横森美奈子さんの今ある服でおしゃれに見せるコツ・2

ぽっこりお腹・腰まわりをカバー!着痩せコーデのコツ

公開日:2021/10/06

6

ファッションデザイナーの横森美奈子さんに、今ある服でおしゃれに見せるコツを教わる3回連載。今回は、手持ちのスカートやパンツで、ぽっこりお腹や腰まわりをスッキリ見せる、着痩せコーデのコツを紹介します。

ぽっこりお腹・腰まわりをカバー!着痩せコーデのコツ

おしゃれのコツ1:スカートはバランスで脚長効果アップ

おしゃれのコツ1:スカートはバランスで脚長効果アップ

いつもの着こなしは、上下の分量が1対1になっていて、もっさりとしたシルエットに(写真左)。下半身が大きく、脚も短く見えます。

横森美奈子さんがアドバイス!体型カバーのコツ

ニットの裾を折りこんで、ニットとスカートを1対2のバランスにすれば、脚長効果がアップ(写真中央)。足元も明るい色のスニーカーにして軽やかに。さらに、首元に細長いスカーフを巻いて縦長ラインをつくるとすらりと見えます(写真右)。

おしゃれのコツ2:パンツはくるぶし丈で軽やかに

パンツの裾は、くるぶし丈にして軽やかに

写真左は、よくあるパンツの着こなし方。丈が長く、足の甲が見えない靴で、重たい印象です。

横森美奈子さんがアドバイス!体型カバーのコツ

パンツの裾をくるぶし丈にして、足の甲が見える靴で、軽やかに(写真右)。脚長効果もあります。

おしゃれのコツ3:パンツは腰ではくと腰まわりがキレイに

おしゃれのコツ3:パンツはウエストより下、腰で履く

ウエストまで思い切り上げてはくと、見苦しいシワが寄り、気になる部分が目立ちます。

横森美奈子さんがアドバイス!体型カバーのコツ

パンツはウエストより少し下げて、腰ではく

同じサイズのパンツでも股上を確認し、少し下げると、余計なシワが寄らないので、上品できれいな印象になります。

もし、手持ちの服をうまく着こなせない人は、パンツサイズの選び方をチェック。普段、パンツがSサイズならM、MサイズならLにと1サイズ上げてはくと、適度なゆとりで脚とお尻のラインがきれいに。着痩せ効果がアップします。

おしゃれのコツ4:長めのインナーでぽっこりお腹をカバー

おしゃれのコツ4:長めのインナーでぽっこりお腹をカバー

 ジャケットを着るとき、インナーの裾をウエストに入れていませんか? インナーが短いと、お腹が目立って、全体的にもっさりした印象になってしまいます(写真左)。

横森美奈子さんがアドバイス!体型カバーのコツ

お腹をカバーできる長めのインナーで縦長ラインを作ると、着痩せ効果がアップ。ぽっこりお腹や腰まわりをスッキリカバーできます(写真右)。

教えてくれた人:横森美奈子さん

横森美奈子さん

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。ファッションデザイナー。「MELROSE」「HALF MOON」などのチーフデザイナーを経て、2013年からショップチャンネルで、「MINAKO★YOKOMORI」をスタート。ファッションアドバイザーとしても講演やメディアで活躍中。著書多数。

取材・文=野田有香、三橋桃子(ともに編集部)撮影=日高奈々子 モデル=早瀬茉莉 ヘアメイク=小島けさき

※この記事は雑誌「ハルメク」2020年10月号に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■


2021年「ハルメク」11月号はファッション特集!

2021年ハルメク11月号はファッション特集!

着こなしがわかりやすい!手持ちの服がひと工夫で見違える「おしゃれの新ルール」を大特集。立ち読み・購入は、雑誌「ハルメク」のサイトをチェック♪

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ