「素朴な疑問」人気記事まとめ

コツをつかんで効率よく!洗濯のやり方4選

公開日:2020/05/25

2

梅雨が近づくと、部屋干しの臭いが気になるなど、お洗濯に関する悩みが出てきますよね。ハルメクWEBの人気コーナー「素朴な疑問」から、お洗濯に関する記事を集めました。衣類や寝具を効率よく洗濯して、気持ちよく過ごしたいものですね。

素朴なギモンタイトル20200525

部屋干しで洗濯物が臭わないようにするには?

部屋干しの洗濯物が臭う原因はずばり雑菌! 皮脂汚れや汗がしっかり落ちていなかったり、水分を含んだままの洗濯物を干さないで放置したりすると、雑菌が繁殖してしまうのだそうです。

部屋干しの嫌な臭いの対策に気軽に取り入れられそうなのが、重曹を使う方法です。洗濯槽に40℃くらいのお湯をため、水10Lに対して大さじ1杯の重曹を溶かします。後は、いつものように洗剤を入れて洗濯するだけ。重曹を入れると、消臭効果に加え汚れも落ちやすくなります。他に、除臭・除菌効果が高い酸素系漂白剤を使う方法もあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

洗濯物がシワになりにくい裏技は?

洗濯物がシワになる原因。それは衣類の素材、洗濯物の量、脱水時間、シワになっている時間の4つが挙げられます。

衣類の中でも綿(コットン)、麻、レーヨン、キュプラ(コットン)などはシワになりやすいといわれています。これらの素材を洗うときは注意が必要です。普通の洗濯モードで洗ってしまうと、しっかり脱水されるので、洗濯物の量が少ないとき、シワになりやすいものは、脱水時間を短めに設定しましょう。

洗濯が終わった後も洗濯機の中や、ランドリーかごの中に入れっぱなしで放置しておくと、どんどんシワが増えてしまいます。「洗い終わったらすぐ干す」ことも大切です。さらに、シワ予防の裏技もあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

シーツはどれくらいの頻度で洗濯すべき?

人間は一晩でコップ約1杯~1.5杯分の寝汗をかきます。シーツを洗わないでいると、汗や皮脂、髪の毛やフケなどがシーツに残るため、雑菌やダニが繁殖します。

また、シーツには布団から出るホコリや糸くずをキャッチするフィルターの役目もありますが、洗わないと徐々にフィルターとして機能しなくなります。すると、直接ハウスダストを吸い込んで、鼻水やくしゃみが止まらなくなることも。

シーツを洗う頻度は、汗をたくさんかく暑い時期なら1週間に1回、寒い時期は2週間に1回程度が目安だそう。シーツは大物ですから大変。でも、洗い方や干し方のコツを知ると、意外と気楽にできますよ。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

セーターは何回着たら洗濯すればいいの?

クリーニングの専門家や洗濯の達人、ニット作家など、セーターの洗濯に詳しいその道のプロの方々によると、おすすめ洗濯回数は、「1シーズンに1~2回洗濯する」、「3回着たら洗濯する」、「4~5回着たら洗濯する」と意見が分かれていました。基本的に、セーターは肌に直接触れるものではないので、皮脂汚れなど品質を損なう原因となる汚れが付きにくいという想定の上での、おすすめの洗濯の頻度なのでしょう。

首回りや袖口が汚れでゴワゴワしてきた、また、セーターの風合いが悪くなったり、型崩れしてきたりしたときが、洗濯の目安だそうです。セーター自体のふんわりとした品質を維持するためには、洗う回数はできるだけ少ない方がいいことは確かなようです。

では、セーターに汚れを付きにくくする方法をご紹介します。セーターを着るたびにブラッシングをして毛の流れを整えたり、ホコリを除去したり、その都度お手入れするだけでも、洗う回数を減らせます。脱いだら風に当てて湿気を飛ばす、スチームアイロンで除菌・消臭をするといった丁寧なケアをすれば、さらに長く品質を保てます。

詳しく知りたい方はこちら

 

 


 

面白くて役に立つ「素朴な疑問」まとめ

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ