テレビで楽しむ世界旅行

BS朝日・ヒロシの「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」

公開日:2021/10/01

28

10月から緊急事態宣言が解除されても、まだまだ続くコロナ禍。BS朝日で放映しているヒロシの「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」で旅行気分を楽しんでいます。

BS朝日・ヒロシの「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」

旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」

コロナ禍で海外にも県またぎの旅もできずにいます。仕方がなく、BS朝日で旅の雰囲気を楽しんでいます。「ヒロシです」で有名な、あのヒロシが旅をする番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」です。

海外の街歩きでの番組冒頭は、必ず列車の車内から始まります。つぶやくように車窓の話から、車内の人々の話になり、見知らぬ駅に降り立つのです。

そしてなんといっても私がお気に入りなのは、ヒロシが有名観光地に行こうとはしないところ。おもむろに駅前から住宅街の方に足を向け、路地を見つけると必ず入り込んでいきます。ヒロシは洗濯物が干してある軒下であろうと、バケツや段ボールが積んである家の窓の下であろうとお構いなしでゆっくりとした独特の歩調で歩いて行くのです。

そして土地の人に片言の英語で声をかけて、通じるも通じないも構わずに解釈しつつ立ち去って行きます。ヒロシは媚びることなく、おもねることなく独自スタイルを貫いて路地歩きをしていくのです。

旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」
写真は以前旅をした、クロアチア・ドブロブニクの風景
ジブリ映画『魔女の宅急便』のモデルになった町と言われています

そして歩き疲れる頃に、ローカルな食堂を探し出して入ります。いかにもローカルな店過ぎて、いわゆる物見遊山の観光をする人なら二の足を踏むような店にも入ります。ひたすら素直に現地の人が食べるようなものを注文するのです。

そして、エンディングではおかしな俳句もどきが画面を流れ、ヒロシが後ろ姿で街並みの中をゆっくり歩きながら去って行くのです。

たったそれだけの番組です。下調べをした街の情報も無く、観光ガイドもありません。

庶民密着型の旅

有名で美しい女優さんがブランド物の服を着て、10cmのヒールの靴で、高級ホテルに泊まり、五つ星レストランで最高級のフルコース料理を食べ、重厚なドアを開いて高級ショップに入りお買い物をする旅番組があります。素敵だなあと見ています。

でも、ひがみ根性丸出しですが、私はもっと庶民的なヒロシのような旅が好きです。訪ねた町の空気を吸って、どんな人が住んでいるのかな、どんな宗教なのかな。住宅街に入っては、この窓の中の人は何人家族かな、などと想像しながら歩く旅が好きです。

少し歴史に触れながら、それでも観光地や見所は押さえつつですが、自由時間があれば路地歩きを楽しみます。

旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」
一歩路地に入ると、そこには日常が
旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」
おいしそうな地元の食材
旅番組「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」
自由に生きる猫たち

ヒロシの番組は、私にとって等身大の旅のスタイルなのです。

毎週、この番組を心待ちにしています。みなさんもぜひ、ご覧になってみてください。素敵な旅が始まりますよ。

 

写真は以前旅をした時のモロッコの路地裏、屋台などを添付しています。

 

■もっと知りたい■

富士山の見える町で暮らす元気な67歳。半日仕事をし、午後はジムで軽く運動。好きなことは絵画を見ることと針仕事。旅先の町で買い求めた布でポーチやバッグを作っています。雨の土曜日は映画を観て、晴れた土曜日には尾根道を3時間ほど歩く。楽しいことが大好きです

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ