

公開日:2020/05/18

5

スマホやパソコンを見る時間が増えている方が多いのではないでしょうか?ハルメクWEBの人気コーナー「素朴な疑問」から、目のケアに関する記事を集めました。目をたくさん使ったら、その分しっかりとケアしたいものですね。

素朴なギモンタイトル20200517

目の疲れには冷やすのと温めるの、どちらが有効?

スマホやパソコンの画面を長時間眺めたりすることで、目の奥が重くなったり、目がかすんだりする状態、いわゆる疲れ目です。これは一定の距離で細かい文字を見続けたことで目の筋肉が緊張してこり固まってしまい、血行が悪くなったことで起こる症状です。

こんなときにいいのは目を「冷やす」or「温める」、さてどっちでしょう?

正解は「温める」です。目を温めると固まった筋肉がほぐれ、血行を促進して疲れ目の症状が和らぎます。また、まぶたには「マイボーム腺」と呼ばれる分泌腺があり、油分を分泌して目の乾燥を防いでいます。ところが目を酷使するとマイボーム腺から油分が出にくくなり、目の表面の水分が失われる「ドライアイ」に。そこで目を温めると油分の分泌がスムーズになり、ドライアイにも効果があります。温め方にもコツがあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

暗い所でスマホを見ると目が悪くなるの?

枕元のスマホに手を伸ばして、寝る前にもついついスマホを見てしまうことがでありますよね。暗い所でスマホを見ると、やっぱり目が悪くなるのでしょうか?

調べたところ、暗さとスマホの組み合わせが即、視力の低下につながるわけではないようです。暗い所でスマホを見ると眼精疲労が引き起こされ、結果的に目が悪くなりやすいということのようです。

眼精疲労は「目の不具合・環境の不適・心身の悪化」の3つがきっかけで引き起こされます。どうして暗い所でスマホを見ると、眼精疲労が起こるのでしょうか。

まず「目の不具合」ですが、人間の目は本来「遠くが見やすく、近くを見ると疲れやすい構造」なのですって。でも、スマホはテレビと違い、無意識に顔の近くに近づけて見てしまいます。すると眼球はピントを合わせるために毛様体筋(もうようたいきん)という目の筋肉を縮めて、水晶体を厚くするのです。こうした働きによる負担が、眼精疲労を誘発するそうです。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

効果的な目薬の差し方は?

目薬を正しく差すにはいくつか気を付ける点があります。大切なのは、目薬を衛生的に保つこと。目薬を差すときには、まず手をきれいに洗うことが大切です。汚れた手で目薬を差そうとして目薬が出る尖端部分に触れてしまうと、目薬が汚染されてしまいます。

また、うまく差せないからといって、容器の先を目尻に付けてはいけません。目薬に雑菌が入って、薬全体が汚染されてしまいます。必ず眼球から数センチ離して、粘膜に触れないように差してください。目薬が苦手な人は、下まぶたを軽く引っ張ってポケットのようになった部分に差すと失敗しにくくなります。目薬が浸透するコツも覚えるとなおいいですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

目から日焼けするって本当?

暖かくなってきて、太陽の光を浴びる時間が増えてきました。シミやしわの予防にと、出掛けるときにはUVカットクリームを顔や手足の隅々まで塗って、帽子もかぶって日焼け対策をしている女性が多いのではないでしょうか? 

ところで、目からも日焼けすることをご存じですか? 目が紫外線でダメージを受けると、脳が「危険!」と全身にシグナルを出します。そのときに活発につくられるのが、皮膚のバリア機能である「メラニン色素」。メラニン色素は「天然のサンスクリーン」とも呼ばれ、紫外線を吸収して肌をダメージから守ってくれます。しかし、そのメラニン色素の働きによって肌が黒くなってしまうということが起こります。

また、目が強い紫外線を浴びて日焼けすると、炎症を起こして角膜を傷めたり、充血や異物感を引き起こしたり、白内障を悪化させるなど、さまざまなアイトラブルの原因になるので、目の紫外線対策は大切なのです。

詳しく知りたい方はこちら

 

 


 

面白くて役に立つ「素朴な疑問」まとめ

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ