石田純子さんが解説!大人女性の春ファッション・1

50代・60代おしゃれ上級者に学ぶ!着こなしのコツ

公開日:2021/03/17

50

服装に迷ったとき、お手本にしたいのは同世代おしゃれさんの着こなしです。今回は50代・60代のおしゃれ上級者4人のコーディネートを紹介。メイクや髪型、服装のポイントを同世代スタイリスト・石田純子さんが解説します(※年齢は2020年時点)。

おしゃれ上級者に学ぶ着こなしのコツ
おしゃれ上級者に学ぶ着こなしのコツ

おしゃれには思い切りが大切!髪型・メイクも工夫を

スタイリスト、石田純子さん

「おしゃれな人は“潔さ”があります」というのは、ハルメク世代のスタイリスト、石田純子さん。

「体型に自信がなくても足首は出してみる。地味色ばかりではなく鮮やかな色を着る。そうした思い切りのよさが自分らしいおしゃれにつながります。さらに、服だけではなく髪とメイクの“組み合わせ”も大切」と話します。

今回は、50代・60代のおしゃれ上級者の“何だか素敵”な理由を石田さんが解説。真似したいポイントがいっぱいです!

青木沙織里さん(50歳):色合わせを楽しんで着る

青木沙織里さん(50歳)のコーディネート

モデル・青木沙織里さんは「人生一度きりだからやりたいことはすべて挑戦したい」とキックボクシング、バッグ作りなどにも取り組んでいるそう。「ハルメク通販」の取材では、台湾に洋服作りに行ったことも。

「色合わせ、グラデーションが大好き」で、出掛ける前日に床にコーディネートを広げ、俯瞰して見るそう。

「ファッションは自由なので、バランスがよければ夫のメンズのパンツも借ります。ブランドにこだわりなく、着心地のいいものを選んでいます」(青木さん)

髪型・メイク:グレイヘア&ナチュラルメイクで自然体に

髪型・メイク:グレイヘア&ナチュラルメイクで自然体に

約1年半前からグレイヘアにしたら、「好きなアースカラーの服にもなじみやすい」そう。仕事では黒髪のウィッグも楽しんでいます。ナチュラルメイクが基本。

服装のポイント:コートとストールで素材の重なりを楽しむ

服装のポイント:コートとストールで素材の重なりを楽しむ

グレーの麻のコートに、台湾で買ったストールを合わせて。白のブラウスで明るさもプラス。

着こなしのコツを石田さんが解説!

「コートやパンツなど自然素材をゆったり着て、素材の重なりの妙を楽しんでいるのがおしゃれ。細身のパンツだと地味になるので、ボリューム感が大切です」(石田さん)

別のコーデもチェック!茶と黒の上下に白を効かせて

50代女性のファッションコーディネート(青木沙織さん)

茶のオーバーブラウスの袖口と黒のパンツの間に、白シャツをチラ見せ。「靴も白で、軽やかさを加えるのがポイント」と石田さん。手に持ったバッグは、なんと青木さんの手作り!

吉岡美恵子さん(65歳):好きな色を自分らしく

吉岡美恵子さん(65歳)のコーディネート

不動産関係の仕事を60歳で退職したのを機に、おしゃれも変化。色や柄で冒険をするようになったという、吉岡美恵子さん。

「好きな白をベースに青のニットで春を意識しました」

ビーズを使ったアクセサリー教室に通い始めてからは、明るい色の服を着て“場を盛り上げる”おしゃれをするように。

「おしゃれやメイクは相手へ敬意を表す“おもてなし”の一部。といってもたくさん服を持っているわけではないので、組み合わせや小物で工夫しています」(吉岡さん)

髪型・メイク:コンパクトな髪型で顔まわりを小さく

髪型・メイク:コンパクトな髪型で顔まわりを小さく

ロングヘアは一つにまとめることで、頭がキュッと小さく見えます。

服装のポイント:同系色の柄ストールで品よく華やかに

大胆な柄ストールもトップスと同系色を選べば、着こなしになじみやすくなります。シンプルな服の中に個性的な小物使いで遊びを取り入れています。

着こなしのコツを石田さんが解説!

パンツのワイド感がとてもおしゃれ! これがもし細身のパンツだったら貧相に見える可能性も。また、無地×無地の服に合わせた柄スカーフがアクセントとして効いています。パンツと靴を白でまとめることで脚がすっきり長く見えます。下半身を白で統一したことで、青いニットとのコントラストが際立っています。

別のコーデもチェック!白スカートで女性らしい着こなしに

60代女性のファッションコーディネート(吉岡美恵子さん)

レースのインナーとスカートを白で合わせて柔らかい雰囲気に。素敵なビーズのブローチはご自身で作ったもの。

戸松葉美さん(65歳):大胆なデザインも楽しむ!

戸松葉美さん(65歳)のコーディネート

目の前の子育てと親の介護に精いっぱい、おしゃれとは無縁の人生を送ってきた戸松葉美(ようみ)さんの人生が変わったのは、47歳のときでした。

「地下鉄の窓に映った、疲れ果てた自分の顔を見て大ショック! このままじゃダメだと、メイク講座に通おうと思ったんです」

ところが、会場に出向くと目当ての講座が満席で入れず、隣の字手紙教室に入ることになりました。壁に飾ってあった「甘えていいよ、もっと」という言葉に心を強く揺さぶられ一大決心。「人の心に触れていく字を書けたら」と学び始め、50歳で字手紙の講師になりました。

人前に出る機会が多くなったことでおしゃれを楽しむようになり、遊びのあるデザインを着こなす今のスタイルを確立しました。

髪型・メイク:自然なツヤ感を生かして若々しく

髪型・メイク:自然なツヤ感を生かして若々しく

明るい色のボブヘアとオレンジのチークで柔らかい雰囲気に。ゴールドのピアスもワンポイントです。

着こなしのコツを石田さんが解説!

ワンピースをパンツで引き締める、トップスとボリュームのあるスカートの配分など、コーディネイトのバランスを取るのが上手! 引き締め役の黒のネックレスも効いています。

別のコーデもチェック!ドラマティックなスカートを普段着に! 

60代女性のコーディネート(戸松葉見さん)

黒のスカートと大胆なデザインのニットを潔く着こなす戸松さん。

「ニットと同系色の柄スカーフでアレンジしても素敵ですね」(石田さん)

柄スカーフでアレンジもおすすめ

鴇田幸子さん(68歳):何でも拒まず着てみたいです

鴇田幸子さん(68歳)のコーディネート

百貨店やブティックの婦人服売り場で働き、母の介護などのブランクを経て、接客の仕事を続ける鴇田(ときた)幸子さん。

「仕事柄、いろいろな方のファッションをアシストできるよう、好き嫌いはない」と言い、外出時は黄色のカラータイツなど明るい色も抵抗なく履いているそう。

年金生活のため新しい服はあまり買わず、古いものを大事に着たり、フラットシューズに素足を好んだりと、おしゃれを自由に楽しんでいます。

服装のポイント:フラットシューズで軽やかさを出して

服装のポイント:フラットシューズで軽やかさを出して

レトロなワンピースに、レギンスとフラットシューズを合わせて。古いものと新しいものを上手にミックス!

着こなしのコツを石田さんが解説!

「鴇田さんは好きな年代ものの服と旬の靴などを合わせて素敵に着ているのが特徴。エレガントなワンピースにヒールではなく、あえてマニッシュな靴を合わせることで、よりおしゃれに見えます」(石田さん)

以上、50代・60代のおしゃれ上級者4人のコーディネートでした。次回は70代のおしゃれ上級者の着こなしをご紹介します!

監修者プロフィール:石田純子さん(スタイリスト)

監修者プロフィール:石田純子さん

いしだ・じゅんこ 女性誌のファッションページや女優のスタイリングなどで活躍。百貨店で行うパーソナルスタイリングアドバイスの他、運営しているセレクトショップ「DUE deux」でのセミナーも大好評。

取材・文=児玉志穂、野田有香(ともに、ハルメク編集部) 撮影=中村彰男 ヘアメイク=小島けさき、木村三喜

※この記事は2020年4月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■

▼石田純子さん監修記事

▼注目の50代・60代ファッション記事

雑誌「ハルメク」2021年4月号はおしゃれ特集!

明るい色、軽やかな小物、そして新しい髪型――。今ある服にほんのひと工夫するだけで、見た目だけでなく気持ちまで、新鮮に!元気になる!おしゃれのアイデアをお届けします。

雑誌ハルメク2021年4月号

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ