今ある服でおしゃれに!

見違えるほど垢抜ける!大人女性の定番服の着こなし方

公開日:2020/03/10

75

手持ちの服を上手に着回しておしゃれを楽しみたいけれど、なんだか地味で垢抜けない……。そんなお悩みを解決すべく、50代ファッションに詳しいスタイリスト・石田純子さんに、今ある服でおしゃれになれる、定番服の着こなし方を教えてもらいました。

大人女性の定番服の着こなし方

「ちょっとしたコツ」で垢抜ける!50代女性の定番服

クローゼットにあるチュニックやスカート、白シャツにカーディガン……。そんな50代女性の定番服を使って、見違えるようにおしゃれになれたら、うれしいですよね。

石田さんは「今ある服を、“ただ着る”ことと、“着こなす”ことは違います。あの人素敵ね、と印象を残すおしゃれをするには、ちょっとしたコツを知って、ひと工夫することが大事です」と話します。

石田さんの言う「ちょっとしたコツ」とは、ボタンの留め方を変える、袖をさりげなく折る、小物を味方につけるなど、すぐできる簡単なことばかりです。

「ベーシックな服を買ったまま無難に着ると、地味で老けた印象になってしまいます。定番服のおしゃれな着こなし方を知って、自分らしく味付けするのが、50代ファッションの醍醐味」と石田さん。

そんな、いつもの服が見違えるほど垢抜ける、定番服の着こなし方をアイテム別に紹介していきます!

定番服1:チュニックのおしゃれな着こなし方

チュニックのおしゃれな着こなし方

同じ紺色のチュニックを着ているのに、左のNG例と右のOK例、まったく違う印象に見えませんか? 体形カバーに便利なチュニックは50代ファッションに欠かせないアイテムですが、太めの長いパンツと合わせると、重たい印象になりがちです。

1.袖まくりで腕を見せてすっきりと

袖まくり

袖を少したくし上げて腕を見せることで、全体のバランスがすっきり見えます。落ちやすい場合は袖口をゴムで留め、ゴムを隠すようにたくし上げてもOK。

2.Vラインのアクセサリーで引き締め

Vラインのアクセサリーで引き締め

のっぺりとした印象になりがちなチュニックは、Vラインのアクセサリーをつけると、斜めのラインができて、引き締まった印象に。

3.甲を見せるパンツ丈とパンプスで、足がきれいに

甲を見せるパンツ丈とパンプスで、足がきれいに

甲の見えるパンプスとくるぶし丈のパンツを合わせると、足がきれいに見えます。軽やかさもアップして、春らしい着こなしに。

ロングアイテムはバランスが大切!

チュニック同様に、体形カバーに重宝するアイテムが、ロングカーディガンやロングスカートです。注意すべきは全体のバランス。身長を高く見せるIラインを意識して、なるべく視線を上に向けさせるのが、おしゃれに着こなすコツです。

定番服2:ロングカーディガンのおしゃれな着こなし方

ロングカーディガンのおしゃれな着こなし方

シャツとパンツだと堅く真面目なだけの印象になりがち。いつもの服にはおるだけでは、ロングカーディガンの良さは生かせません。

1.ストールをプラスして華やかに

ストールをプラスして華やかに

ストールをプラスすることで、春らしく華やかに。Iラインも強調できます。

2.パンツと靴ですっきり軽く!

パンツと靴ですっきり軽く!

くるぶしが見えるすっきりシルエットのパンツに、白い靴で春らしく、明るく。

3.ゆったりシルエットでお腹をカバー

ゆったりシルエットでお腹をカバー

お腹回りを隠せる丈&適度なフィット感のトップスで、スタイルアップ。

定番服3:ロングスカートのおしゃれな着こなし方

ロングスカートのおしゃれな着こなし方

ロングスカートと中途半端な丈のカーディガンを合わせると、ダルッとした印象でメリハリがなく、老けて見えてしまいます。

1.ウエスト丈のトップスで脚を長く

ウエスト丈のトップスで脚を長く

ウエスト丈のトップスで腰回りを引き締め、ふんわりスカートでゆるやかな“Xライン”をつくれば、すっきりした印象に。

2.インナーは三角見せでバランスよく

インナーは三角見せでバランスよく

カーディガンのボタンを留めてインナーを見せ、バランスよく。お腹部分も三角形のチラ見せで、脚長効果アップ!

3.白のレースアップ靴で若々しく

白のレースアップ靴で若々しく

甘い印象の花柄のロングスカートには、明るい色のスポーティーなレースアップ靴を合わせ、甘辛ミックスで、若々しく。

オフィスカジュアルは「きちんと着すぎ」に注意!

白シャツやカーディガンなどの正統派アイテムは、1枚着るだけできちんとした印象を与えられる一方で、普通に着るだけだと地味で垢抜けない印象に……。おしゃれに見せる着こなしのコツは「抜け感を出す」ことです。

定番服4:白シャツのおしゃれな着こなし方

白シャツのおしゃれな着こなし方

ボタンを上まで全部留め、袖を水仕事のときのように折ると、きちんとし過ぎて、垢抜けません。

ボタンは胸元まではずし、袖まくりはカフスを見せて

袖まくりはカフスを見せて

最初に肘くらいまで大きく袖を折り返し、カフスだけを残して折り返すと、グッとおしゃれのレベルがアップ! 


定番服5:カーディガンのおしゃれな着こなし方

カーディガンのおしゃれな着こなし方

カーディガンのボタンを上まで留めると、きちんとし過ぎて無難な印象に……。

ボタンをはずして、アクセサリーで抜け感を出す

ボタンをはずして、アクセサリーで抜け感を出す

襟元とお腹のボタンをはずすと、ゆるやかなXラインができ、すっきり縦長の印象に。さらに、首元のVゾーンにアクセサリーを入れて、抜け感を出しましょう。

春はカラーアイテムで華やか&軽やかに!

春ファッションの定番服、スプリングコートやカラーパンツは、華やかさを演出できるアイテム。明るい色を生かしたコーディネートを覚えれば、一気におしゃれ上級者になれますよ!

定番服6:スプリングコートのおしゃれな着こなし方

スプリングコートのおしゃれな着こなし方

コートに隠れる丈のスカートをはき、すべてのボタンを留めると、上品を通り越して野暮ったく見えがち。足元の茶色の靴も重たい印象です。

1.コートのボタンは開けて、ストールで華やかさと防寒を両立

コートのボタンは開けて、ストールで華やかさと防寒を両立

コートと同じ色味のストールを合わせれば、華やかで統一感ある印象に。

2.袖を一折りで、ぐっとおしゃれに

​​​​​​​2.袖を一折りで、ぐっとおしゃれに

袖を一折りすると、裏地の色が見えて、軽やかに。

3.あえてカジュアルなアイテムで、こなれ感アップ

​​​​​​​3.あえてカジュアルなアイテムで、こなれ感アップ

光沢のあるコートには、あえてカジュアルなTシャツやデニムを合わせるのがGOOD。

定番服7:プルオーバーのおしゃれな着こなし方

​​​​​​​定番服7:プルオーバーのおしゃれな着こなし方

グレーのプルオーバーについ合わせがちな黒のパンツですが、無難過ぎて寂しく、まるで部屋着のように見えてしまいます。

1.カラーパンツと靴で軽やかに
カラーパンツや靴を合わせると一気に明るく、おしゃれな印象に。シルバーの靴は、どんなボトムにも合う万能カラーなので、一足あると便利です。

2.パンツと同系色のアクセサリーで華やかさを加えて
首元を飾るアクセサリーは、パンツと同系色でまとめて、コーディネート統一感を出しましょう。

50代ファッションでは、定番服を“ただ着る”のではなく、“着こなす”ことが大切です。見違えるほど垢抜ける定番服の着こなし方を押さえて「大人のおしゃれ」を楽しみましょう♪
 

■教えてくれた人

石田純子さん
いしだ・じゅんこ。50代ファッションに詳しい人気スタイリスト。女性誌のファッションページや女優、アナウンサーのスタイリングなどで幅広く活躍。百貨店で行うパーソナルなスタイリングアドバイスも大好評。セレクトショップ「DUE deux」も運営。

取材・文=野田有香、長倉志乃(ともにハルメク編集部)撮影=清水朝子 スタイリング=石田純子 ヘアメイク=伊藤千栄子 モデル=池上恵子、太田まゆみ

※この記事は2018年4月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■

▼石田純子さん監修記事

▼注目の50代ファッション記事


※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ