GW、箱根の「金時山」登山をしました

金太郎で有名な「金時山」

公開日:2022/05/16

10

快晴のGWに箱根の金時山に登り、自然の息吹を満喫しました。

金太郎で有名な「金時山」

箱根・金時山

連休の箱根はさすが人気観光地、人でいっぱいです。

4時に起きていざ出発、早い電車で熱海、小田原と乗り継いで箱根湯本駅に到着しました。2人の友と合流し、バスの時間を確かめてほっとして喫茶店でコーヒーを楽しんだのが悪かった。8時50分発のバスに長蛇の列、「うかつだった、バス停で待つべきだった」とぼやきつつも10分後の増発バスに乗れました。

目指すは金時山登山口の「乙女峠」、身支度を整えてさあ出発。

金時山は箱根外輪山の一つで、古から坂田の金時、金太郎のいわれなどが残る山域です。標高は1212m、家族でのハイキングが可能な人気の山ですが、私は今回が初めての金時山です。

箱根・金時山

何度か水分補給の小休憩を入れ、心地よい風に吹かれ、みごとな富士の山容に後押しされてがんばります。登山道には、スミレが咲き、つつじがかわいいピンク色で迎えてくれています。新緑のトンネルを抜け、「まだかなぁ、もう少しだね」と言いながら山頂に到着しました。

金時小屋名物・きのこ汁

山頂は人でいっぱい、まずは記念撮影。彼方に大きく裾を引く富士山がすばらしい~。撮影用の鉞(まさかり)を手に写真を写すにも順番待ちです。

小屋の中は、登頂回数の札でいっぱいです。

金時小屋名物・きのこ汁

そしてぜひここで味わっておきたいのが金時山きのこ汁ですが、お金を支払い注文するまでにも30分ほどの列。さすが人気の名物です。

金時小屋名物・きのこ汁

きのこ汁は、どんぶりに大きいなめたけと油揚げ、ネギがたっぷり入り、汗をかいて登ったあとには最高においしい味噌汁です。箱根の大涌谷、芦ノ湖を望む雄大な景色の中で食べるきのこ汁とお弁当は最高でした。

金時小屋名物・きのこ汁

登山の後は温泉でしょ

1時間ほどで山を下り、バスで強羅に移動。登山電車のスイッチバックを楽しみつつ箱根湯本駅に戻ってきました。そこからはタクシーで温泉を目指します。

人気の日帰り温泉らしく、駐車場に入るにも長い車の列ができていました。が、温泉施設はそれほど混雑していることもなく、ゆったり露天風呂を楽しむことができました。友人とおしゃべりしながら湯船につかり、最高の一日を感謝しました。

箱根は温泉施設が多く、日帰りでも十分楽しめます。すばらしい登山日和に感謝の日です。

自分の足をほめてあげよう

こうして行きたい山を歩くこと、がんばれる足腰を声に出してほめてあげよう、と常々思っているのです。日々、自転車で移動し、仕事でも歩くことが多いので時折湯舟の中で自分の足を「いい子だね、よく毎日がんばるよね、ありがとう」と声に出してパンパンと叩いてあげます。

おだてに弱い私の足は、まだもう少しがんばってくれそうです。

自分の足をほめてあげよう

 

■もっと知りたい■

富士山の見える町で暮らす元気な67歳。半日仕事をし、午後はジムで軽く運動。好きなことは絵画を見ることと針仕事。旅先の町で買い求めた布でポーチやバッグを作っています。雨の土曜日は映画を観て、晴れた土曜日には尾根道を3時間ほど歩く。楽しいことが大好きです

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ